倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



倭国シャードEMイベント・レファレンス②/参加レポート
9月11日に行われたEMイベント、レファレンス②に参加しました!

イベントの告知内容はこちら

22時になるとブリタニア図書館司書のルネさんが現れました。

wkkgov150912_01.jpg

前回、塩害事件を解決したことが評判になり、ルネさんの元に色々調査依頼が舞い込んでいるそうです。

そして図書館の本で調べきれない依頼を解決するため、我々冒険者に協力して欲しいとのことでした。

今回の依頼は生物学者による「ドラゴンの卵」についての調査でした。

今のところイルシェナーの「ドラゴンエッグ」でしかドラゴンの卵は見つかっていないので、
ブリタニアでも調査して欲しいという話でした。

ドラゴンの卵のことは図書館の文献には載っていなかったそうで、

Rene the Librarian: 今回は情報がないから、情報を集めに行かないといけないのよ!
Rene the Librarian: でも、解決しなきゃ駄目なのよ!
Rene the Librarian: 何で?というとこれは図書館にない情報だからよ!
Rene the Librarian: 先月の塩エレや海水エレだって、図書館では把握出来なかった情報だったし。
Rene the Librarian: 未知の情報は記録していかないといけないの!


どうやらルネさんは知識欲のレベルが強迫観念の域まで達してるのかもですね(^▽^;

ブリタニアでドラゴンが沢山いる場所、ということでダスタードに調査に行くことになりました。

wkkgov150912_02.jpg

ところでルネさんのサンダルは・・・武器が収納されている模様(笑)




wkkgov150912_03.jpg

ルネさんのゲートでダスタードの入り口に着くと、そこには真っ白い体の巨大な七面鳥がいました!

Mother of a turkey: 助けてクダサイ!子どもタチ…卵タチを……
Mother of a turkey: 助けてクダサイ!
Mother of a turkey: コケケケケケ!
Mother of a turkey: コケケケケケ!

七面鳥もコケッと鳴くかどうかはおいといて、動揺してバタバタする母七面鳥。

Rene the Librarian: ……ふと、思いついたんだけど
Rene the Librarian: 急に焼き鳥食べたくなったわ。
Mother of a turkey: コケッ!?
Rene the Librarian: 喋る鶏の焼き鳥ってどんな味なのかしら?

ルネさん、恐ろしい子・・・!

Mother of a turkey: ワタシ、食べたらダメだよ!
Mother of a turkey: アアー!
Mother of a turkey: 冒険者のミナさんに助けてもらおうと思ったら、焼き鳥にされそう……
Mother of a turkey: ほんとワタシついてナイ!!

と、七面鳥は慌てふためきますが、実はルネさんのショック療法でした。

落ち着いた七面鳥から話を聞いたところ、ダスタードのドラゴンが七面鳥の卵を盗んでいったそうです。

卵を取り返して欲しいという七面鳥に、ルネさんはある条件を出します。

wkkgov150912_04.jpg

Rene the Librarian: 私はドラゴンの卵についての情報が欲しいの。
Rene the Librarian: 持っていないかしら?
Mother of a turkey: ……ドラゴンの卵デスカ?
Mother of a turkey: ……!!
Mother of a turkey: アアー!心当たりはありマス。
Mother of a turkey: ……ソウダ。
Mother of a turkey: ワタシの卵タチを助けてくれれば、そのジョウホウをお話スルいうノはどうデショウ?
Mother of a turkey: ドウですカ?
Rene the Librarian: 確かね?
Rene the Librarian: 嘘言ってたら、焼き鳥にするわよ?*にっこり*
Mother of a turkey: !!
Mother of a turkey: コケッ!!
Mother of a turkey: 嘘は言ってないデス!!
Mother of a turkey: ハヤク!卵タチを助けてクダサイ!
Mother of a turkey: コケケケケッ!!


というわけで、みんなで手分けして七面鳥の卵を探すことになりました。

何か怪しいものを見つけたらチャットに報告するということで、冒険者一行はダスタードに突入します。

すると・・・

wkkgov150912_05.jpg

入り口からずっと東に向かった所に怪しい場所を発見!

wkkgov150912_06.jpg

ここから中には入れるようです。

wkkgov150912_07.jpg

中に入るとそこには黄色ネームの古代竜がいて、「Young Drake (Guardian)」「Dragon boy (Guardian)」
「Young dragon (Guardian)」「Dragon girl (Guardian)」などの若いドラゴンたちが襲い掛かってきました。

wkkgov150912_08.jpg

黄色ネーム古代竜が睨みつけ硬直や範囲炎ダメージ攻撃をしてくる中、冒険者たちは次々とドラゴンを倒していきます。

wkkgov150912_09.jpg

最後に赤ネームに変化した古代竜を退治した我々は、近くの石筍に七面鳥の卵があるのを発見しました。

ルネさんが卵を回収して、七面鳥のところに戻ります。

Mother of a turkey: *感動中*
Mother of a turkey: ありがとうゴザイマス!これでワタシは巣に帰れマス!
Mother of a turkey: じゃ、ワタシはこれデ……

と、そそくさと帰ろうとする七面鳥を慌てて引き止めると、七面鳥はおずおずと言います。

Mother of a turkey: ……ドラゴンの卵についてデスネ。
Mother of a turkey: この時期は、孵化してしまってどこも大方はないのデス
Mother of a turkey: コケ!

wkkgov150912_10.jpg

Rene the Librarian: *バットを持つ*

wkkgov150912_11.jpg

そう言って伝家の宝刀、いえ氷棒を構えるルネさん。

Rene the Librarian: 料理したことないけど、今夜は焼き鳥にしようかしら……

さらっと料理できない女子発言が出ましたがそれはさておき、生命の危機を感じた七面鳥。

Mother of a turkey: アワワワワワワ!!
Mother of a turkey: 待ってクダサイ!
Mother of a turkey: 待ってクダサイ!
Mother of a turkey: 心当たりは本当にありマス。一昨日、ワタシの友達の鳥がこう言っていました。
Mother of a turkey: "この時期のアイスダンジョンは凄く危険ダ"
Mother of a turkey: ワタシはなんで危険ナノ?って聞き返しマシタ。
Mother of a turkey: "White Wyrmが繁殖期ラシイ"
Mother of a turkey: そう答えマシタ。
Mother of a turkey: ネ?ネ?チャントあったでしょ?

その情報にルネさんはひとまず納得した様子です。

Mother of a turkey: 冒険者のみなさんなら、繁殖期でもWhite Wrymは何とか出来そうデス!
Mother of a turkey: ワタシは巣に戻って卵タチをゆっくりさせナイト!
Mother of a turkey: 今度コソワタシはこのへんで……
Mother of a turkey: *バササササササッ*
Mother of a turkey: *バササササササッ*

wkkgov150912_12.jpg

これ以上ルネさんにかかわると危険と判断したのか、そう言うや否やすごい勢いで走り去っていきました(^▽^;

我々は七面鳥の情報を頼りに、アイスダンジョンへと向かいました。

そして防寒具を着込んだルネさんと共にホワイトウィルム(以下WW)の巣に向かいました。

wkkgov150912_13.jpg

するとそこにはWWの姿はなく、代わりに壁に奇妙な割れ目がありました。

ルネさんが割れ目を調べていると、ルネさんの上司のエイドリアンさんがやってきました。

wkkgov150912_14.jpg

Adrian the Librarian: なんだここは……!ってルネ君じゃないか!
Adrian the Librarian: 図書館の目前でゲート出ているから、なにごとかと思ったよ……
Adrian the Librarian: いや、それはいいとして……、ルネ君。
Adrian the Librarian: 今度こそ、僕の言うこと聞いてくれないか!?
Rene the Librarian: また、来たの?
Adrian the Librarian: レファレンスのためとはいえ、ダンジョンに行くのは危険なんだぞ!

wkkgov150912_15.jpg

ちなみにエイドリアンさんのサンダルは、頑丈さに定評のある「Unostem」の新製品のようです(笑)
(※ルネさんの部屋の扉や、前回ルネさんが履いていたという防水サンダルもUnostem製品でした)

Rene the Librarian: 終わったら、戻るから、アンタは先にそこのゲートで戻ったら?
Adrian the Librarian: いやわかってないよね!?
Adrian the Librarian: とにかく、冒険者のみなさんにご迷惑をおかけしてるんだから、安全に……!
Adrian the Librarian: それに!今の僕はAR70だ!!
Adrian the Librarian: UnostemのAR70サンダル履いているんだ!だから、その棍棒と弓は効かないぞ……!

(※前回ルネさんに弓で撃たれたそうです)

そう言って早く帰るよう諭すエイドリアンさん。

するとルネさんは・・・

wkkgov150912_16.jpg

ファイヤーボールをくらったエイドリアンさんは、

Adrian the Librarian: がふっ!?

という声を残して跡形もなく消し飛びました・・・!

冒険者M: うわ
冒険者L: ぅぁ・・・
冒険者P: あ
冒険者O: ファイアボールってレベルじゃないぞ・・!
冒険者O: 燃えた
冒険者Y: 一撃で・・・
冒険者L: 消えた…
冒険者C: 燃え尽きた
冒険者A: まさに
冒険者V: 消し炭になった
冒険者A: 蒸発した・・・
冒険者A: 燃えた?
冒険者O: 灰すらも残らない・・・
冒険者A: 塵一つ残さずに
冒険者M: 南無
冒険者P: 塵になった・・
冒険者O: さすがにこれは
冒険者A: 焼き尽くしたよ。。

あまりのことに冒険者の皆さんもドン引き(笑)

と思いきや、エイドリアンさんは無事でした!

wkkgov150912_17.jpg

近くの椅子に座らされ、放置されることになりました(^▽^;

wkkgov150912_18.jpg

よく見ると頭髪が焼けて短くなっていますよ!?

そのことにいち早く気づいた某首長。さすが髪のことには敏感です。

それはさておき、我々は割れ目の中に入ることにしました。

入る前に、中にはWWがいるだろうから気をつけるように言われます。

恐る恐る入ると・・・

wkkgov150912_19.jpg

WWめっちゃいるーーーー!

10匹以上の赤ネームWWが一斉に襲い掛かってきました!

しかし強さは普通のWWと変わらないようで、数の暴力であっという間に退治されました。

wkkgov150912_20.jpg

中に1頭だけ黄色ネームのWWがいて、とても怯えていました。

突然押し寄せてきた冒険者に仲間を全滅させられたのですから・・・と思いきや、
どうやら我々に対して怯えているいるわけじゃないようです。

WWの背後に「Different Drache Gate」というゲートが現れました。

見るからに怪しげで、悪い予感がします。

ゲートに気づいたルネさんは・・・

wkkgov150912_21.jpg

Rene the Librarian: *ゲートに近寄る*
Rene the Librarian: ドスッ!コスッ!

なんだか物理的に見える方法でゲートを調べます(笑)

すると・・・

You see: Drache

一瞬だけ、紫色のステイジアンアビス・ドラゴンの姿が見えました!

これにはさすがのルネさんも驚いたようです。

WWはどうやら今のドラゴンに怯えていたようです。

このまま放置するのは危険と判断したのか、ルネさんは先ほどのドラゴンをおびき寄せて退治しようと言います。

戦闘準備を整えて迎撃体制の冒険者たち。

先ほどと同じようにルネさんがゲートを叩くと・・・

wkkgov150912_22.jpg

巨大ドラゴンが3体出現しました! って1体じゃないの!?

可燃性粘液を周囲にばら撒いたり、硬直視線で睨んだり、不協和音で攻撃速度を下げてきたりと、
特殊攻撃を繰り出すドラゴンたちに苦戦するも、なんとか3体とも退治することができました。

残るは黄色ネームのWWだけとなりました。

すると・・・

a white wyrm [female]: くっ、この私の防御を破るとは!

そう叫んで、バッタリ死んでしまいました。えええええ、ビックリ!(@▽@;

同じくあっけにとられていたルネさんでしたが、何かに気づいた様子です。

wkkgov150912_23.jpg

Rene the Librarian: ちょっとまって!みんなどいて!
Rene the Librarian: *White Wrymの下に潜る*

そう言ってWWを調べ始めました。やがて、

Rene the Librarian: ぶはっ
Rene the Librarian: これが卵…?
Rene the Librarian: *容器に入れる*

どうやらWWの卵を見つけたようです。

ドラゴンの卵を見つける、という目的を達成したルネさんの先導で、図書館に戻りました。

図書館に戻ると、副館長のジョージさんが出迎えてくれます。

wkkgov150912_24.jpg

・・・どうやら今起きてきたところのようですね(^▽^;

今見てきたことを説明するルネさん。

George the deputy Librarian: ふむ……。
George the deputy Librarian: これは、かの方にお伺いを立てなければならんのう…
George the deputy Librarian: 私が安全な場所に保管しておくから、後でルネ君、来なさい。

「かの方」が気になりましたが、これで解散の流れになりました。

wkkgov150912_25.jpg

最後にルネさんが見つけたドラゴンの卵を見せてくれました。

これが今回のリワードアイテムのようですね。

wkkgov150912_26.jpg 

この話はこれで終わりじゃなくて、今後まだ続く感じですね!

そして、EMホールでEMうのさんとEMミネットさんの挨拶や質疑応答があり、解散となりました。

その後、リワードホールでうのさんが今回のアイテムを設置するところを見学。

wkkgov150912_27.jpg

高さの関係で陳列棚には設置できないようで・・・

wkkgov150912_28.jpg

外に設置されました(^▽^;


というわけで、今回の依頼も無事解決することができました!

しばらくは前回や今回のように、図書館のリファレンスコーナーの調査依頼の形でイベントをするのかもですね。

ちなみに今回のリワードアイテムをダブルクリックすると意味ありげなメッセージが出るそうですが、
ロックダウンしても特に何かが起こるわけではありません。

その理由は・・・機会があったらうのさんに聞いてみてください( ̄▽ ̄;)


2015.09.12

文責:Takky@たきやん

スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス