倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



8月27日開催・第9期3回目評議会レポート
8月27日に開催された、第9期3回目評議会のレポートをお届けします。

この日は評議会後にミニイベントがあるという話でしたので、傍聴席は市民の皆さんが大勢来ています。

しかしあいにくとこの日はベスパー首長とユー首長が所用で欠席、ブリテイン首長は消息不明、
ジェロームとスカラブレイは首長不在ということで首長は4名しかおらず、プププ、プレッシャーッ!

やがてゲートが開き、ブラックソーン陛下のご登場です。

wkkgov160828_01.jpg

King Blackthorn: 出迎え感謝する。
King Blackthorn: 座りなさい。
Vulcan(ミノック首長・以下役職省略): はいですじゃ
Orca(トリンシック首長・以下役職省略): はい
Takky(ムーングロウ首長・以下役職省略): はいっ
PonTaroh(ニューマジンシア首長・以下役職省略): ちょこん
King Blackthorn: ブリタニアの各街首長および市民諸君!
King Blackthorn: ようこそ参られた。
King Blackthorn: 今期の評議会は、9期第3回である。
King Blackthorn: 各街首長におかれては、3ヶ月経ったことで
King Blackthorn: 問題への対処がより具体化してきたと思う。
King Blackthorn: 王として、当評議会は首長及び各街市民がその問題に
King Blackthorn: 注視しながら、より考えを深化させる機会になれば幸いだと思う。

wkkgov160828_02.jpg

King Blackthorn: 私からの連絡事項だが、
King Blackthorn: 今夜はベスパー首長殿、ユー首長殿から欠席の連絡をいただいている。
Takky: 残念です
King Blackthorn: Lucia君は大切な知人が来られたために欠席するのことだ。
Vulcan: おお・・・
King Blackthorn: 諸君らも大切な用事で来られない場合があったとしても、それは仕方がない。
King Blackthorn: Gura君は各地の商業施設を視察しまわっているのことだ。
King Blackthorn: ベスパー首長であっても他の街へ心を配っている。
King Blackthorn: 心強い首長ではないかと私はそう思う。
Takky: そうですね!
Orca: はい

wkkgov160828_03.jpg

King Blackthorn: ……さて、
King Blackthorn: サー・ジョフリーから、イオドーンの谷における状況報告を受けている。
King Blackthorn: イオドーンの谷でKotlの古代都市と言われる古の都市があるのを発見したそうだ。
King Blackthorn: 詳細な分析はまだ出来ておらぬが、諸君らの中ではオートマタと言われるものの
King Blackthorn: レシピを入手している者もいるだろう。
King Blackthorn: ……オートマタと言われるものを直に見てみたいと
King Blackthorn: 私はそう思う。
Vulcan: おお
King Blackthorn: 細工師として私には、大変興味深いものであるからだ。
Takky: 私もまだ見たことがないです
King Blackthorn: ほう。
Vulcan: ワシもまだですが
Vulcan: レシピは手に入れましたわい
Orca: おお
King Blackthorn: おお、そうであったか。
King Blackthorn: 近いうちに見せて欲しい。
Vulcan: はいですじゃ!

King Blackthorn: さて、様々な技術がイオドーンの谷から入ってきている。
King Blackthorn: 古代都市で入手されたレシピに特殊素材が求められているという話を聞いている。
King Blackthorn: 通商担当によれば、特殊素材の需要が高まっているのことだ。
Takky: なるほどー
King Blackthorn: 先々から話し合われていたブローカーについて
King Blackthorn: この需要増の状況において、活用できないだろうか?
King Blackthorn: それらも含め、本会議ではそのように検討し合えれば、幸いだと思う。
PonTaroh: なるほぽん
Takky: 承知しました
Vulcan: ですのう~
Orca: はい

King Blackthorn: 連絡事項はまだある。
King Blackthorn: 二つの街では、首長が不在となっている件についてだ。
Takky: はい
King Blackthorn: 多忙のため、私の信任による任命は当面、見送らせていただく。
King Blackthorn: つまり、我こそは首長にと望む者は、
King Blackthorn: 来期の選挙を待っていただくことになるだろう。
King Blackthorn: もし、この場で我こそはと思っていた者はすまないが、了承して欲しい。
Takky: 次回は12月ですね
King Blackthorn: うむ。そうだな。
Orca: スカラブレイとジェロームが空席です
Vulcan: 皆さんの立候補をお待ちしてますぞい

King Blackthorn: ブリタニアでは、様々な出来事が起こりうる。
King Blackthorn: どのような出来事でも次第に大きくなることがありうるのだ。
King Blackthorn: したがって、各街首長及び市民は
King Blackthorn: それを、より注視しつつ、自分の役割を果たして欲しい。
King Blackthorn: 当評議会では傍聴客や市民に意見を請うことになるかもしれぬが、
King Blackthorn: 諸君は首長へ叱咤激励の心構えで支えになるように手助けして欲しい。
King Blackthorn: どうかね?
Takky: よろしくお願いします!
Vulcan: よろしくお願いしますわい
PonTaroh: おねがいしますぽん
King Blackthorn: 今夜は多くの人々が来ている。
Takky: 緊張しますっ
King Blackthorn: 首長への厳しい意見よろしく頼む。
King Blackthorn: ふふ。
Vulcan: ゴクリ
PonTaroh: (ぎゃーす)
Takky: お、おてやわらかに・・・




- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ニューマジンシア・PonTaroh首長の報告

wkkgov160828_04.jpg

King Blackthorn: では、始めよう。
King Blackthorn: では、ニューマジンシア首長殿!
PonTaroh: !?
King Blackthorn: よろしく、頼む。
PonTaroh: はいですぽん
Orca: (あっちからか…

(一同拍手)

PonTaroh: *ぺこり*
PonTaroh: みなさまおぽんばんは
PonTaroh: ニューマジンシア首長の狸ですぽん
PonTaroh: ご存じのとおりニューマジンシアは一度戦禍にあって焼け野原になった過去を持つ街ですぽん
King Blackthorn: うむ。
PonTaroh: ゼントに伝わるカチカチ山伝説を思い出すような惨状でしたぽん
Takky: それは自業自得な話では…
PonTaroh: ぎゃーす
PonTaroh: ごほん
PonTaroh: それはさておき
PonTaroh: その後質素ながら活気ある町ニューマジンシアとして
PonTaroh: ニューマジンシアとして再生しているのは皆様ご存じの通りで
King Blackthorn: ……ふむ。
PonTaroh: 現在は ブリタニアの海の中心点に位置する利点を生かして
PonTaroh: 中継貿易の拠点として発展しておりますぽん

PonTaroh: そのニューマジンシアにおける商取引の要となっているのが
PonTaroh: 街の中心部にある自由市場でして
King Blackthorn: うむ。
PonTaroh: そこで活躍してる特別な資格持ちの商人たちが
PonTaroh: ブローカーと呼ばれる仲買人ですぽん
PonTaroh: 従来彼らは資材を主に取り扱っていましたが
PonTaroh: 近年においてはブリタニアやその他の世界で捕獲できる 各種のペット魔獣なども
PonTaroh: 取り扱うようになっておりますぽん
Takky: そうですね
King Blackthorn: そうだな。
PonTaroh: ちなみに狸は売ってませんぽん
Vulcan: ガッハッハ!
Takky: 毛皮なら…?
PonTaroh: ぎゃーす
Orca: 毛…
Takky: (反応した
King Blackthorn: その前に消毒が必要だろうね。
King Blackthorn: ふふ。
PonTaroh: カツラ禁止
Vulcan: 消毒…!
Takky: ふふ

wkkgov160828_05.jpg

PonTaroh: そして 今しがた陛下より
PonTaroh: お話があった
PonTaroh: レシピなどの
PonTaroh: 知的財産の取り扱いについては
PonTaroh: 個人商店を預かるベンダー組合のりけ ごにょごにょ
King Blackthorn: ふむ。
King Blackthorn: 何かの結びつきが強いのかね?
PonTaroh: まあ 大人の事情によりブローカーで取り扱うのが難しい品目でしたが
Takky: ブリタニア経済界の闇・・・
King Blackthorn: なるほど。
King Blackthorn: そういう事情もあるのか。
PonTaroh: 現在ブローカーにおいても魔法のスクロールなどの書物は扱っているので
PonTaroh: いずれレシピなども扱えるようになると
PonTaroh: ブリタニアの冒険者 商人 職人 その他市民の皆様の利便性の向上に
PonTaroh: 役立つのではないかと考えておりますぽん
Takky: そうですね
King Blackthorn: ううむ…。
PonTaroh: これについては 首長の一存ではどうにもならないレベルの問題なので
King Blackthorn: うむ。
PonTaroh: ブリタニア商法の改正を望みますぽん
King Blackthorn: よろしいだろう。
PonTaroh: はいですぽん
King Blackthorn: うむ
PonTaroh: よろしくおねがいしますぽん

PonTaroh: 話は戻りまして
PonTaroh: ブローカー利用法についても
PonTaroh: 改めて広く告知する必要は感じておりますぽん
PonTaroh: 現行の法制度の範囲内でできるものだと
PonTaroh: 冊子やルーンを用いた告知宣伝が確実かと思いますが
Takky: ですね
PonTaroh: 皆様のお知恵を拝借したいですぽん
Vulcan: なるほどのう~
PonTaroh: 街の行政については以上ですぽん
King Blackthorn: うむ。

PonTaroh: あとは
PonTaroh: タヌジェラの内装イベントについては鋭意準備中ですぽん
PonTaroh: またあらためて告知しますぽん
King Blackthorn: ほほう。
PonTaroh: ニューマジンシアからは以上ですぽん
King Blackthorn: うむ。
PonTaroh: *ぺこり*

(一同拍手)

King Blackthorn: PonTaroh君、の言うとおり
King Blackthorn: 今の商法では様々な課題がある。
PonTaroh: はいですぽん
King Blackthorn: 私の方から通商担当に伝えておくとともに
King Blackthorn: 諸君らには何か良き案があれば、
King Blackthorn: 提案してくれると助かる。
PonTaroh: 商業の発展が目覚ましい証拠でもありますぽん
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: PonTaroh君、ありがとう。
PonTaroh: おそれいりますぽん



- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ミノック・Vulcan首長の報告

wkkgov160828_06.jpg

King Blackthorn: さて、次に行かせていただこう
King Blackthorn: では、ミノック首長殿!
Vulcan: はいですじゃあ!
King Blackthorn: よろしく頼む。


(一同拍手)

Vulcan: ミノック首長Vulcanですじゃ
PonTaroh: じいじすてき
Vulcan: ミノックのギルド契約は
Vulcan: 鉱夫共同体との契約のまま
Vulcan: 今後も続行してまいりますぞい
King Blackthorn: うむ。
Vulcan: そして水面下で進めている
Vulcan: 第1回細工のてっぺん大会にの準備のほうですが
King Blackthorn: ほほう。
Vulcan: この夏の暑さは
Vulcan: 年寄りにはこたえましてのう
Takky: あらー
King Blackthorn: うむ。
Vulcan: 今月はほとんど進んでおりませなんだ
King Blackthorn: そうか。
Vulcan: これから涼しくなってきますので
Vulcan: 今期中の開催には
Vulcan: 間に合うよう鋭意努力してまいりますわい
Takky: 楽しみにしています

Vulcan: ミノックの街についての報告は以上になりまして
Vulcan: 先ほどの話にあったブローカーの件
Vulcan: 現在ブローカーで扱うことの出来ない品目については
Vulcan: 各個人宅でのベンダー経営などでも対応できることもあり
Vulcan: ワシはこれに関してはそう急ぐほどの課題ではないと個人的には思っておりますわい
Vulcan: それよりも
Vulcan: ブローカーの利用方法についてですな
King Blackthorn: うむ?
Vulcan: 実はワシの身内にも
Vulcan: ニューマジンシアで旅人向けに
Vulcan: ペットブローカーを雇用している者がおりましての
Takky: おー
King Blackthorn: ほほう。
Vulcan: 今でこそ安定軌道に乗ってはおりますが
King Blackthorn: うむ。
Vulcan: 雇用の際には
Vulcan: やり方がよく分からない点も多く
Vulcan: 手探りでの雇用だったと申しておりましたわい
Takky: 私も詳しくは・・・
King Blackthorn: そうか…。

Vulcan: そこでワシの意見としましては
Vulcan: 先月ヴェスパー首長が話しておりましたとおり
Vulcan: ブローカー設置についての案内・手引書のようなものを
Vulcan: 首長連で相談しあって作成編集し
King Blackthorn: ほう……。
Vulcan: 王室広報担当官にも目を通していただいたのち
Vulcan: 陛下の許可を得て、ニューマジンシアの各所に
Vulcan: 設置することができればと考えておりますぞい
Takky: 大行商で配布するのもいいですね
Vulcan: おお、そうですのう
King Blackthorn: なるほど。

wkkgov160828_07.jpg

Vulcan: 市民の皆様方から
Vulcan: 寄せられる声なども反映して
Vulcan: 少しずつ改訂して
Vulcan: よりよいものを作っていければと思いますわい
Vulcan: ワシからは以上ですじゃ
King Blackthorn: ふむ……。
PonTaroh: さすがじいじ
PonTaroh: だてに歳くってないぽんね
King Blackthorn: Vulcan君、ありがとう。
Vulcan: ガッハッハ!

(一同拍手)

King Blackthorn: なるほど、
King Blackthorn: 案内を作り、設置か。
King Blackthorn: よき案ではあるな。
Vulcan: 恐れ入りますわい


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

ここでちょっとしたアクシデント?発生です。

wkkgov160828_08.jpg

King Blackthorn: 少々、問題が生じたのと
King Blackthorn: 王室広報担当官から連絡がたった今届いた
Vulcan: むむ?
Takky: おや
Orca: !?
PonTaroh: なんと
King Blackthorn: 10分ほど、
King Blackthorn: 席を外させていただくが
King Blackthorn: よろしいだろうか?
Takky: はいっ
Vulcan: 了解ですじゃ!
PonTaroh: はいですぽん
市民: いてらしー
King Blackthorn: 再開は22:40頃とさせていただく。
市民: *ざわざわ*
King Blackthorn: すまぬ。
Orca: わかりました
市民: かしこまりました
Orca: お気をつけて・・
Vulcan: 大きな問題ではいことを祈りますわい


そう仰って陛下はゲートでいったん退室されました。

wkkgov160828_09.jpg

間をもたせるために市民の皆さんに話しかけたり、コミクリの聞こえる範囲を調べたりしていると、
陛下が戻っていらっしゃいました。

大きな問題はなかったようで、評議会は再開されました。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆ムーングロウ・Takky首長の報告

wkkgov160828_10.jpg

King Blackthorn: では、ムーングロー首長殿!
Takky: はいっ
King Blackthorn: よろしく頼む。
Takky: 陛下、そして傍聴席の皆様こんばんは!
Takky: ムーングロウ首長Takkyですっ


(一同拍手)

Takky: それでは報告を始めます
King Blackthorn: うむ。
Takky: まず市政報告をさせていただいて
Takky: 続いてブローカーについて
Takky: 私見を述べさせていただきます
King Blackthorn: よろしく頼む。
Takky: はいっ
Takky: ではまず市政報告ですが
Takky: 私が就任以来取り組んでいる議案の
Takky: 「倭国活性化活動」について
Takky: お話したいと思います
King Blackthorn: ほほう。

Takky: 前回の評議会のあと、先月末から今月末にかけて
Takky: 倭国ではたくさんイベントが行われました
Takky: ご存じない方もいらっしゃると思うので
Takky: どんなイベントが行われたか挙げますね
Takky: 7月24日の「第36回倭国大行商inニュジェルムビーチ」
Takky: 7月30日の「倭・極 牧羊大会」
Takky: 8月6日の「倭・極 幽霊マラソン大会」
Takky: 8月20日の「レファレンス⑦」
Takky: 8月21日の「第26回トリンシック馬上槍大会」
Takky: 明日28日は「第37回倭国大行商inトリンシック騎士訓練所」
Takky: このように倭国では
Takky: 毎月たくさんのイベントが行われています
Takky: その楽しさを市民の皆さんにお伝えしようと
Takky: 「倭国首長通信」に参加レポートを書いているのですが
Takky: 皆さんご覧いただけましたでしょうか?
市民: はい
Takky: よかった
Takky: ありがとうございます!

wkkgov160828_11.jpg

Takky: 私自身楽しんでレポートを書いてますが
Takky: レポートを見た皆さんに
Takky: 「リワードアイテムが出ないイベントも面白そう!」
Takky: 「試しに今度覗きに行ってみようかな?」
Takky: なーんて思ってもらえたらしめしめ・・・
Takky: みたいな下心もあったりしますが、ヒミツです!
Vulcan: ガッハッハ!
Takky: 王室広報官殿や倭国首長メンバーが行っている活動を
Takky: こんなアプローチでお手伝いすることで
Takky: 倭国がもっと元気で!
Takky: もっともっと活発なシャードになるように
Takky: 応援してたいと思っているのですが
Takky: それには市民の皆さんのご協力が不可欠です!
市民: ^^
Takky: 倭国が今以上に賑やかで楽しいシャードになるよう
Takky: 私たちも一生懸命イベントやアイデアを考えて
Takky: 精いっぱい努力しますので
Takky: みなさんも一緒に盛り上げてくださいねっ
Takky: よろしくお願いします!
Vulcan: よろしくですじゃあ
King Blackthorn: そうだな。

Takky: さて続いて・・・
King Blackthorn: うむ。
Takky: ブローカーについて私見を述べさせていただきます
Takky: 購入する立場としては
Takky: ベンダー検索機能に慣れたせいか
Takky: どのブローカーが何を売買しているか
Takky: 分かりづらいのが気になりました
King Blackthorn: ふむ。
Takky: 常に変動する販売品リストを
Takky: どこかでまとめて更新し続けるのは
Takky: ちょっと現実的ではないと思います
Takky: そこで提案なのですが
Takky: 先ほどポン太郎首長も仰っていましたが
King Blackthorn: うむ。
Takky: 店主さんがブローカーの前で焼いたルーンを
Takky: 銀行など置いて宣伝するのはどうでしょうか

Takky: この方法は特売ベンダーの宣伝などで
Takky: 今も見かけますが
Takky: ブローカーでやっている方は
Takky: あまりいないように思いました
Takky: ルーンと共に販売品を書いた本も置いたりすれば
Takky: 「そんなものも売っているんだ」と
Takky: 見に来てくれるお客さんがいるかもしれませんよ!
King Blackthorn: なるほど
Vulcan: なるほどのう~
Takky: ・・・私からの報告は以上です
Takky: ありがとうございました!


(一同拍手)

King Blackthorn: ふむ。
King Blackthorn: Takky君は個々の努力によるものも
King Blackthorn: 大事だということを述べているのかね?
Takky: はい
King Blackthorn: なるほど。
Takky: システムで対応できない部分は
Takky: 今できることで対応しましょう
Takky: という意見です
King Blackthorn: そういうことか。
Vulcan: 創意工夫で対応できることもまだまだあるということですな
King Blackthorn: その通りだな。
Takky: そうですね!
King Blackthorn: Takky君、良き指摘をありがとう。



- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

◆トリンシック・Orca首長の報告

wkkgov160828_12.jpg

King Blackthorn: さて、最後になるが
King Blackthorn: Orca君
King Blackthorn: 大丈夫かね?
Orca: はい!
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: では、トリンシック首長殿!
King Blackthorn: よろしく頼む。
Orca: はい
Orca: みなさまこんばんは
Orca: トリンシック首長のオルカです


(一同拍手)

Orca: 私もまずは市政報告をさせていただき
Orca: 続けてブローカーに関する意見を述べさせていただきます
Orca: では市政報告ですが
King Blackthorn: うむ。
Orca: トリンシックでは
Orca: 今月は2件の催しを行います
Orca: うち1件は先週開催いたしました
Orca: 第26回・トリンシック馬上槍試合
Orca: 私自身も出場して
Orca: 総勢12名による大会となりました
King Blackthorn: うむ。
Orca: この大会を通じて
Orca: 今後もトリンシックが騎士の街であることを
Orca: ブリタニア市民の皆様に伝えていこうと思います
Vulcan: 王室広報担当官も観覧にまいられてましたのう
Orca: ありがたいことです
King Blackthorn: そのように聞いている。

Orca: 2件目は
King Blackthorn: うむ。
Orca: 明日開催される
Orca: 倭国大行商です
Orca: 行商、と名がついていますが
Orca: 物品の売買のみならず
Orca: 雑談や
Orca: 何かしらの助力を求めたいなど
Orca: あらゆるコミュニケーションの場であるとお考え下さい
Takky: そうですね
Orca: とくに売買するものがない方も
Orca: お時間に余裕がありましたら
Orca: ぜひ足を運んでみてください

Orca: こちらの会場は
Orca: 普段トリンシックでの催しに使われる
Orca: 港前のマーケットプレイス…ではなく
King Blackthorn: ほう?
Orca: 騎士訓練場前に設定させていただきました
Orca: というのも
Orca: 騎士訓練場には
Orca: ケイン教官がいらっしゃいます
King Blackthorn: ほう…。
Orca: ケイン教官については先月の評議会で話題にあげましたが
Orca: ながらくトリンシックで
Orca: 騎士や衛兵の新兵たちの指導を行っている方です
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: そのことについて、
Orca: はい
King Blackthorn: この直後に行われる式典で
King Blackthorn: ロイヤルガードを任命し、かの者を
King Blackthorn: トリンシックに派遣しようと考えている。
Orca: おお
Takky: わー
市民: おお
Orca: 先月の議会でロイヤルガードを視察に送ってくれるという話でしたが
Orca: 今日なのですね
King Blackthorn: うむ。
Orca: ありがとうございます!
King Blackthorn: Orca君には頼みたいことがあるが、
King Blackthorn: 聞いてくれるかね?
Orca: はい
Orca: なんなりと!
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: ロイヤルガードといっても
King Blackthorn: 新任だ。
Orca: なんと
King Blackthorn: トリンシックに訪問するとしても、道に迷うことはあるだろう。
Orca: 広い街ですからね
King Blackthorn: Orca君、案内役を頼めないだろうか?
Orca: はい
Orca: 謹んでお受けいたします
King Blackthorn: それはよかった。

wkkgov160828_13.jpg

Orca: …話を戻しまして
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: 続けなさい。
Orca: 市政報告の続きですが
Orca: そういうわけで
Orca: せっかくの機会なので
Orca: 皆様にもケイン教官のいる騎士訓練場を見ていただこうと
Orca: 大行商の場に設定いたしました
Vulcan: なるほどのう~
King Blackthorn: なるほど。
Takky: 明日はルナに会場への直通ゲートも設置されますよっ
Vulcan: それは便利ですな!
Orca: ほかにも図書館やアンクのある場所なので
Orca: 観光にもよろしいかと思います
Orca: ぜひお越しください!
Orca: 市政報告は以上です
King Blackthorn: うむ。

Orca: 続きましてブローカーに関する意見ですが
Orca: 冒頭に陛下からお話の合った
Orca: 古代都市のレシピによる特殊素材の需要増
Orca: これに対応するには…
Orca: 残念ながら難しいかと思います
King Blackthorn: ふむ。
Orca: 特殊素材といえば、具体的には
Orca: ヴァロライトなどの希少なインゴットかと思いますが
Orca: これらは以前より需要が供給を上回っており
Orca: 安定して販売されることはほとんどなかったように思います
King Blackthorn: ほう。

Orca: そこで私としては
Orca: 直接的にこの需要増にこたえられるわけではないのですが
Orca: せめて供給量が少しでも増すように、と
Orca: ブローカーの特色であるペットの売買を通じて
Orca: 採掘氏の皆さま向けに
Orca: ファイアビートルの販売を行おうと思います
Vulcan: ほうほう
Orca: 100~1000gpの格安値でおいてありますので
King Blackthorn: ほほう。
Vulcan: 破格値じゃのう!
Orca: 採掘氏の方で
Orca: 相方となるビートルをお求めの方は
Orca: ぜひブローカーを探してみてください
King Blackthorn: ふむ。
Orca: 私からの報告は以上です


(一同拍手)

King Blackthorn: なるほど。
King Blackthorn: 直接的な支援が出来ない者は間接的に支援を行うことで
King Blackthorn: 復興をということか。
Orca: はい
King Blackthorn: Orca君らしい案だね。
King Blackthorn: Orca君、ありがとう。
Orca: ありがとうございます


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

King Blackthorn: さて、時間も押し迫っているゆえ本日は閉会とする。
King Blackthorn: 来月の評議会は9/10(土)を予定している。
King Blackthorn: 変更があるならば、王室広報担当官を通して連絡させていただく。
Takky: はいっ
Vulcan: はいですじゃあ
Orca: はい
King Blackthorn: それと、王室広報担当官から連絡があった。
King Blackthorn: ここに居られる首長殿に相談があるのことだ。
King Blackthorn: 時間があれば、イベント後、城前に来て欲しいそうだ。
Takky: 承知しました
Vulcan: 了解ですじゃ
Orca: わかりました

King Blackthorn: さて、
King Blackthorn: 後ほど、開催される式典に出る予定がある者は
King Blackthorn: 上の階へ移動し、玉座の前で待って欲しい。
King Blackthorn: なお、武装は必要ない。武器を下ろしなさい。
King Blackthorn: わかったかね?
Takky: はいっ
Vulcan: はいですじゃあ

wkkgov160828_14.jpg

King Blackthorn: 各街首長におかれては街の一層の発展のために、
King Blackthorn: 市民諸君におかれては首長を助け、
King Blackthorn: ぜひとも、積極的に市政に参加してもらいたい。
King Blackthorn: 以上だ。
King Blackthorn: ブリタニア万歳!
Atara: ジークブリタニア!
Vulcan: 陛下バンザイですじゃああ
PonTaroh: ばんざい
Takky: ごきげんよう陛下
Orca: バンザイ!
Mansemat: 陛下万歳!ブリタニア万歳!
Arun: ばざー
cariban: wkk ! wkk!
Araster Spear: ばんざーい


wkkgov160828_15.jpg

この日のゲートは、外への扉近くに通じていました。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

コットンやコーヒーを片付けた後、階上の玉座の間に移動しました。

wkkgov160828_16.jpg

玉座を挟んで並んで待っていると、フルプレート姿の女性がやってきました。

wkkgov160828_17.jpg

Ashley the Britannian: 陛下!
Ashley the Britannian: サー・ジョフリーの命により
Ashley the Britannian: アシュリー!陛下の御前に参りました!
King Blackthorn: うむ。待っていたぞ
Vulcan: おお
Orca: レディ…!
King Blackthorn: ……ふむ?
King Blackthorn: その身なりは……。
King Blackthorn: サー・ジョフリーから何か言われていないのかね?
Ashley the Britannian: ハッ。
Ashley the Britannian: その点につきまして、サー・ジョフリーから、陛下へご報告がございます。
King Blackthorn: うむ。申してみよ
Ashley the Britannian: “この件は陛下からお伝え頂きたい”とのことでした。
King Blackthorn: そうか……
King Blackthorn: ククッ、実に彼らしい
King Blackthorn: さて、アシュリーよ
Ashley the Britannian: ハッ!
King Blackthorn: どうやら、サー・ジョフリーは私の言葉で君に伝えさせたいらしい
King Blackthorn: 彼らしい配慮だ

wkkgov160828_18.jpg

King Blackthorn: アシュリーよ
King Blackthorn: 君をロイヤルガードの任に就かせることにした
Ashley the Britannian: ……!!
King Blackthorn: まずは、その装備を着替えてきなさい
Ashley the Britannian: ハッ!ありがとうございます!
Ashley the Britannian: 失礼いたします。
King Blackthorn: うむ
Vulcan: アシュリーさんにはまだ知らされておらんかったんじゃな
Takky: サプライズ就任だったんですね
Vulcan: さぞ驚いたじゃろのう
King Blackthorn: うむ、ジョフリー殿より伝えてもらうつもりだったが
King Blackthorn: 私からのほうが相応しいと
King Blackthorn: そういう心遣いのようだな
Vulcan: 粋な計らいですな
Orca: 生着替え…ではなかった…!
Takky: Orcaさん・・・


wkkgov160828_19.jpg

やがてロイヤルガードの正装に身を包んだAshleyさんが戻ってきました。

Ashley the Royal Guard: ブラックソーン王陛下!
Ashley the Royal Guard: このアシュリー、準備が整いました!
Ashley the Royal Guard: 何なりとお申し付けください!


wkkgov160828_20.jpg

(一同拍手)

King Blackthorn: うむ。これで君はロイヤルガード隊の一員となった
King Blackthorn: そして、私は君に命じる
Ashley the Royal Guard: ハッ!
King Blackthorn: 私はここにいる各街首長および市民の意見を聞くことは出来るが、
King Blackthorn: 実際に行動に移すことは難しい場合もある
King Blackthorn: ……よって、君が私の名代として、彼らを支えてやって欲しい。
Ashley the Royal Guard: ハッ!
King Blackthorn: ……まずは、ロイヤルガードとは何であるかを先達から
King Blackthorn: 教えを受けねばならぬと思う。
King Blackthorn: しかし、君はこの場をもって正式なロイヤルガードとなった
King Blackthorn: これは、王室への忠誠を誓う者となったということだ
King Blackthorn: 私からは……以上だ
Ashley the Royal Guard: ハッ!
King Blackthorn: 何か、知りたいことはあるかね?
Ashley the Royal Guard: いえ、ロイヤルガードは陛下の言葉を信ずるのみです。
King Blackthorn: よろしいだろう。
King Blackthorn: さて、アシュリーよ。よろしく頼む。
Ashley the Royal Guard: ハッ!
King Blackthorn: ……では、私は戻るとしよう。


そう言って陛下はゲートで去っていきました。

その後Ashleyさんは居並ぶみなさんに丁寧に挨拶をして回ります。

wkkgov160828_21.jpg

瞬間移動のように目にもとまらぬ速さで移動する様は、さすがロイヤルガードです(笑)

Ashley the Royal Guard: 皆さん、初めまして。
Takky: Ashleyさん、よろしくお願いします!
yappy: はじめましてー
royal family: こんにちはー
Ashley the Royal Guard: アシュリーと申します。
Orca: こんばんは!
Resia: おめでとうございます
Vulcan: よろしくですじゃあ!
royal family: こんばんわー
Ashley the Royal Guard: 皆さん、初めまして。
Ashley the Royal Guard: アシュリーと申します。
Orca: あれは…縮地…!
Ashley the Royal Guard: 今後、よろしくお願いします。
Orca: つよい
Ashley the Royal Guard: 今後、よろしくお願いします。
Orca: こちらこそ!
Takky: よろしくお願いします!
yappy: よろしくお願いしまーす
Vulcan: こちらこそですじゃ!
cariban: よろしくですー
royal family: よろしく頼む
Babooshka: よろしくお願いします
Resia: おねがいいたします
Ashley the Royal Guard: それでは、先達から教えを受けに行かねばならないため、
Ashley the Royal Guard: ここで失礼いたします。
Ashley the Royal Guard: また、お会いしましょう!
Orca: 先達とは・・
Vulcan: ロイヤルガードの先輩たちじゃな
Vulcan: またのう~~
Orca: は、はい
yappy: お疲れ様ですー
Orca: おつかれさまでした
Vulcan: おつかれさんでしたのう
Orca: ケイン教官への案内はまた今度か…
Vulcan: ですな
Orca: ちょっとそわそわし過ぎてしまった…!
Resia: あはは
Takky: ふふ
Vulcan: ガッハッハ!

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

その後、城の前の橋でEMうのさんと合流です。

wkkgov160828_22.jpg

そして次回の評議会やミニイベントに向けてヒアリングなどを行うため、場所を変えて打合せです。

wkkgov160828_23.jpg

ここは先日のイベントで使った場所!

しばらくイベントの方向性などについて意見交換をした後、戻ってきました。

wkkgov160828_24.jpg

EMうのさんが炎に包まれながらポン太郎さんを追い回すお茶目な一面を見せつつ、解散となりました。

というわけで今月は首長4名での評議会でしたが、市政報告に加えてブローカーへの言及や、Ashleyさんの就任式など、
いつもより長時間の評議会となりましたね。

もしフルメンバーだったらきっと朝までかかっていたに違いないので、少人数でよかったよかった・・・

と、いうことにしておきます!(笑)


2016.08.28

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス