倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



11月12日開催・第9期6回目評議会レポート(前編)
11月12日に開催された、第9期6回目評議会のレポートをお届けします。

この日は評議会後にミニイベントが行われましたので、前後編にレポートを分けます。

さて、既にみなさんご存知のことと思いますが、EMうのさんが11月末で退職されるとのことです。

というわけで今回がうのさん主催の評議会は最終回・・・!

しんみりしつつも安心して旅立った頂けるよう、元気よくいきましょう!

wkkgov161114_01.jpg

評議会の開始時間となり、ブラックソーン王が評議会の間にいらっしゃいました。

一通り挨拶が終わると・・・

King Blackthorn: 出迎え感謝する。
King Blackthorn: さあ、座りなさい。
Vulcan(ミノック首長・以下役職省略): はいですじゃ
Takky(ムーングロウ首長・以下役職省略): はいっ
Orca(トリンシック首長・以下役職省略): はい
King Blackthorn: ふむ。PonTaroh君はいないのかね?
Takky: そのようですね
Vulcan: まさかたぬき汁に・・・

King Blackthorn: では、
King Blackthorn: ブリタニアの各街首長および市民諸君!
King Blackthorn: ようこそ参られた。
King Blackthorn: 今期の評議会は、9期 6回目である。
King Blackthorn: 6回目ということは、本議会は今期最後になるということだ。

You see: PonTaroh the Chef


少し遅れてPonTarohさんがやってきました。

Orca: あっ
King Blackthorn: PonTaroh君待っていたよ。
PonTaroh(ニューマジンシア首長・以下役職省略): もうしわけございませんぽん
Takky: ギリギリアウト
Vulcan: ほっほ
Takky: ふふ
PonTaroh: 中の人がぎりぎり帰ってきたもので
PonTaroh: 中の人なんていないけど
PonTaroh: *ぷるぷる*
King Blackthorn: うむ。
Takky: おつかれさまです
King Blackthorn: 鍋の具になっているのではと
King Blackthorn: 心配していたよ。
PonTaroh: ぎゃーす
Takky: シンパイシテマシター
King Blackthorn: さあ、座りなさい。
PonTaroh: はいですぽん

wkkgov161114_03.jpg

King Blackthorn: ふむ……
King Blackthorn: 私からの連絡事項は4つある。
King Blackthorn: 12月から匠のフェスティバルというものが行われる予定だ。
King Blackthorn: こちらは生産スキルを生活の糧にしている者を中心とするものであり、
King Blackthorn: Vulcan君のような腕が立つ者がより活躍できよう。
Vulcan: 期待が高まりますのう
Takky: いいですね!
King Blackthorn: うむ。

King Blackthorn: 二つ目は、市政ストーンにおけるギルド契約についてだ。
King Blackthorn: 今まではギルド契約の延長する場合であっても契約金を求めないようにしてきたが、
King Blackthorn: 今月から契約を延長する場合にも契約金の徴収を行うことになる。
Takky: 承知しました
Vulcan: 聞き及んでおりますぞい
King Blackthorn: つまり、月の契約に800万かかるのだ。
King Blackthorn: 首長殿におかれては市政ストーンの状況確認を行うことをお勧めする。
Vulcan: ふるえるのう…
Orca: 金策にはしらねば…
Takky: はい
King Blackthorn: うむ…。

King Blackthorn: 次は、ブローカーについてだ。
King Blackthorn: 先ほど、私は王室広報担当官と諸君らの意見を合わせた案について裁定した。
King Blackthorn: アシュリーはニューマジンシアにて、各々の準備を行っている。
King Blackthorn: 評議会終了後に諸君らの中で時間がある者はこのブラックソーン城前にて
King Blackthorn: アシュリーを待ってくれないだろうか?
King Blackthorn: 諸君らが議論した案がどのような形で出来上がったかを見るのも良いことだ。
Takky: わかりました!
Orca: 承知しました
Vulcan: はいですじゃ!

King Blackthorn: 最後の一つは……。
King Blackthorn: 事前に連絡を受けていると思うが、王室広報担当官についてだ。
King Blackthorn: アレは一身上の都合により、この世界から離れるのことだ。
King Blackthorn: 問題はこの評議会だ。
King Blackthorn: いなくなると言うことは私と首長の取次を行う者が不在となる。
King Blackthorn: 後任が決まるまでは来期以降の評議会は開催されないことになる。
King Blackthorn: 私から直々と予定を設定しておきたいのだが、なかなか時間がとれぬ。
King Blackthorn: すまない。
Vulcan: はいですじゃあ
Takky: 仕方ありませんね・・・
Orca: はい
King Blackthorn: ……ふむ。
King Blackthorn: アレは私と首長や市民のために頑張っていただろうと思う。
Takky: はい
Vulcan: 大変お世話になりましたわい
Takky: 感謝したりません
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: 諸君らもそう思えれば、良き思い出として去るだろう。

King Blackthorn: 同じ事を申すが、
King Blackthorn: 各街首長におかれては、今期最後の評議会であるため、
King Blackthorn: この6ヶ月間を統括した報告を求めたい。
King Blackthorn: 更に再選を目指し、立候補を考えているならば、その旨として、所信を伺いたい。
Takky: 承知しました!
King Blackthorn: もし、傍聴席にいる者で次期の首長に立候補したい者が居れば、
King Blackthorn: 各街首長の報告が全て終わり次第、申し出て欲しい。
King Blackthorn: よろしいかね?
King Blackthorn: また、当評議会では傍聴客や市民に意見を請うことになるかもしれぬが、
King Blackthorn: 諸君は首長へ叱咤激励の心構えで支えになるように手助けして欲しい。
Takky: よろしくお願いします
King Blackthorn: よろしく頼むよ。
Vulcan: よろしくですじゃ

King Blackthorn: ふむ……。
King Blackthorn: では、始めよう。
King Blackthorn: どちらから行くかね?
Vulcan: 陛下の御心のままにですぞい
King Blackthorn: ふふ。
PonTaroh: *ぷるぷる*
King Blackthorn: そうだな。
Takky: ポン太郎さんには
Takky: 心の準備の時間を
Takky: あげたいですね
Vulcan: ガッハッハ!
King Blackthorn: おお、心の準備とはな。
King Blackthorn: ならば、PonTaroh君は最後としようではないか



- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ミノック・Vulcan首長の報告

wkkgov161114_04.jpg

King Blackthorn: では、ミノック首長殿!
King Blackthorn: よろしく頼む。
Vulcan: ミノック首長Vulcanですじゃ

(一同拍手)

Vulcan: ミノックの今期の総括としましては
King Blackthorn: うむ。
Vulcan: 第1回目指せ!細工のてっぺん!大会を
Vulcan: 開催することを目標に掲げ
King Blackthorn: おお、そうであったな。
Vulcan: 準備期間を経て、今月6日に
Vulcan: 無事に開催することができましたわい
King Blackthorn: うむ。
Takky: ご苦労様でした
King Blackthorn: 盛況だったかね?
Vulcan: はい、おかげさまで
Vulcan: 晴れ渡る青空のもと、ミノック広場にて
Vulcan: 参加者の方々、観戦・応援の方々
Vulcan: 大勢にお集まりいただきまして
Vulcan: 盛況のうちに終えることができましたわい
King Blackthorn: それは良かった。
Vulcan: ただ、ワシの準備や確認が
Vulcan: 至らぬ点がいくつかありまして
Vulcan: それについては皆さんにご迷惑をおかけしましたのう
King Blackthorn: ふむ。
Vulcan: 今回浮かび上がった反省点や改善点は
Vulcan: 次回への課題として胸に留め
Vulcan: 今後も大会が開催できるよう
Vulcan: 頑張ってまいりますわい
King Blackthorn: うむ。
Takky: 期待しています!

Vulcan: というわけで、次期もミノック首長として
Vulcan: 立候補する予定でありますじゃ
King Blackthorn: おお、そうか。
Vulcan: ギルド契約についてはこのまま
Vulcan: 鉱夫共同体との契約を維持できればと思っておりますが
Vulcan: 先ほど陛下からお話のあったように
Vulcan: ギルド契約金についての変更がありますので
King Blackthorn: うむ
Vulcan: 今後も契約維持できるよう
Vulcan: トレーダークエストでの資金入手など
Vulcan: 市民の皆様にも協力を仰ぎつつ
Vulcan: 鋭意努力してまいる所存ですじゃ

Vulcan: そしてさらに
Vulcan: これも陛下よりお話のありました匠のフェスティバル
Vulcan: これにつきましても生産者一丸となって
Vulcan: 盛り上げていけるよう
Vulcan: 他の街の首長とも連携を取りつつ
Vulcan: 活動していこうと思いますわい
Vulcan: ワシからは以上ですじゃ
King Blackthorn: そうか。
PonTaroh: ぽふぽふぽふ
PonTaroh: じーじ万歳
King Blackthorn: Vulcan君、
Vulcan: はっ
King Blackthorn: 王室広報担当官も言っていたように
King Blackthorn: イベントを起こすことは大変難しいと言っている
Vulcan: はいですじゃ
King Blackthorn: だが、悪いところを改善する機会でもあるため、
King Blackthorn: 次のイベントではより楽しめるものになるだろうと思う。
Vulcan: はっ!
Takky: そうですね
King Blackthorn: 改善点を理解することが大事だ。

wkkgov161114_05.jpg

Vulcan: 次回大会がよりよいものとなるよう
Vulcan: ワシ自身も研鑽を重ねまして
Vulcan: 勉強してまいりますわい
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: ギルド契約金だが、
King Blackthorn: 市民とより結びつきを強くする機会であるともいえよう。
Vulcan: はいですじゃ
King Blackthorn: この機会を損なわず、頑張って欲しい。
King Blackthorn: Vulacn君、ありがとう。
Vulcan: ありがたいお言葉ですわい

(一同拍手)


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆トリンシック・Orca首長の報告

wkkgov161114_06.jpg

King Blackthorn: では、トリンシック首長殿!
Orca: はい
King Blackthorn: よろしく頼む。

(一同拍手)

Orca: トリンシック首長オルカです
Orca: まずは今月の市政報告から行わせていただきます
King Blackthorn: うむ。
Orca: 前回の評議会のあと市民の方から
Orca: Kotl古代都市の奥にある装置を起動するための
Orca: パワーコアを多数寄贈いただきました
King Blackthorn: ほほう。
Orca: あの装置を起動すると
Orca: 古代都市中央の広間に
Orca: おそらくはあの都市が滅びたときの
Orca: Kotlの戦士とミュルミデックスの戦いが再現されるのですが
King Blackthorn: ほう…。
Orca: どういうわけか、実際にこの手で触れられる形で
Orca: 両陣営が投影されるのです
King Blackthorn: 不思議なものだな。
Orca: 原理のわからない装置を多用する点については不安もありますが
King Blackthorn: うむ。
Orca: ミュルミデックスは現在のブリタニアの脅威でもあり
Orca: かつてのミュルミデックスと戦うことで
Orca: 今のミュルミデックス達を退ける手段が見つかるかも、と思い
Orca: 連日装置を起動させて冒険者の皆様に呼び掛けて
Orca: 戦闘の訓練を行ってきました
King Blackthorn: なるほど。
Orca: コアを寄贈してくださった方、
Orca: ならびに戦闘に参加してくださった冒険者の皆様には
Orca: この場を借りてお礼を申し上げます
Orca: また、今後ですが
King Blackthorn: うむ。
Orca: 次期選挙までの間に
Orca: 馬上槍試合の大会を開催する予定です
Takky: おー
King Blackthorn: おお。そうか
Vulcan: おお
Orca: 日時が決まり次第告知いたしますので
Orca: ぜひ皆様参加・観戦にいらしてください
Orca: よろしくお願いします
Vulcan: 楽しみですのう
King Blackthorn: つまり、次期に立候補するつもりでいるということかね?
Orca: そうですね
Orca: そのつもりです
PonTaroh: すてきー
King Blackthorn: それは心強い

Orca: 来期の方針についても話させていただきますが
Orca: その前に今期の総括をいたします
King Blackthorn: うむ。続けなさい。
Orca: 今期は槍試合の開催回数が減りはしましたが
Orca: ロイヤルガードのアシュリー殿がトリンシックに来ていただいたこと
Orca: トリンシックのケイン教官がロイヤルガードの訓練にあたることになったこと
Orca: といった出来事もあり
Orca: 私が就任以来目指してきたトリンシック騎士団の再建には
Orca: 多少の進展があったものと思います
King Blackthorn: そうだな。
Orca: 騎士団の再興にまでは至りませんでしたが
Orca: 今後も騎士団のための活動は続けていきたいと思います

Orca: 一方で先ほども報告いたしましたが
Orca: 市民の方より物品を寄贈していただいたり
Orca: それをつかってトリンシックに限らず
Orca: ブリタニアの冒険者の皆様とともに活動できたことも
Orca: 私にとって重要な経験となりました

wkkgov161114_07.jpg

Orca: 市民の皆様、冒険者の皆様をつなぐための懸け橋としても
Orca: 首長という立場は
Orca: 重要なものであると
Orca: 再認識させていただきました
Takky: そうですね
King Blackthorn: その通りだ。
Vulcan: ですのう
Orca: 総括としては以上で、
Orca: これを踏まえて
King Blackthorn: うむ。
Orca: 来期に向けての方針を話させていただきます
King Blackthorn: 続けなさい。
Orca: まず、申し上げた通り来期も立候補し
Orca: 再選を目指します
Orca: そして再選された場合には
Orca: トリンシック騎士団復興活動と
Orca: 市民の皆様・冒険者の皆様が集まれる場を作る活動
Orca: この二つを柱に市政を行っていくつもりです
King Blackthorn: うむ。
Orca: 市民の皆様
Orca: どうか、よろしくお願いいたします

Orca: あっ
King Blackthorn: うむ?
Orca: 一つ忘れていましたが。。。
King Blackthorn: 何かあったのかね?
Orca: ギルド契約の件です
King Blackthorn: おお、そうであった
Orca: 現在トリンシックは海洋ギルドとの契約を続けており
Orca: 可能な限り契約は継続する予定です
King Blackthorn: うむ。
Orca: ただ、我が家には現金資産があまりないため
Orca: 継続が不可能になることも考えられます
Orca: その場合はご容赦願います
Orca: 契約ギルドの変更や、
Orca: 契約金の寄付
Orca: あるいは都市間トレードによる奨励金など
Orca: ギルド契約に関する要望・ならびに支援も
Orca: お待ちしておりますので
Orca: よろしくお願いします
Orca: 契約先の変更依頼などは
Orca: 書面にしてヘラルドに預けていただければ
Orca: 定期的に確認しておりますので
Orca: 私への意見はそのようにお願いします
Orca: 以上となります
Vulcan: 市民の皆様のご協力が頼りですわい
Orca: ありがとうございました

(一同拍手)

King Blackthorn: Orca君、
Orca: *きらきら*
Orca: ハイ!
King Blackthorn: 君が言っていたよう……
King Blackthorn: その眩しさは変わらぬな。
PonTaroh: さすが光の騎士様
Orca: …
King Blackthorn: すまぬ。
Takky: ふふ
PonTaroh: )))
King Blackthorn: 脱線してしまったようだ。
Orca: し、しつれいしました・・

King Blackthorn: Orca君にとって今期は様々な出来事があったと思う。
Orca: はい
King Blackthorn: だが、騎士団復興は今後、トレーダーなどギルド契約で
King Blackthorn: 騎士を志す者がいれば、勧誘すると良いだろう。
Orca: はい
King Blackthorn: 地道でありながらも積極的に活動することが
King Blackthorn: 騎士団再興となると思う。
King Blackthorn: Orca君ありがとう。
Orca: 肝に銘じておきます
Orca: ありがとうございます
King Blackthorn: うむ。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ムーングロウ・Takky首長の報告

wkkgov161114_08.jpg

King Blackthorn: では、ムーングロー首長殿!
Takky: はいっ
King Blackthorn: よろしく頼む。
Takky: 陛下、そして傍聴席の皆様こんばんは!
Takky: *PEKORI*
Takky: ムーングロウ首長Takkyですっ

(一同拍手)

Takky: それでは今期の活動をまとめて
Takky: ご報告したいと思います
Takky: 今期の市政目標は
Takky: 短文館や裁縫師のてっぺんなどの
Takky: ムーングロウ独自のイベントを
Takky: 定期的に開催して
Takky: 存在感をアピールしよう!
Takky: というものでした
King Blackthorn: うむ。
Takky: 結果としましては
Takky: 裁縫師のてっぺんを7月に
Takky: 短文館コンテストを9月に
Takky: それぞれ開催いたしました

wkkgov161114_09.jpg

Takky: いずれのイベントも
Takky: 皆さんのご協力と応援のおかげで
Takky: 無事成功させることができましたので
Takky: 内外にしっかり存在感を
Takky: アピールできたのではないかと
Takky: 思っています!
Vulcan: うむうむ

Takky: 来期もムーングロウ首長に立候補しますので
Takky: 無事当選できましたら
Takky: 任期中に短文館を1回
King Blackthorn: ほほう。
Takky: 裁縫師のてっぺんを2回開催することを
Vulcan: な、なんと!
Takky: 目標にしたいと思っています
King Blackthorn: ほう…。
Takky: というわけで
Takky: 来期も倭国のみなさんが楽しく活動できるよう
Takky: 一生懸命頑張りますので
Takky: 応援よろしくお願いしますね!
Takky: *PEKORI*

(一同拍手)

Vulcan: 応援しとりますぞい
Takky: 私からは以上です
Takky: ご清聴ありがとうございました
King Blackthorn: Takky君、
Takky: はいっ
King Blackthorn: 次期も立候補してくれることを嬉しく思うよ。
Takky: はい!
King Blackthorn: そして、イベントをより増やすという姿勢
King Blackthorn: 君のような存在が当破片世界に必要だとは
King Blackthorn: 私はそう思う。
King Blackthorn: ありがとう。
Takky: ありがたいお言葉です
King Blackthorn: うむ。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ベスパー・Gura首長の報告

wkkgov161114_10.jpg

King Blackthorn: では、ベスパー首長殿!
Gura: はい
King Blackthorn: よろしく頼む。

(一同拍手)

Gura: Guraでございます
King Blackthorn: うむ。
Gura: まずはお知らせを1つ
King Blackthorn: ほう?
Gura: 今月末には開催したいと
Gura: ご報告しておりました闘鶏大会の件についてですが
Gura: 大変申し訳ないのですが
Gura: 私の体調不良により
Gura: 開催できる目処が立たなくなってしまいましたので
Gura: 一旦中止とさせていただきます
King Blackthorn: それは仕方がないだろう。
Gura: 楽しみにしていただいた皆様には
Gura: 申し訳ありませんが
Gura: ご了承ください
市民: お大事にー
Lucia(ユー首長・以下役職省略): ご自愛ください
King Blackthorn: まずは、体調を整えることだな。
Takky: そうですね
Gura: ありがとうございます
King Blackthorn: ゆっくりすると良い。

Gura: 代わりに、と申し上げては何ですが
Gura: Orca首長が
Gura: 槍試合を開催してくださるとのこと
Gura: そちらをお楽しみに!
Takky: はいっ
Orca: よろしくお願いします
Gura: また、今月の大行商についてですが
Gura: Unoさんのご退任にあわせ
King Blackthorn: うむ?
Gura: 26日の土曜日
Gura: 22時より
Gura: EMホールの前にて
Gura: 開催することとなっております

※日程は変更される可能性もあります。
 最終的な日程は当ブログの最新情報をお確かめ下さい。


Vulcan: むむ
King Blackthorn: ふむ…
King Blackthorn: 恐らく、彼は
Gura: はい
King Blackthorn: 20日を最後に消えることになるだろう。
Gura: ええ
市民: む・・・
Takky: そうなのですか
Gura: 間に合わず残念ですが
King Blackthorn: しかし、日程設定は難しいな。
Vulcan: 名残惜しいですのう
King Blackthorn: そうだな。
Gura: 他のイベントの兼ね合いもありますので…
King Blackthorn: うむ…。
Gura: 取り合えずお別れ自体は20日までにしますとして
Gura: 我々はうのさんのこれまでの
Gura: 尽力と活躍との感謝の意を込めて
Gura: また
Gura: 広報担当官殿のお留守を守りますという
Gura: 意思も込めて
King Blackthorn: うむ。
Gura: 開催場所はそのままで
Gura: 大行商を行いたいと思いますので
Gura: 市民の皆様も
Gura: ご参加いただけたらと思います
市民: *ぱちぱち*
Takky: よろしくお願いします
Vulcan: よろしくですじゃ
King Blackthorn: うむ。

Gura: さて今期の総括ですが
Gura: Vesperでは7月に
Gura: 陛下をお招きしての闘鶏大会を行うことが出来たこと
Gura: 良い記念になったと思っております
King Blackthorn: うむ。鶏の名前が
King Blackthorn: 凄いものではあった。
Takky: 美味しそうでしたね
Gura: 皆様が心から楽しんでいることが
Gura: 伝わったかと!
King Blackthorn: う、うむ。
Takky: ふふ
Gura: それ以外は
Gura: 街としては特に目立った活動はありませんでしたが
Gura: 大行商等他のイベントの手伝いなども
Gura: 細々とやってまいりました
Takky: 大行商の小道具準備に尽力してくださいましたね
King Blackthorn: なるほど。
Vulcan: ご尽力、感謝してますわい
Gura: ステージは毎回
Gura: 私が心を込めて
Gura: デザインしております!
Takky: いつも助かってます
King Blackthorn: ほほう。

Gura: 来期についてですが
King Blackthorn: うむ
Gura: 体調不良のこともあり
Gura: 少々、首長としての責務を全うするのに
Gura: 不安があることもありますので
Gura: 来期の立候補はしない予定でございます

wkkgov161114_11.jpg

King Blackthorn: そうか…。
Vulcan: 残念ですのう
Takky: 残念です…
King Blackthorn: それは残念だ。
Gura: ありがとうございます
Gura: 一市民として
Gura: お手伝いできることはするつもりでございますので
King Blackthorn: うむ。
Gura: これからもよろしくお願いいたします

Gura: また市民の皆様の中で
Gura: 首長という仕事に
Gura: 興味をもたれている方
Gura: いらっしゃいましたら是非とも
Gura: 立候補を検討いただければ!
King Blackthorn: Gura君の言うとおりだ。
Gura: よろしくお願いします
King Blackthorn: 我こそはという者がいれば立候補して欲しい。
Gura: 私からは以上です

(一同拍手)

Orca: 長らくお疲れさまでした
市民: 8期もだもんな、すごいや
King Blackthorn: Gura君、
Gura: はい
King Blackthorn: 君が次期出ないと言うことは寂しく思うが
King Blackthorn: 一市民として活動することで何かを見つけ
King Blackthorn: それを得てここに戻ってくることを
King Blackthorn: 期待したいと思う。
King Blackthorn: 今までありがとう。
Gura: お心遣い感謝いたします


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ユー・Lucia首長の報告

wkkgov161114_12.jpg

King Blackthorn: では、ユー首長殿!
Lucia: はい
King Blackthorn: よろしく頼む。

(一同拍手)

Lucia: 皆様こんばんは
Takky: こんばんは~
King Blackthorn: うむ。
Lucia: 本日もお忙しい中お越しいただいた傍聴席の皆様
Lucia: ありがとうございます。
Lucia: 前回の評議会も欠席することとなり大変申し訳なく思っております。
Lucia: ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
King Blackthorn: 構わぬよ。
Vulcan: ご多忙のようですのう
Lucia: はい
Lucia: 一切活動ができておりません…
King Blackthorn: うむ?
Lucia: ではご報告を
Lucia: させていただきます
King Blackthorn: うむ。
Lucia: とはいえ
Lucia: 今回はお詫びのようなものしかございませんが
Lucia: ご了承ください
King Blackthorn: うむ…?

Lucia: さて、以前から続いております多忙な状態が些かも改善されず
Lucia: ここしばらくの間ブリタニアにおける活動首長活動はおろか
Lucia: プレイヤーとしての活動もできていない状況で
Lucia: 恥ずかしながらこの場でご報告できる事が
Lucia: 全く無い状況でございます。
Lucia: 申し訳ございません。
Lucia: 来季の立候補に関してですが、このような状況では
Lucia: 仮に来期首長となったとしても、
Lucia: いや…現在すでにそうなのですが
Lucia: 皆様にご迷惑をかけるのみではないか?
Lucia: ならば状況が落ち着くまで退くのが良いのではないか?
Lucia: このように考えております。
Lucia: まだ最終的な結論に至ってはおりませんが
Lucia: 来季選挙までには総合的に判断し決断を下す事といたします。
Takky: 迷惑に思っている人は一人もいないですよ!
Lucia: ありがとうございます

Lucia: もし、来期首長として活動を行わない場合も
Lucia: Yew多目的ホールは存続させますし
Lucia: 引き続き催事場としてのご利用も
Lucia: していただけるよう致しますので
Lucia: 今後ともご利用いただければ幸いでございます
Takky: はい・・・
King Blackthorn: Lucia君
Lucia: はい
King Blackthorn: その多目的ホールを貸出を出来るのは
Lucia: はい
King Blackthorn: ユー首長として継続するべきかね?
Lucia: はい
Vulcan: 多目的ホールの維持も立派な活動のひとつだと個人的には思いますわい
King Blackthorn: 多忙で辞めることは仕方がないだろうが、
King Blackthorn: 市民や首長が利用できているのは君が首長で安心して使えるからだと
King Blackthorn: 私はそう思う。
Lucia: はい
King Blackthorn: 再考を踏まえてほしい。
King Blackthorn: 他にあるかね?
Lucia: はい
Lucia: 続けさせていただきます

Lucia: 次に、王室広報担当官殿が退官されると聞き及んでおります。
Lucia: 御多忙な中精力的に活動を行っていただき
Lucia: 大変感謝しております。
King Blackthorn: そうか。
Lucia: まだ任期満了までは短いながらも残っており、
King Blackthorn: うむ
Lucia: お会いする機会もあるかと存じますが
Lucia: 「ありがとうございました、お疲れ様です」と
Lucia: お伝えいただければ幸いでございます。
Lucia: それではLuciaからのご報告を終了させて頂きます。
Lucia: ご静聴を感謝いたします。

(一同拍手)

King Blackthorn: Lucia君の言葉
King Blackthorn: 確かに伝えておこう。
Lucia: はい
Lucia: 何卒お願いいたします
King Blackthorn: Lucia君ありがとう。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ニューマジンシア・PonTaroh首長の報告

wkkgov161114_13.jpg

King Blackthorn: さて、最後になるが
King Blackthorn: PonTaroh君生きているのかね?
PonTaroh: はいですぽん
Takky: ふふ
King Blackthorn: それはよかった。
King Blackthorn: では、ニューマジンシア首長殿!
King Blackthorn: よろしく頼む。
PonTaroh: *ぺこり*

(一同拍手)

PonTaroh: ニューマジンシアの狸です
King Blackthorn: うむ。
PonTaroh: 今期はほとんど活動できず申し訳ございませんでしたぽん
King Blackthorn: 構わぬよ
King Blackthorn: この場にいるだけでも活動とも言える。
PonTaroh: 狸族の所要にて秘伝イタコの儀を行い
PonTaroh: 異世界のトーキョーと交信をしたところ
King Blackthorn: ふむ?イタコ?
PonTaroh: 幽体離脱を起こしてしまい
PonTaroh: 半年戻れませんでしたポン
Takky: 死後の世界だったんですね、トーキョー
PonTaroh: あやうく鍋になるところでしたぽん
King Blackthorn: その間、鍋の材料にされず
King Blackthorn: 済んで良かったな。
Lucia: テリブルTOKYO

PonTaroh: 今期はタヌジェラ再開を目標としておりましたが
PonTaroh: 達成できず
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: 事情が事情だ。仕方がない。
PonTaroh: 何より サンダル内装を開催できなかったことが心残りですポン
Takky: あー残念ですね
King Blackthorn: ほう?
PonTaroh: イタコの儀の後遺症がようやくなくなったので
PonTaroh: 次期より内装コンテスト再開に向けて準備を行いますぽん
King Blackthorn: そうだな。
PonTaroh: 市民の皆様、首長の皆様に
PonTaroh: ご協力をお願いすること多々あるかと思いますポン
PonTaroh: どうぞよろしくお願いしますポン
King Blackthorn: うむ。ここにいる者も興味があるならば
King Blackthorn: 参加すると良い。

PonTaroh: とりあえずは 次期も立候補は致しますが
King Blackthorn: うむ

wkkgov161114_14.jpg

PonTaroh: 首長であるなしにかかわらず
PonTaroh: 内装コンテストにてマジンシアひいては倭国をの文化に華をそれられればと願っておりますポン
PonTaroh: 以上となります
PonTaroh: ありがぽんございました
PonTaroh: *ぺこり*

(一同拍手)

King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: PonTaroh君、
PonTaroh: はいですぽん
King Blackthorn: 君が言っていたサンダル内装についてだが、
PonTaroh: はい
King Blackthorn: 王室広報担当官がいつか戻ってきたらやるつもりかね?
PonTaroh: やるつもりですぽん
King Blackthorn: そうか。
King Blackthorn: 彼はいつかは戻ってきたいとは思っているはずだろう。

wkkgov161114_15.jpg

市民: おお
PonTaroh: あら
Vulcan: おおお
Takky: フラグが立ちましたよ!
PonTaroh: スクープぽん!
King Blackthorn: 期待しよう。
PonTaroh: 広報担当官殿の赴任地が
PonTaroh: 違ったとしても
PonTaroh: やらせていただきますポン
市民: *ぱちぱち*
King Blackthorn: ほう…
PonTaroh: こころまちにしてますぽん
King Blackthorn: そうか、ありがとう


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -


King Blackthorn: 傍聴席の諸君は何かあるかね?
King Blackthorn: また、次期首長に立候補する者はいないのかね?

King Blackthorn: いないようだな。
Takky: 12月第1週までに
Takky: ご検討いただければ!
Vulcan: いやいや、ギルド契約自体は
Vulcan: 自由契約ですからのう
King Blackthorn: 仕方が無い。興味があれば、立候補すると良い。
Pulpul: ああ、ギルド契約費の問題か
King Blackthorn: そうだ。
Vulcan: 立候補自体には考慮せずともよいと思いますぞい
Gura: 倭国では、首長の私費を投じてまでの契約は
Gura: 特に推奨されて
Gura: おりませんでしたしね
King Blackthorn: うむ。
Vulcan: うむうむ
Gura: 今後もそれで宜しいかと
King Blackthorn: トレーダーなどを活かして契約金を増やすという方法もある。
Takky: そうですね

King Blackthorn: それを踏まえ、立候補して欲しい。
King Blackthorn: さて、時間も押し迫っているゆえ本日は閉会とする。

wkkgov161114_16.jpg

King Blackthorn: 来月、各街首長の諸君らは選挙に突入することになる。
King Blackthorn: だが、評議会は当分、開催されないだろう。
King Blackthorn: 評議会が開催されない場合でも首長に求められる役目は変わらない。
Takky: はいっ
King Blackthorn: したがって、各街首長は市政へより良い案を出し、目的遂行をしてほしい。
Vulcan: はいですじゃあ!

King Blackthorn: 最後になるが…
King Blackthorn: 各街首長におかれては街の一層の発展のために、
King Blackthorn: 市民諸君におかれては首長を助け、
King Blackthorn: ぜひとも、積極的に市政に参加してもらいたい。
King Blackthorn: 以上だ。
Pulpul: 御意!
Takky: よろしくお願いします
Orca: よろしく!
PonTaroh: むぎゅ

wkkgov161114_17.jpg

ゲートが開き、ブラックソーン王が退出されます。

Takky: ごきげんよう陛下!ありがとうございました!
Pulpul: ブリタニア万歳!
King Blackthorn: ブリタニア万歳!
PonTaroh: ばんざい
Vulcan: 陛下バンザイですじゃああ
yappy: ばんざーい
Rocka: ごきげにょう
Lucia: ごきげんよう陛下
Ardan: お疲れ様でござった
Pulpul: 王様きっとまたーー
Gura: ブリタニア万歳
PonTaroh: ぽこぽこ
Orca: ブリタニア万歳!陛下万歳!
Pulpul: ブリタニア万歳!

wkkgov161114_18.jpg

恒例のゲート遊びですが、出口は城の前でした。

Orca: おや
Takky: 外に飛ぶパターン
Orca: 出口は城の前かな・・?
Lucia: 戻ってこれる


皆さんゲートで外に移動して、引き続きミニイベントが始まりました。

その模様はレポートの後編で!

というわけで評議会は無事終了しました。

うのさんがいずれ復帰する可能性もあるという明るいニュースが聞けて良かったです(^▽^)

また本文中にも書きましたが、11月の大行商はうのさん退任ということでEMホール前で行います。

日程は調整中ですが、近日中に確定して改めて告知しますので、今しばらくお待ちください!


それでは引き続き、レポート後編をお楽しみください。→→→To Be Continued


2016.11.14

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス