倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



第5回倭国短文館コンテスト・表彰式レポート
投稿作品の募集の告知をした2月12日から始まった第5回倭国短文館コンテストは、
3月25日の表彰式を持って閉館いたしました。

1か月半にわたる長期イベントでしたが、皆さんお楽しみいただけましたでしょうか?

イベントの詳細な内容はこちらから

期間中、私の不用意な発言がもとで多くの方にご迷惑をかけてしまいましたことを、あらためてお詫びします。

この事についての顛末はこちらの記事に書きましたので、よろしくお願いします。

第5回倭国短文館コンテスト・結果速報

さて、それでは3月25日に行われた結果発表と表彰式のレポートを始めます!

wkkgov170401_04.jpg

表彰式の会場は短文館会場の2階に設けました。

参加者の皆さんは前の席、読者の皆さんは後ろの席に座っています。

前回同様、私が喋っている時でも遠慮なく感想やツッコミなどして下さい、とお願いしたので、
今回も賑やかな表彰式になりました(^▽^)

さて、今回のイベントスケジュールは前回とほぼ同じ、執筆期間20日間、投票期間16日間でした。

今回は初の試みとして、作中に特定のキーワードを入れる、ということをしてみました。

ハードルが上がりすぎないよう、使い易そうな「桜の花」にしてみました。

もし「桜の木」にしたら、下に埋まってるものネタがいっぱいきそうだったので・・・(笑)

早い方は1週間もしないうちに投稿してくれましたね~。

私は今回難産だったので20日間でもギリギリでしたが、みなさんはいかがだったでしょうか?

さて、そんな感じで募集したところ、今回は12作品の応募がありました!

今回も初参加の方や初めて小説を書かれたという方がいて、「創作の楽しさを知ってもらう」という
短文館の目的は果たせたと思っています!

また投票期間は16日間で、今回は中盤まで緩やかな投票数でしたが、
最終週にびっくりするぐらい投票数が伸びて、過去最高の投票数になりました!

ちなみに前回の総投票数は136票でしたが、今回はなんと・・・256票!

wkkgov170401_05.jpg

投票締め切り1週間前の18日の時点で総投票数が80票だったと言えば、
いかに最終週の投票数が凄かったかお分かりいただけると思います!

これだけ多くの方に短文館に来ていただけたのは、皆さんが色んなところで宣伝してくださったおかげだと思います。

ありがとうございました!

またその中でも特に「春の魔術」の作者でもあるMikeさんは、色んなシャードの色んな酒場で宣伝をしてくださいました。

本当に感謝しています、ありがとうございました!(^▽^)ノ


また、今回も副賞のご寄付をお願いしたところ、たくさんの方がご協力してくださいました。

wkkgov170401_06.jpg

ここにお名前と寄贈品を掲載させていただきます。

●Mikeさん
1600万gp

●PicoPicoさん
プラムの木、桃の木、倒木
<梅酒、桃酒、しめじ酒セット>しめじ×400、桃×400、プラム×400、酵母×3、発酵樽×3

●sivaさん
100万gp、転送バッグ(チャージ30)×2、清められた包帯×10000
自然染料各種(レアマゼンタ、レアピンク、レアファイア、レアアクア、黒、白)

●Guraさん
200万gp、プラムの木×3

●トクメイキボウさん
Tiger Cub Statuette×3、ポインセチア×3、ヘリテージトークン×5、新報酬布4種×300ずつ
ホリデーギフトボックス×11(※副賞/参加賞を入れる箱に使わせていただきました)

●Exceedさん
レリック×1000、Sルニック裁縫道具、Ashルニック弓矢工具、船の設計図の切れはし、溶岩用つり針
投げ網×2、超越のスクロール×4、速習のスクロール、宝の地図L1、鉢植え、ガーゴイルのツルハシ×2
ルーンドリフトウッドボウ、Protectionサッシュ、Protectionブレスレット、IDワンド×3

●Chobiさん
Moonglow生まれのイースターバニー、strawberry cream cheese cake、ポピーホワイト色の自然染料×2
未解読の古文書×12

●主催者
50万gp、桜の木、真実の本、枕(誠実)、魔法士の腕輪(Cursed)、マナ同調のオーブ
BMV Ararat(Figurehead、Ship's Bell、Stern Anchor)アンティークウェディングドレス、可憐なバラ×3
ムーングロウ産コットン1年分、サンキューコットンセット×人数分


皆さん、どうもありがとうございました!

おかげさまで今回もとても豪華な賞品をお渡しすることができました!m(_ _)m

それではいよいよ上位3作品の発表です。

wkkgov170401_07.jpg

今回も皆さんの感想文を引用しつつ、発表いたしました。

ここからはジャーナルログ形式で書きますので、会場のライブ感をお楽しみください!

Takky: それでは第3位の作品を発表しますっ
Takky: 得票数は35票
Exceed: すげえ
maya: おー
Takky: 『甘酸っぱくて微笑ましいお話でした』
Takky: 『文章全体に満ち溢れた若さ!初恋!!思春期!!』
mike: これはHぃ
Takky: 『児童文学のワクワク感とライトノベルのラブコメが合わさったようで面白かったです』
Takky: というわけで
Takky: 第5回短文館コンテスト、第3位は
Takky: わたくしTakky著
Takky: 「僕の御守りが桜の花びらになったわけ」でした!

wkkgov170401_08.jpg

mike: ぱちぱちぱち
Rocchi: *ぱちぱちぱち*
JOHN: ぱちぱちぱち
Takky: ありがとうございます!
Gura: ぱちぱちぱち
Exceed: パチパチ
maya: *ぱちぱちぱち*
Chobi: キャー!ニコルさんのエッチー!
Takky: *PEKORI*
yappy: ぼくおまー
MurasakiUni: ぱちぱち
Pal: パチパチ
ZARIGANI: ぱちぱちぱち
mike: 胸ちら!
Takky: あはは

そして恒例の「創作時の苦労話、裏話」タイムです。

Takky: 最初の構想ではクライマックスの展開や
Takky: 桜リーパーの扱いが違っていました
Takky: キャラ設定はわりとそのままですが
Takky: 最後は桜リーパーを退治する流れでした
Takky: 映画グーニーズの海賊の宝島みたいな舞台で
Takky: 宝物を積んだ海賊船をリーパーが守っていて
Takky: 低レベル魔法で知恵を絞ってやっつける
Takky: みたいな展開を考えていました
mike: なつかしー
maya: 面白そうだ
Takky: ですが舞台設定が複雑になりすぎて
Takky: 状況説明文だけで200ページ超えそう!
Exceed: タイヘンダ
maya: うはっ
mike: 長文館!
Takky: なので、一旦原点に戻って
Takky: ニコルの悩みと成長に焦点を絞って
Takky: 冒険のワクワク感をプラスしたお話に
Takky: 一からまとめ直しました
Chobi: なるほどー
Exceed: 大変だったのですな
maya: ふむふむ
Takky: ラッキースケベに戸惑うニコルを描くのが楽しかったです
maya: w
Takky: 実はまだまだ裏話はありますが
Takky: 長くなるので今日はこのぐらいにします!


副賞ですが、私の分は皆さんに分配して、3位のトロフィーだけいただきました(^▽^)


Takky: それでは続いて
Takky: 第2位の作品を発表いたしますっ
Takky: 得票数は38票
JOHN: 僅差だ
Exceed: せっせんだs
Takky: 『あっという間に読み終えるのが惜しいくらい中身の詰まったお話でした』
Takky: 『なんて優しく可愛いリーパーなんだろう…』
Takky: 『UOの中ではトラウマだらけのリーパーが初めて好きになりました!!』
Takky: というわけで
Takky: 第5回短文館コンテスト、第2位は
Takky: Rocchiさん著
Takky: 「桜咲くとき」でした!

wkkgov170401_09.jpg

mike: ぱちぱちぱち
Orca: *拍手*
yappy: *ぱちぱち*
Orca: *拍手*
Exceed: パチパチパチ
Chobi: ぱちぱちぱち
Gura: ぱちぱちぱち
Takky: おめでとうございます!
maya: *ぱちぱちぱち*
Takky: ぱちぱちぱち
JOHN: ぱちぱちぱち
Rocchi: ありがとうございます
yappy: 今回随一の萌えキャラだった
Tyron: ぱちぱちぱち
Chobi: リーパーの株が爆上げ
ZARIGANI: ぱちぱちぱち


作者のRocchiさんから創作裏話を伺いました。

wkkgov170401_10.jpg

Rocchi: 実は2月ごろだし
Rocchi: バレンタインだろうと
Rocchi: 思ってネタを練っていましたら
Rocchi: 外れまして
maya: ああ
Takky: ふふ
Rocchi: 今度どこかで書こうと思いますw
JOHN: おおw
yappy: w
Takky: 楽しみです!
Chobi: ワー
mike: おおお
Rocchi: で、桜の花ということでしたので
Rocchi: 花言葉から調べたのですが
Rocchi: *精神の美*
Rocchi: 微妙に使いづらかったのでとりあえずお蔵入り
Orca: ワビ…
maya: なる
Rocchi: で、徳之島を走りまして
Rocchi: 桜がどこに咲いているか調べてみました
Takky: おーロケテスト
Rocchi: ゲート周辺
Rocchi: 禅都
Rocchi: あとは社などの建物周辺にだけ咲いていましたので
Takky: そうでしたか
Rocchi: 桜に魔よけ効果あったかなと調べまして
Rocchi: ありましたので魔よけを中心にしました
Exceed: 調べまくってすごいなあ
maya: すごい推察力だ
Takky: なるほどー

Rocchi: そして
Rocchi: 花さか爺さんから枯れ木に花~
Rocchi: と思いつきまして
yappy: おー
Rocchi: リーパーいたかどうか確認しにいきましたところ
yappy: 花さかリーさん…
JOHN: w
Takky: w
Rocchi: 勇島の一部にだけ固まってましたので
maya: あ、いたんだ!
Orca: おお
Rocchi: ええシテデル北西
Rocchi: あたりのやまの辺りですね
Orca: ルンビ岬のつけね付近でしたっけ
Rocchi: ルンビまでは行かなかったと思いました
Rocchi: 月狼のいるあたりですね
JOHN: ロケハンぱねぇ・・・!!
maya: へーへー
Rocchi: で、昔のリーパーは
Rocchi: テレポーで移動していたという話を思い出しまして
Takky: ありましたねー
maya: なんと。。
Orca: 自宅の屋上にテレぽされたこともあります

Rocchi: というわけで
Rocchi: その辺りを組み合わせていって
Rocchi: 出来上がりました
Rocchi: いたずらものとか百鬼夜行とかは
Rocchi: 日本の妖怪のイメージですね
JOHN: すごい肉体派作家だ
Takky: 良いお話にまとまってて
Takky: 感動しました
Rocchi: ありがとうございます
Chobi: ブリタニアのリーパーにはよく殺されたので
Chobi: やさしいリーパーでよかった!

Rocchi: 赤子が育って
Rocchi: 枯れかけた桜の花が
Rocchi: 最後に咲くとか
Rocchi: 桜の枝が魔よけになるっていうのがあれで広まったとかも
Rocchi: 考えましたが
Rocchi: くどくなりそうでしたので
Rocchi: あれで〆ました
Rocchi: 以上になります
Rocchi: 皆様
Rocchi: たくさんの投票を
Rocchi: ありがとうございました!


Rocchiさんには賞金500万gpと準優勝トロフィー、そして応援&感想本と以下の副賞をお渡ししました。

wkkgov170401_02.jpg

プラムの木、桃の木、倒木、転送バッグ、清められた包帯×10000、ポピーホワイト色の自然染料
新報酬布4種×300ずつ、ヘリテージトークン×2、Sルニック裁縫道具、Ashルニック弓矢工具
ルーンドリフトウッドボウ、Moonglow生まれのイースターバニー、アンティークウェディングドレス、溶岩用つり針

wkkgov170401_11.jpg 

wkkgov170401_12.jpg

Takky: それではいよいよ
Takky: 最優秀賞の作品を発表いたしますっ
Exceed: パチパチ
Rocchi: *ぱちぱちぱち*
JOHN: ぱちぱちぱち
Takky: 得票数は43票!
Exceed: すごいわい
Orca: *ゴクリ*
Takky: 『冒頭からいきなり涙腺崩壊させられました><』
Takky: 『心に迫る心理描写と心洗われる風景描写のマッチングが素晴らしかったです』
Takky: 『美しい情景をバックにした一編の詩のようですばらしい内容でした』
Takky: というわけで
Takky: 第5回短文館コンテスト、最優秀賞は
Takky: STAYさん著
Takky: 「Letters」でした!

wkkgov170401_13.jpg

Rocchi: *ぱちぱちぱち!!*
mike: ぱちぱちぱち
Takky: おめでとうございます!
maya: *ぱちぱちぱち*
yappy: *ぱちぱち*
JOHN: ぱちぱちぱち
ZARIGANI: ぱちぱちぱち
Exceed: パチパチパチパチ
Chobi: ぱちぱちぱち
Takky: ぱちぱちぱち
Pal: おめでとうー
MurasakiUni: ぱちぱちぱち
Orca: *拍手*
Tyron: ぬおおおおお
Gura: ぱちぱちぱち
yappy: おめでとうー
Tyron: ぱちぱち
Exceed: パチパチパチ



このあとSTAYさんから受賞についてコメントをいただきました。

その内容はSTAYさんのプライベートに関する要素が強いため、そのまま掲載するかどうかとても悩みました。

しかしながらすでに表彰式に参加された方が内容をネットに公開しており、
私が非公開にすることであらぬ疑いと憶測が生まれてしまうのは本意ではないため、全文を公開することにいたしました。

あしからずご了承ください。

STAY: 「Letters」の作者、STAYです。
STAY: 私はリアルで少し前に大切な人を亡くしました。
Exceed: おめでとうでござる
Exceed: それはめでたくない
Takky: そうでしたか・・・
Chobi: Oh...
Rocchi: お悔やみ申し上げます・・・
Pico Sniper: 重い
STAY: 物語の中のソフィアと同じように私は日常生活に支障をきたし、混乱し、嘆き悲しみました
STAY: その時の感情をなぞりながら、真摯な気持ちで書き上げたのがあの作品になります。
STAY: 「Letters」は自分と向き合い、なんとか再生しようとしたある意味、私の一部でもあります
maya: なるほどー
STAY: そのためこの作品は優勝や上位入賞をめざしたものではなく、
STAY: 多くの方に共感分かち合えたらと思い参加させていただきました。
Takky: 十分伝わったと思います!

STAY: この作品はリアルが織り交ぜられていることもあり、
STAY: 私は短文館にコンテストに提出にあたりUOで普段使っている名前を伏せ、
STAY: 私が何者であるか知っているのはUO内でも心から信頼する2人のみでした。
STAY: その内一人は投票さえしていません。
maya: ほう
STAY: 40票以上は純粋に私の作品を読み共感して、投票していただいたものです。
STAY: 誰になんと言われようが、疑われようが、
STAY: それが事実であることを私自身がよく知っています。
STAY: 投票数を見て、共感してくださる方がこんなに大勢いることに感動して、うれしくて涙しま
STAY: 涙しました
STAY: その感謝の気持ちをただ伝えたくて、私は今、ここに立っています。
maya: うんうん

wkkgov170401_14.jpg

STAY: 私の物語に共感し、投票してくださった方々と、感想文を書いてくださったみなさん
STAY: みなさんの投票と感想文に私はどんなに勇気づけられ、救われたかわかりません。
STAY: 感想文を読んで号泣したものもあります。みなさんのお気持ちは忘れません。
STAY: 心の隅にこんな作品があったことだけ覚えていてくだされば幸せです。
STAY: 本当にありがとうございました。
Exceed: パチパチパチ
mike: ぱちぱちぱち
JOHN: ぱちぱちぱち
Rocchi: *ぱちぱちぱち!!*
Takky: ぱちぱちぱち
maya: 良かったね!
yappy: *ぱちぱち*
JOHN: ぱちぱちぱち
JOHN: ぱちぱちぱち
Tyron: 涙

STAY: 最後に運営関係者のみなさん
STAY: 私は優勝の称号は受けますが、賞金と賞品は辞退いたします。
STAY: みなさんが書いてくださった感想文はSSに収めましたので本も必要ありません。
STAY: なぜ辞退するのかの理由について言いたいことはたくさんありますが、
STAY: 大会を混乱に招くことになりますので控えさせていただきます。
STAY: 本に内容をまとめてポストにいれましたので、関係者の方々は
STAY: ご一読いただけたらと思います。
STAY: 読んでいただいて今後のコンテストの運営について
STAY: 多くの人が疑問を持っていること、
STAY: 投票の仕方やルールの見直しなど
Takky: ・・・
STAY: 大勢の人からの意見を聴き、次回の短文館コンテストが
STAY: 改善してよりよいものになっていくことを願ってやみません。
maya: ほうほう?
STAY: 大勢の人がかかわるイベントです。
STAY: 何人かの知恵を集め、片寄りのない、広い視野で
STAY: 多くの人が楽しむことのできるような運営をお願いしたいと思います。
STAY: 作品を書く機会を与えてくださり、ありがとうございました。
Exceed: 肝に銘じます
STAY: 倭国のみなさんのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
STAY: それでは失礼いたします。


wkkgov170401_15.jpg

そう仰ってSTAYさんは走り去っていかれました。

STAYさんにはその場で説明することができなかったので、件の謝罪記事を書かせていただきました。

STAYさんの普段使っているお名前が分からないため、連絡がとれません。

あの記事がSTAYさんの目に止まり、今は誤解が解けていることを祈ります。

また、ポストに投函していただいた本も読ませていただきました。

内容を真摯に受け止め、今後のイベント運営に反映させていただきたいと思います。

wkkgov170401_01.jpg

そして優勝賞金と副賞は次回の短文館に使わせていただきます。


続いて、参加賞のお渡しと、創作裏話インタビューを行いました。

参加賞は感想本、50万gp、未解読の古文書、39個のサンキューコットンセット、
その他色々なアイテムという内容となっています。

wkkgov170401_03.jpg

「桜の花びらたち」のPalさんは時間の都合で途中で帰宅、
「デニスの日常」のHAMACHIさんと「ユーツリーの下」のMiso ASKさんは開催日を勘違い(!)して
表彰式は欠席でしたが、後日無事にお渡しすることができました。


■「お前に 会いにゆく」のExceedさん

wkkgov170401_17.jpg 

Exceed: まず、難解な作品を出してしまったことをお詫びせねばなりません。
JOHN: w
maya: うひひ
mike: 仕様です♪
Exceed: 最初の、紹介文を読んで、すべてを悟りました。
Takky: えへ
maya: w
Exceed: 桜の花、ときいたときに、思いついたのが
Exceed: 日本兵だったので
Exceed: まずそこから苦労しました
Rocchi: あー
maya: なる
Exceed: 軍の知識もさっぱりのなか手探りで書き始めました
JOHN: !!
maya: うへえ
Takky: そうでしたか
JOHN: ミリタリーマニアかと・・・w
Exceed: そのため、考証が浅かったこともバレマシタ
Tyron: どの部分やろ

Exceed: 結末は散る、ということはゆらがなかったのですが
Exceed: そこに至る過程についてはあれこれ悩みました
Exceed: ファンタジー色を強く出してもよかったのですが
Exceed: 無念さを表現するにはどうしたらよいだろう
mike: ホラーぽかった。
Exceed: なので、楽しい部分については、ほぼ省き、読者の想像に任せることにしました
Takky: なるほどー

Exceed: ちなみに、初期設定では
Exceed: 最後に地図を拾った軍人が、ギャリオット少尉とかなんとかで
Exceed: その息子が地図をもとにゲームを作る
Exceed: ということを描写するかどうか悩みました
Rocchi: あー
yappy: おー
maya: ええw
JOHN: なるほどw
mike: 繋がる!
Exceed: また、ひとり軍人を生還させることも考えました
Exceed: 傷痍軍人として帰国し
Exceed: 後に傷痍軍人どうしで知り合った武良という青年に
Exceed: 知能をもったネズミについて語る
Exceed: それをもとに漫画がうまれる、という
Exceed: そんな裏設定もありました
Rocchi: シェリー!
Takky: なるほどー
Exceed: ということで、風呂敷は広すぎたかなと
Orca: ガルパン好きが高じすぎたのでは。。
Exceed: ガルパンに影響はけたかもしれない

Takky: タイトルの意味が最後に出てくる描写ですが
Takky: 読解力が低くて分からなかったので
Takky: 教えていただけると嬉しいです!
Orca: タイトルだけみたらややホラーでしたね・・
mike: 貞子ぽい何かかと;
Exceed: そこはもう少しわかりやすく描写すべきだったんです
Exceed: 非国民というレッテルをあえて貼られ
Exceed: 彼らが行く場所は
Exceed: 架空の地図の中の世界
Exceed: 死後、彼らは地図の中の男とともに
Exceed: あの世界を旅するだろう、
Exceed: という意味での、今からあの世行く的な
Exceed: そういうメッセージだったのですが
Exceed: そこはもっと詳細に描写したかったですね
mike: 行くも地獄いかぬも地獄。
Chobi: ほおお
maya: なるー
Takky: 解説ありがとうございます
Exceed: 無理に描写をはしょらずに、ページをガンガン使うべきでした
Exceed: ありがとうございました。



■「Guild in the case of LEGION」のmayaさん

wkkgov170401_19.jpg  

maya: 私のメインシャードはホクトで、
maya: ギルマスはそこにいるミケちゃんなのですが
mike: (どこだ?
maya: そのミケちゃんから
maya: 書けといわれて
JOHN: w
Tyron: マイクさんw
mike: (え?
Exceed: す、すまねえ、読み間違えただあ
yappy: w
maya: LEGIONというギルドの歴史を
maya: ずーっと聞かされて
Tyron: 実在したんか!
mike: 今も。。
Orca: LOGINにみえた・・
JOHN: www
maya: もういなくなった人のお話も
maya: ずーーーーっと
maya: 聞かされて
maya: そして本に書いたのがアレです。
Takky: なるほどー
maya: ほぼギルドの歴史です
mike: (そうなんだ。。
maya: 全員実在
Takky: 膝に乗ってた猫はもしや
Takky: じー
Exceed: 昔はたくさんユーザーがおったのう
mike: (マイクですね
maya: じー・・・
mike: (僕ミケなので

maya: まぁ私も知らない話がいっぱい聞けて
maya: インタビュー?みたいなかんじで
maya: 書いてて楽しかったです
Takky: おー
Chobi: ギルメン紹介面白かったです
Takky: ふふ
maya: あは
maya: ああいう人たちがいたんだなーって
maya: 読んでもらえたら嬉しいです
maya: これくらいかな^^


■「春の魔術」のMikeさん

wkkgov170401_20.jpg 

mike: ドジョウは二匹居ないと
mike: 解ってたので
yappy: w
maya: うひひ
mike: 短文館の40P目標に
mike: ありきたりな小話風に
mike: まとめちやいました
mike: 今回の短文館
mike: 皆様のお話3回ずつ
mike: 読ませていただきましたが
JOHN: !!
Takky: すごいー
yappy: おー
Exceed: すごすぎだ
maya: なんで3かい・・
Rocchi: おお・・・
Chobi: すごい
mike: やはり常連様も新人様も
mike: 本気で練って書いてるなと
mike: 僕みたいに思い付きで
mike: 書いちゃだめだなと^^;
mike: 次回があれば
Tyron: あるよ、きっと!
mike: 僕も現地を見学したり
mike: しっかり練り込んだものを
mike: 出せたらいいなと思います
maya: 言ったな!
mike: 以上です



■「恋慕II」のMireiyaさん

wkkgov170401_21.jpg 

Mireiya: 前回お題に悩みまして
Mireiya: 秋の和歌をネットで検索して
Mireiya: 書いたんですね。
Exceed: さるまるだゆう
maya: ほー
Tyron: 神のまにまに
Mireiya: 今回も季節に合う和歌を
Mireiya: 検索しまして
Exceed: すがわらのみちざね
Tyron: ぶはっ
Takky: ほー
Mireiya: そしたら
Mireiya: 前回のキャラがそれでいこうぜって
Mireiya: いうもんですから
Takky: あはは
Chobi: ヒュウ!
maya: いいねー
Mireiya: 続編の形となりました。
Exceed: キャラがひとりあるきいいなあ
JOHN: そうだったんだ
JOHN: てっきり既定路線で書いたのかと

Mireiya: ま
Mireiya: そんなところです。
mike: ⅡだけどⅠ読んでなくとも楽しめる!
Mireiya: ありがとうございます。
Takky: ありがとうございました!
Mireiya: Ⅲは?
Mireiya: ってきかれるのが
Mireiya: ちょっと怖い。
Takky: ふふ
Chobi: イクマ氏が気になる・・・
Tyron: Ⅲは出産回
JOHN: w
Pico Sniper: ZERO
Exceed: 第6回短文館があればふたたび
Takky: 過去回よろしくお願いします



■「お山の桜」のTiny Featherさん

wkkgov170401_22.jpg 

Chobi: 今回はちょっと純愛なお話だったので
Chobi: いつもふざけてブツヨクにまみれた私が書くのは
Chobi: キャラに合わないので
yappy: w
Takky: あはは
JOHN: w
Chobi: うちの面子いち真面目なTiny Featherさんに
Chobi: 書いてもらいました
Takky: そういう経緯でしたか
Chobi: はい

Chobi: 桜の花がテーマということで
Chobi: 桜のイメージはやっぱり日本的なものが強かったため
Chobi: 日本昔話的なものを書いてみようかなーと
Chobi: 思った次第です
Takky: なるほどー
Chobi: 若者が桜を植え始めてから
Chobi: 命つきるまでの間に
Chobi: 女神さまに会えたかどうかは
Chobi: 読者の方々の想像にお任せしようと思って
Chobi: あえて描写はしませんでしたー
JOHN: なる・・・
mike: 振り返っちゃダメー
maya: 上手いなぁ
Chobi: ご自由にご想像いただければ幸いです
JOHN: (妄想中)
Exceed: いろいろ考えさせられる

Takky: 若者が埋められたのが
Takky: ケヤキの木でしたっけ
Chobi: はい
Tyron: 桜が高じてピンクになってる
Takky: そこに何か
Takky: いわれがあるのかなって
Chobi: ケヤキの木に特に意味はありませんでしたが
Takky: あらw
Chobi: 私がケヤキ好きだということと
Tyron: 欅坂か!
Rocchi: なるほど
Exceed: S玉の県の木
Chobi: ケヤキは成長すると
Chobi: ドーム型みたいに枝を伸ばして
Chobi: そのまんまるい感じが
Chobi: 若者の優しさと包容力を現してるように思えて
Chobi: 採用しました
yappy: おぉー
Gura: おー
maya: おぉ…
Takky: なるほどー
JOHN: なるほど
Rocchi: なるほど・・・
Takky: まさに裏話!
Pico Sniper: 毛焼き・・・
Takky: !
Exceed: みな植物に造詣が深いのう
Chobi: 裏話でした!

Takky: では副賞を
Takky: お渡ししますね
Chobi: ワーイ
maya: サンキューセット
yappy: なるほど、副賞を受け取るのは
yappy: ブツヨークさんなのね…
Takky: あはは
Chobi: wwww
maya: そゆことか!
Gura: 落ちまで…
JOHN: w
Chobi: おいしいところはいただくよ!



■「Happy Birthday Gramma」のTyronさん

wkkgov170401_23.jpg 

Tyron: 今開催を知ったの
Tyron: 1週間前だったのですよ
Takky: わー
yappy: Σ
maya: ええ
mike: くはっ。
JOHN: !!
maya: ・・・・・
Tyron: その時点で
Tyron: 未校了3本抱えていたので
Tyron: 9割かた諦めてました
Tyron: 出せてよかったです
Exceed: 人気作家
Takky: なんとー
Rocchi: おお・・・
Chobi: めちゃめちゃ面白かったー
JOHN: すげぇ・・・
Rocchi: 個人的に一番好きでした!
Takky: お忙しいところありがとうございました
Chobi: 私も一番好きだあw

Tyron: キャラ名とか
Tyron: ほとんど決めてませんし
Tyron: 主人公のNANAは
Tyron: おばあちゃん子みたいなイメージで
Tyron: 適当につけました
Takky: そんなw
maya: ふふw
Chobi: 6歳でメサンナに特攻かます度胸すばらしい

Tyron: デブミの顔文字は
Tyron: 以前ブログで2回ほど書いていたので
Tyron: その延長みたいなものです
mike: デブミで通るとか
mike: 末恐ろしい
Rocchi: デブミのシーンは衝撃を受けました
Takky: 本のページをまたいだ使い方が斬新でした
Exceed: 今度見開きネタつかわせてもらおう
Tyron: あの見開き
Tyron: 反響ありましたけど
Tyron: 赤本作家のイメージがあるので
Tyron: 青本で書いて
Tyron: 水増しするのに利用しただけです
yappy: w
Takky: ふふ
maya: えーー
Chobi: いい演出だったね

Tyron: 絵本については
Tyron: 昔どの鯖にも
Tyron: 絵本作家さんがいらしたと思います
Tyron: だから2番煎じですね
maya: そんな時代が…
Tyron: あとBPAについては
Tyron: そこのyappyさんに聞いてください
yappy: Σ
Chobi: あはは
Takky: まるなげ
JOHN: ぶw
yappy: あのAAはすごかったー
Tyron: まさか自分で書く羽目になるとは
Tyron: 一生懸命さくさくリンクさんの文字
Tyron: コピペしてましたよw
Takky: あー私もですw

Tyron: あとはネタ帳の部分ですか
Tyron: 30分後に更新するブログに
Tyron: appendix書きましたので
Tyron: 興味あればご覧ください
Takky: おー
yappy: おぉー
Chobi: おおー
mike: どきどき
Rocchi: おおー
Tyron: 前回と同じ
Tyron: 付けたし部分です
Exceed: すごい活動家なのですな
Takky: ブログ名の宣伝を!
Tyron: 出雲踏鞴文庫です
maya: メモメモ
ZARIGANI: よめないゆ
JOHN: よ・・・読めん・・・
Chobi: (よめない)
Tyron: 以上です



wkkgov170401_24.jpg

作者インタビューのあと、1階会場に移動して記念撮影を行いました。

wkkgov170401_26.jpg  
wkkgov170401_27.jpg

というわけで第5回短文館コンテストの表彰式は終了しました。

会場に展示してある作品ですが、web公開版を作ったらまとめて別の場所に移設します。

それまでは会場で読めるようにしておきますので、ご利用ください。

さて、今回も期間中色々ありましたが、短文館の「UO文芸の灯火を絶やさないようする」
「創作の楽しさを多くの人に知ってもらいたい」という思いは変わっていませんので、
これからも定期的に開催していきたいと思っています。

今回残念ながら参加できなかった方は、次回は是非参加してくださいね。

そして今回参加してくださった皆さんも、引き続きご参加いただけると嬉しいです。

これからも応援、よろしくお願いしますね。


2017.04.01

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

主催お疲れ様でした。(あ、転載作業が一番の苦行でしたっけ。)
先ほど開催中に読み切れなかった5編を完読してきました。
感想文を届けられなかった参加者様には申し訳ありませんでした。
毎度このログ再生方式はいいですね。
自分がしゃべっている間は緊張して、レスを聞き分ける余裕がないので、いろいろ楽しめます。
次回のお題は..「ラッキースケベ」でいいですよ(半分冗談)。
[2017/04/01 23:09] URL | StarSia #- [ 編集 ]


StarSiaさんへ

ご参加ありがとうございました!

感想文、ここに書いていただいてもいいのですよ・・・?(^▽^)

イベントのジャーナルを読み返すのって楽しいんですよね~。

気づかなかった鋭いツッコミやキレのいいボケに、あの場でこう返したかった!とか(笑)

そしてそのお題だとハーレム系ラノベが集まっちゃう!?
[2017/04/02 10:47] URL | Takky@たきやん #EBUSheBA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス