倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



第4回・倭国短文館コンテスト/Web閲覧版&感想文公開
お待たせしました、第4回・倭国短文館コンテストのWeb閲覧版と感想文を公開します!

Web閲覧版はリンクをクリックすると、アルバム形式の別ページで読むことができます。

また、応援&感想本に書いていただいた内容も載せてあります。

こちらもリンクをクリックすると感想部分が開くようになっています。

UO内で読むのとはまた違った感じだと思いますので、読んだことがある作品でももう一度お楽しみください(^▽^)


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Anneさん著
「徳之島の秋」

wkkgov160928_Anne_001.jpg 
wkkgov160928_Anne_002.jpg 

◎作品紹介
足が悪くなった祖母の代わりに社を巡って、花を活けて回る少女がいた。
仲良しの河童たちに誘われて、今まで行ったことのない社に向かうと……

北斗ブリテイン首長Anneさんは第3回に引き続きご参加下さいました。
ちょっととぼけた河童たちの活き活きとした描写はAnneさんならでは。
そしてタイトルに込められた意味が分かった時、祖母の想いが胸に迫ります……!

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】





- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

†第3位†
Chitto=Chattoさん著
「芋煮会をしよう」

wkkgov160928_Chitto_001.jpg 
wkkgov160928_Chitto_002.jpg

◎作品紹介
徳之島の各地で秋になると行われる行事、それが芋煮会!
豚肉と味噌の汁物風、牛肉と醤油の煮物風、魚介のあっさり醤油鍋……さぁ、なに作ろう!

短文館常連作家のChitto=Chattoさんによる、徳之島の郷土料理が題材のお話です。
この作品に描かれているレシピ通りに作れば、美味しい芋煮鍋が作れること間違いなし!
本からホカホカの湯気と煮物のいい香りが漂ってきて、みんなでわいわい鍋をつつく声が聞こえてきそうです。

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】





- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Excileさん著
「寺子屋の晩秋」


wkkgov160928_Excile_001.jpg 
wkkgov160928_Excile_002.jpg

◎作品紹介
百科事典が宝物のカツ少年、侍となって主君に仕えることを夢見るキク少年……
寺子屋に通う子供たちは日々の生活から様々なことを学び、いずれここから巣立ってゆくのです。

短文館常連作家のExcileさんによる、寺子屋の子供たちと教師たちの日常生活を描いたお話です。
ダジャレや言葉遊びがふんだんに盛り込まれ、ほのぼのとしたユーモア溢れる作品です。
しかしそこは「混ぜる」「『遊び』の対価」「クリスマスの三色」と毎回異色作を上梓する作者、最後まで気が抜けません!

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】





- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

HAMACHIさん著
「秋の味覚」


wkkgov160928_HAMACHI_001.jpg 
wkkgov160928_HAMACHI_002.jpg

◎作品紹介
忍びの里で修行中の少年が祖母から聞かされた、雪女と青年の悲しい物語。
少年は雪女の願いを叶えてやろうと、一人旅に出ることを決意するのだが……

第3回に引き続きご参加下さいましたHAMACHIさん。
徳之島の少年少女たちはどうしてみんなこう行動的なんでしょう!(笑)
徳之島観光名所巡りの風情もある本作、心優しい少年の想いは無事雪女に届くのでしょうか?

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】





- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Kotono-haさん著
「月祭りと蒼い兎」


wkkgov160928_Kotonoha_001.jpg 
wkkgov160928_Kotonoha_002.jpg

◎作品紹介
禅都の薬草店に勤める少女コノハは、お使いで寄った神社で美しい青年、ソウと出会う。
「この世界の月の色を映していると言われてるの」
龍神祭の夜、そういってコトハはソウに月待ちの実を渡した―――

今回初参加の倭国の詩人Kotono-haさんによる、文体から溢れるイメージが美しい幻想譚です。
“龍神祭”“月祭り”“月長石”“蒼玉”“月待ちの実”“金火鳥”……
作品独自の魅力的な単語が次々と現れ、読む者を作品世界に引き込みます!

こちらで作品世界の補足をされています。作品への理解を深めたい方はどうぞ!

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

†優勝†
Mikeさん著
「WHITE ALBUM」


wkkgov160928_Mike_001.jpg 
wkkgov160928_Mike_002.jpg

◎作品紹介
「はろ…うぃンとやらは一体何をするのだ」
上司のバロンにそう問われた赤鬼と青鬼は、調査のためブリタニアに行く羽目になった。
そう、ファンダンサー道場の上下関係は絶対なのだ―――

今回初参加のMikeさんによる、カルチャーギャップコメディー!
ブリタニアの一癖も二癖もあるモンスターたちに四苦八苦させられる、鬼たちの珍道中が楽しい作品です。
散々な目に遭いながらハロウィンについて調べる鬼たち。果たして彼らの苦労は報われるのでしょうか?

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Mireiyaさん著
「恋慕」

wkkgov160928_Mireiya_001.jpg 
wkkgov160928_Mireiya_002.jpg

◎作品紹介
彼女との約束を守るため、徳之島のチャンピオンスポーンに黙々と挑戦し続ける男がいた。
冒険者グループに話しかけられても相手にすることなく、彼は独りでモンスターを倒し続ける―――

今回初参加のMireiyaさんによる、寡黙で不器用な戦士と、あるギルドの交流を描いた作品です。
頑なに人との関わりを拒否し続けた男が初めて口を開いた時、それは男が心を開いた瞬間でもあった。
もし自分が「独り残された者」になったら……そんな事を考えさせられるお話です。

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Miso ASKさん著
「狼の記憶」


wkkgov160928_Miso_001.jpg 
wkkgov160928_Miso_002.jpg

◎作品紹介
冷たくなってきた秋風を受けながら、竹林に飾られたシルバーウルフ像を見ていると、あの日の出来事を思い出す。
その日、禅都の警備をしている私の元に、1件の調査依頼が舞い込んだ。禅都に猛獣が現れたというのだ……

今回初参加のMiso ASKさんによる、それぞれの務めのため刃を交えることになった、人と獣の邂逅の物語です。
ある事情により人里に下りてきた狼と、都を警備する侍との息詰まる戦い!
命を懸けた勝負の行方と、侍のとった決断とは!?

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Rocchiさん著
「死者たちの帰還」


wkkgov160928_Rochi_001.jpg 
wkkgov160928_Rochi_002.jpg

◎作品紹介
禅都にはある施設が無かった。人の住む場所なら普通は存在するはずの施設……墓場だ。
禅都では、死者は北の砂漠に葬られるしきたりとなっていた。それはなぜかというと―――

第3回に続いてご参加いただいたRocchiさんによる、禅都にまつわる因縁話です。
どうして禅都付近に墓場が無いのか? なぜ砂漠で死者が徘徊しているのか?
その答えが明かされた時、砂漠の死者に対する見方がきっと変わることでしょう……

こちらで作品世界の補足をされています。作品への理解を深めたい方はどうぞ!

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Sakuya Tsukiyonoさん著
「立ち食い外伝『翁』」


wkkgov160928_Sakuya_001.jpg 
wkkgov160928_Sakuya_002.jpg

◎作品紹介
かつて数十万個のマフィンやドーナツの山を食べ尽くすため、罠箱で命を削り、人の姿さえ捨てた者たちがいた。
味さえあれば壁すら食い尽くしたという彼らを、人々は畏敬の念を込めてこう呼んだ。「立ち食いのプロ」と―――

短文館常連作家のAke Eta IIさんがSakuya Tsukiyonoさん名義で発表している「立ち食い」シリーズの最新作!
尚、シリーズ作品を読んだことが無くても、本作だけで十分楽しめるようになっています。
「館」での話は、今までただのモンスターにしか見えなかった彼らの台所事情が伺えて思わずニヤリ。
そしていよいよ彼らが登場すると、UOのアイテムをうまく使った仕掛けで「強敵(しょくざい)」に挑みます!

尚、「立ち食い」シリーズは北斗シャードで毎週月曜22時から営業中の「喫茶にわとり」にて、読むことができます。
場所は北斗シャード・Tダスタード北(スカラの畑の南)です。
http://loc.to/uo/?HKTT85o52S21o27W

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

†第2位†
sivaさん著
「Autumn Moon」


wkkgov160928_siva_001.jpg 
wkkgov160928_siva_002.jpg

◎作品紹介
十五夜の晩には2つの兄弟月、フェルッカとトランメルの不思議な力がいっそう増します。
そんな月たちに徳之島の柿の木が呼びかけました。
私の足元でずっと泣いている子供がいます、と―――

第3回に引き続きご参加いただいたsivaさんによる、二つの月が紡いたおとぎ話です。
2月(ふたり)は泣いている子供の悩みを解決することができるのでしょうか?
心の機微の描写に長けたsivaさんならではの、ジェントルムーンストーリー!

※sivaさんの他の作品はこちらから読むことができます。

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

†第3位†
Takky著
「白金の勇士」


wkkgov160928_Takky_001.jpg 
wkkgov160928_Takky_002.jpg

◎作品紹介
誉島のゲート近くに白いリッジバックが祀られた祠がある。
これはなに、と孫に問われた老人は懐かしそうに目を細め、むかし村にやってきた男の話を始めた……

主催者で参加者ことわたくしTakkyによる、徳之島を舞台にした異色の英雄譚です。
設定はネタっぽいけど内容はガチ! 「サベージの戦士をいかにカッコ良く描くか」に挑戦しました。
徳之島で彼は一体何を成し、そしてそのあとどうなったか……どうぞお楽しみください。

※私の他の作品はこちらから読むことができます。

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Yamishigureさん著
「瑞穂の槽(ふね)」


wkkgov160928_Yamishigure_001.jpg 
wkkgov160928_Yamishigure_002.jpg

◎作品紹介
「Phoenix Minesで遂に鳳凰を見つけたから、二人で見物に行こう!」
家の壁を直す稲束を持ち去った草助に文句を言おうとした鈴は、そう言われて獣皮で作られた熱気球に乗せられた―――

出雲で活躍するUO作家のStarSiaさんが、Yamishigureさん名義でご参加くださいました!
やんちゃでいたずら者の青年と、勝気な幼馴染の少女との甘酸っぱい恋物語。
20ページ本の掌編ながら、彼らが共に歩んできた道のりや生活感がしっかり描写されていて、さすがの筆力です。

※StarSiaさんの他の作品はこちらから読むことができます。

【ここをクリックすると本の内容がアルバム形式で読めます】




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -


第1回Moonglow短文館の全投稿作品閲覧はこちらから

第2回短文館コンテスト「ムーングロウ・ホラー ~月輝島奇譚~」の全投稿作品閲覧はこちらから

第3回短文館コンテスト「メリークリスマス★ブリタニア」の全投稿作品閲覧はこちらから


2016.10.23

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス