倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



「レファレンス⑥ -“エルザの愛と初花(ういばな)”-」参加レポート
6月25日(土)に行われた「レファレンス⑥ -“エルザの愛と初花(ういばな)”-」の参加レポートです。

集合場所のブリタニア図書館で待っていると、ルネさんがやってきました。

Rene the Librarian: 冒険者のみなさん、こんにちは。
Rene the Librarian: 来てくれてありがとうございます。
Rene the Librarian: 今日からレファレンス再開よ!
Rene the Librarian: って、言いたいところだけど、最初の依頼者がElsa(エルザ)なのよね。
Rene the Librarian: みんな、エルザのこと知っているよね?

wkkgov160626_01.jpg 

wkkgov160626_02.jpg

集まった冒険者たちから「シスコンな子」とか「お姉さまな子」という声が上がります。

Rene the Librarian: そう、その子よ。

ルネさんもそーゆー認識なんですね(^▽^;

Rene the Librarian: どうも、いい肥料について知りたがっているそうだわ。
Rene the Librarian: これって3ヶ月ぐらい前にみんなが集めてきてくれた種のことかしら?
Rene the Librarian: うーん

そこへエイドリアンさんがやってきます。

wkkgov160626_03.jpg

Adrian the Librarian: ルネ君、どうかしたのかね?
Adrian the Librarian: レファレンスのことなら、副館長の命だから仕方がない。
Adrian the Librarian: しかし、危険なところはダメだぞ!
Rene the Librarian: 相変わらず、うるさいおっさんね。
Rene the Librarian: ……で、この依頼だけど、心当たりある?
Adrian the Librarian: ……。
Adrian the Librarian: おっさんはともかく……まずは、依頼を見せなさい。
Adrian the Librarian: どれどれ……?
Adrian the Librarian: これって数ヶ月前、ベスパーで花屋を営んでいる方から聞いたことかな?
Adrian the Librarian: あれは“想い花”の話だったと思うんだが……。
Adrian the Librarian: そうか、あのエルザちゃんが集めていたのはこれだったんだね。
Rene the Librarian: なるほど。
Rene the Librarian: ……エルザは何をしようとしているのかしら?
Rene the Librarian: まあ、危険なことでは無いと思うけど、
Rene the Librarian: “お姉さまへの肥料を探しています!!”だけじゃ、
Rene the Librarian: どうしようも出来ないわよ!
Rene the Librarian: ……取り敢えず、エルザを探さないとだわ。

wkkgov160626_04.jpg

Adrian the Librarian: ルネ君
Rene the Librarian: 何よ?
Adrian the Librarian: ………。
Adrian the Librarian: 危険なところには行かないと思うが、くれぐれも気をつけるんだぞ
Adrian the Librarian: それに!
Adrian the Librarian: ボクは今回、何もしないぞ!
Adrian the Librarian: 絶対に何もしないぞ!
Rene the Librarian: ……?
Rene the Librarian: おっさんにこれまで頼んだことは一度もないわ?
Adrian the Librarian: ………。
Rene the Librarian: ……おっさん、邪魔になっているわよ。
Adrian the Librarian: ………。
Adrian the Librarian: ……我慢、我慢!
Rene the Librarian: むしろ、おっさんがいると状況が悪化しているように思えるわ。
Adrian the Librarian: うぐ!!
Rene the Librarian: 本当に邪魔よ?
Adrian the Librarian: ……うぐぅ!!
Adrian the Librarian: で、でも!ルネ君。それでもボクはキミを止めなければならなかったんだ!
Adrian the Librarian: ……しかし、今回は何もしないぞ!
Adrian the Librarian: 絶対にだ!
Adrian the Librarian: *ハァハァ*
Rene the Librarian: このおっさんと話している分だけ、無駄な時間が過ぎていくわ。
Rene the Librarian: じゃあ、さっさとエルザを探しに行きましょう。
Adrian the Librarian: い、いやあの……
Adrian the Librarian: ……フゥ、心配だけど、
Adrian the Librarian: みんな、気をつけていくんだぞ!
Adrian the Librarian: ボクは何もしないぞ!
Adrian the Librarian: いいな!


相変わらずエイドリアンさんに厳しいルネさんと、何かのフラグを立てまくるエイドリアンさんです(^▽^;


それからエルザさんを探してライキュームに移動しました。

しかし寄宿舎にエルザさんの姿が無かったので、ライキュームにいた学生に聞いてみることにしました。

wkkgov160626_05.jpg 

wkkgov160626_06.jpg

Rene the Librarian: ねえ、あなた。エルザって子知らない?
Aerial the Student: はい。何でしょう……。エルザさんのお知り合い?
Rene the Librarian: 知っているのね? 彼女は、どこいったの?
Aerial the Student: え、えと……。先ほど、お姉さまのエデンに行ってきますわ!とか言ってどこかへ……。
Rene the Librarian: ………エデン?
Rene the Librarian: ……?
Rene the Librarian: どこのこと……?
Aerial the Student: 何か、手紙を見てすぐ出て行ったもので……。
Aerial the Student: “お姉さま!お姉さまのもの、香りでごゆっくりしますの!”とか……。
Rene the Librarian: 私のもの……?
Rene the Librarian: 私の香り……?
Rene the Librarian: ………?


wkkgov160626_07.jpg

この情報に若干引き気味の冒険者一同(笑)

Rene the Librarian: ……あ。
Rene the Librarian: もしかして、あそこにいるの?
Rene the Librarian: ……どうやってあの子が、知ったのかは分からないけど、相変わらずね。
Rene the Librarian: あの子の居所の予想はついたわ。
Rene the Librarian: ちょっと待って、ゲート出すわ。


そう言って出されたゲートをくぐると、前回の冒険で行った図書館地下のルネさんの私室に到着しました。

部屋の中にエルザさんの名前が見えます。

冒険者に少し待っていてほしいと言って、ルネさんが中に入っていきました。

やがて中から声が聞こえてきます・

<27649456>Elsa the Student: あぁ~!!お姉さまの香り!!
<27649456>Elsa the Student: うぅ~ん!まさにお姉さまがここにいるようだわ!
<27649456>Elsa the Student: ずっとここにいたいわぁ……!
<30196675>Rene the Librarian: エルザ!いい加減にしなさい!
<27649456>Elsa the Student: お姉さま!?
<27649456>Elsa the Student: ……いえ!!
<27649456>Elsa the Student: これは夢よ!!
<27649456>Elsa the Student: これが夢なら私の欲望をお姉さまに!!
<27649456>Elsa the Student: おねえさまああああああああああああああ!!


エルザさんは相変わらず元気なようです。

<30196675>Rene the Librarian: はいはい。目を覚ましなさい。
<30196675>Rene the Librarian: 覚まさないとあなたとは絶交よ。
<27649456>Elsa the Student: *ハッ*
<27649456>Elsa the Student: 本物のお姉さま……?
<27649456>Elsa the Student: なぜ、ここに!?
<27649456>Elsa the Student: ……そんなことより、お姉さまだわ!!
<27649456>Elsa the Student: きゃー!!本物のお姉さま!!
<30196675>Rene the Librarian: 喜ぶのはいいから、まずは部屋を出なさい。
<27649456>Elsa the Student: はい!いま出ます!!


wkkgov160626_08.jpg 

wkkgov160626_09.jpg

部屋の外に出てきたエルザさんは集まった冒険者に驚きますが、事情を話してくれるようです。

Elsa the Student: みなさま、お久しぶりです。
Rene the Librarian: 全く、この子は散らかして……。後で片付けないとだわ。
Rene the Librarian: で、エルザ。
Elsa the Student: はい!お姉さま!!
Rene the Librarian: 今回の依頼をしたのは、エルザよね?
Rene the Librarian: ……肥料を探しています、じゃ分からないわよ!
Rene the Librarian: もう少し詳しく話してみなさい!
Elsa the Student: ……え?
Elsa the Student: ……
Elsa the Student: お姉さまが担当でして?
Elsa the Student: エイドリアンさんにお願いしようと思っていたのですが……?
Rene the Librarian: レファレンス担当は、先月から、私よ。
Rene the Librarian: ……で、肥料はなんの?
Elsa the Student: え、えーと……。
Elsa the Student: あ、その!お姉さま!一番いい肥料を探して欲しかったんですの!
Elsa the Student: 育てていたお花が咲かなくて……ゴニョゴニョ……
Rene the Librarian: ……あなた、何か隠していない?
Rene the Librarian: それと、その花?をちょっと見せなさい。
Elsa the Student: お姉さま、ごめんなさい。今持っていないんですの……。
Elsa the Student: エイドリアンさんには、種について調べていた時からお世話になっていまして、
Elsa the Student: あの方なら分かると思っていて、相談しようと思っていましたの……。
Elsa the Student: 多分、エイドリアンさんがその資料をまとめていたと思いますので
Elsa the Student: “想い花“の肥料について、確認して頂けませんかしら?
Rene the Librarian: ……。
Rene the Librarian: ……分かったわ。


wkkgov160626_10.jpg

以前行われたオラクルイベントで入手した花のことですね。

Elsa the Student: でも……、ビックリしましたわ!
Elsa the Student: エイドリアンさんからのお手紙で
Elsa the Student: お姉さまが図書館地下に自室を作って籠もっていたと聞いて
Rene the Librarian: *ピク*
Elsa the Student: 私のエデンでもあるここへ……やって来たのです!
Rene the Librarian: 今、なんて言ったの?
Elsa the Student: え
Rene the Librarian: おっさんがあなたに手紙ですって?
Elsa the Student: ええ
Elsa the Student: お姉さまのことを確認しようとして、私に連絡を下さったんです。
Elsa the Student: 例えば、仕事上のこととか……?
Rene the Librarian: ……そう。分かったわ。
Rene the Librarian: ちょっと、待ってなさい。
Elsa the Student: あ、あの…?
Rene the Librarian: みんなもここで待っていてね。聞いてくるわ。
Elsa the Student: 行ってしまいましたの……

エイドリアンさんはこれから「口は災いの元」ということわざを身をもって体験することでしょう・・・

Elsa the Student: 改めて!
Elsa the Student: 皆さん、お久しぶりです!
Elsa the Student: 数ヶ月前、集めていただいた種ですが、
Elsa the Student: あと少しで開花しそうなのに問題がありまして……。
Elsa the Student: 皆さん、こちら見てもらえます?


そう言ってテーブルに鉢植えを乗せます。

Elsa the Student: ……白くなってますでしょ?
Elsa the Student: これは白化しているんですの。
Elsa the Student: これは、肥料を与えないと起きるそうですわ
Elsa the Student: でも、この花には普通の肥料では……
Elsa the Student: 全然効かなくて、どうしようもないんですの。
Elsa the Student: 最後の手としてエイドリアンさんに頼もうかと思っていたのですが、
Elsa the Student: お姉さまが復帰されたということは……すっごく気まずいですわ!
Elsa the Student: これはお姉さまへのプレゼントですから…!
Elsa the Student: 皆さん、お願いがあります!
Elsa the Student: このことはお姉さまには内緒にした上で、肥料を見つけていただけませんかしら
Elsa the Student: お姉さまには、このお花が開いたあとにお話ししますわ。


そんな話をしていると、部屋の入口にあるインターホン?から声が聞こえてきました。

: ガーガー
Elsa the Student: ?
: Rene: おっさん。
Elsa the Student: ……あら?
Elsa the Student: 何か聞こえますわ。
: Adrian: ……ルネ君。おっさんはやめなさいと何回言えば分かるんだ……?
Elsa the Student: *耳を澄ます*
: Rene: そんなことよりもさっき、言っていた想い花の資料知らない?
: Adrian: 資料?
: Adrian: それなら、あの棚にあるよ。
: Rene: あら、集めていたのね?
: Adrian: そりゃあ、ルネ君。キミがレファレンスを休止している間は
: Adrian: ボクがその処理をしていたんだからな……!
: Rene: ……それとエルザにあの部屋のこと教えたわね?
: Adrian: ……? それが何か……?
: Rene: …あそこは私のプライベートルームよ。
: Adrian: いや、だからなんで、そのバットを出す!
: Rene: 意味わからない? 女性の秘密を軽々と話したからよ。
: Adrian: 分かりたくないよ!そんなの知らないよ!
: Rene: 問答無用!
: *ゴスッ*
: *ドカッ* *ブチ*
: ガーガー
Elsa the Student: あら……音が途切れてしまいましたの……


wkkgov160626_11.jpg

こうなることはイベントが始まる前から分かっていましたが、エイドリアンさん、強く生きて!

Elsa the Student: ………お姉さまは相変わらずですわ!
Elsa the Student: どんな時でも知識のために無謀なことをするのも変わりませんの
Elsa the Student: ……あのとき、私が学校に入ったとき、お姉さまはいつも図書室に籠もっていて
Elsa the Student: その時の私は奇異な目で見ていたのですわ。
Elsa the Student: でも、私が暴漢に襲われたとき、お姉さまが……。
Elsa the Student: 知識と暴力で圧倒的にコテンパンにしてくれましたの!!
Elsa the Student: あの時、お姉さまに助けられてから……
Elsa the Student: 私はお姉さまのことしか考えられなくなりましたわ!
Elsa the Student: 私はお姉さまがいないと生きていけないのかもしれませんわ!
Elsa the Student: だって私、お姉さまへ恋しているんだもの。
Elsa the Student: あ。話を戻しますわ!!
Elsa the Student: この花はお姉さまに知られる前に解決しなければいけなかったんですの
Elsa the Student: 冒険者の皆さん、このことはどうか内緒にして下さいませ!!


そう言って鉢植えの花を隠したところにルネさんが帰ってきました。

Rene the Librarian: エルザ、お待たせしたわ。

wkkgov160626_13.jpg

なんか手に持ってるモノに赤いものが付いているのですが・・・(^▽^;

Rene the Librarian: これが例の肥料についてだけど、あなたは来たらダメよ。
Elsa the Student: ええええ!?
Elsa the Student: なんでですの!?
Elsa the Student: なんでですの!?
Elsa the Student: お姉さまと一緒ならどこでもいきますわ!!
Rene the Librarian: 違うのよ!
Rene the Librarian: 危険なところだから、あなたにはムリよ。
Elsa the Student: そんなあ……
Rene the Librarian: 今から、説明するから落ち着いて聞きなさい。
Elsa the Student: はい!
Rene the Librarian: 肥料といっても色々あるのよ。
Rene the Librarian: ただ、あのおっさんはどの肥料なら効果があるかをちゃんと調べていたみたいだわ。
Elsa the Student: *ふむふむ*
Rene the Librarian: このレポートによると、植物、甲殻類、菌とか色々あるけど、
Rene the Librarian: 最も効果的なのは血だそうよ。
Rene the Librarian: 知らない?血って肥料になるのよ。
Rene the Librarian: ……おっさん。ちゃんとやっていたのね。
Elsa the Student: ほおおお、知りませんでしたの…
Rene the Librarian: で、その血は獰猛な生物で、より、純度が高いものが必要そうよ。
Rene the Librarian: それが何かと想像つく?


wkkgov160626_14.jpg

冒険者から色々意見が出ます。

どうやらドラゴンの血が一番効果があるそうです。

Rene the Librarian: なので、あなたたちは上に戻ったら、各自でDestardに向かってくれない?
Rene the Librarian: あそこなら、沢山とれると思うわ。
Rene the Librarian: そして、エルザは……。
Elsa the Student: はい!
Rene the Librarian: ああ、もう!
Rene the Librarian: ………私と一緒に行きましょう。
Elsa the Student: はい!!!お姉さまとデート!
Elsa the Student: きゃー!デート!デート!
Elsa the Student: きゃー!デート!デート!
Rene the Librarian: ……ということでみんな分かった?
Elsa the Student: うふふふふふふ!
Rene the Librarian: 私たちは肥料に必要なものを調達してくるから、
Rene the Librarian: あなたたちは各自でDestardに向かって、ドラゴンを狩ってきてくれないかしら?
Rene the Librarian: 死体の血の採取は私がするわ。
Rene the Librarian: そうね。多分、1階層だけで足りると思うかしら?
Rene the Librarian: 私も後から行くから、1階層のエリアで待っていてね。


というわけで舞台はダスタードに移りました。

wkkgov160626_15.jpg

ダスタードに入ると、そこにはどぎつい色のドラゴンがたくさんいました!

wkkgov160626_16.jpg

強ドラゴンよりHPがあって、範囲毒をまき散らすドラゴンもいます。

しかし多勢に無勢ですべて倒すことができました。

すると銀色の巨大なドラゴン「Dying Dragon」が現れて、ふらふらと歩き回っています。

wkkgov160626_17.jpg 

wkkgov160626_18.jpg

このドラゴン、なぜかHPが真っ赤で今にも死にそうです。

Dying Dragon: *ゼェゼェ*
Dying Dragon: なんだお前らは……。
Dying Dragon: さっきの変な血吸い蜘蛛に襲われたと思ったら、今度はヒトか!!
Dying Dragon: あの蜘蛛はちょっとだけだから!ちょこっとだけだから!とか言って
Dying Dragon: 血を吸ってきやがった……!
Dying Dragon: お前らもそんな気持ち悪いことをするなら、許さん!!


蜘蛛というと前回図書館の地下で会った大蜘蛛が思い出されますが・・・

詳しく話を聞く前に、ドラゴンが襲い掛かってきました!

wkkgov160626_19.jpg

スラッシャー系の硬直&炎継続ダメージ攻撃に加え、頻繁にテレポート?して姿をくらまします。

そんなわけで少し時間はかかりましたが、やはり多勢に無勢で退治することができました。

大物を退治したことを伝えるとルネさんがやってきました。

Rene the Librarian: あら、沢山狩ったわね。ちょっと採取して調合するわ。
Rene the Librarian: こう見えても学校時代に調合もしていたのよ。
Rene the Librarian: ……あれ?
Rene the Librarian: エルザは……?
Elsa the Student: お姉さまぁぁぁぁぁぁぁ!
Rene the Librarian: あら、エルザどこに行ったのかしら。
Elsa the Student: お姉さま!!
Elsa the Student: ここでしたか!!
Rene the Librarian: ちょっと、離れたらダメってさっき言ったでしょ。
Elsa the Student: はい!ごめんなさいですの!!
Elsa the Student: ……肥料は出来ましたの?
Rene the Librarian: あ、丁度出来たわ。
Rene the Librarian: ………これ、渡しておくわ。お花に必要なんでしょう?
Elsa the Student: はい!あ、これだけですの?
Rene the Librarian: さっき言っていた残りの花の分なら、残りは調合しないといけないわ。
Rene the Librarian: エルザも魔法使えるでしょ。先に図書館へ帰ってなさい。
Elsa the Student: はい!
Elsa the Student: (………皆さん、別の場所に移動しますわよ。)
Rene the Librarian: 何か言った?
Elsa the Student: いいえ!お姉さまも終わり次第ゲートに入って下さいね。
Rene the Librarian: ええ。分かったわ。
Elsa the Student: ちゅっ!


エルザさんの出してくれたゲートに入ると、そこには・・・

wkkgov160626_20.jpg

一面の花畑でした!

1つ1つに配達したプレーヤーの名前が付いています。

その後少し離れたところに移動して、早速肥料をあげてみました。

すると花の色が変わりました。

wkkgov160626_21.jpg 

wkkgov160626_22.jpg

Elsa the Student: これが、私がお姉さまに捧げる花ですの……?
Elsa the Student: なんて光り輝く綺麗なお花……。
Elsa the Student: ……残りはあそこにある花たちに……。
Elsa the Student: お姉さまが来るのを待つだけですわね。
Elsa the Student: うふふふ


突然、巨大な蜘蛛が現れて鉢植えの花の匂いを嗅ぎだしました。

wkkgov160626_23.jpg 

wkkgov160626_24.jpg

Big Spider: *クンクン*
Elsa the Student: えっ
Big Spider: *クンクン*
Elsa the Student: !!
Elsa the Student: ヒィ!
Big Spider: この花吸っていい?


やはり前回登場した大蜘蛛です。

Big Spider: さっきのドラゴンの血をもうちょっと吸おうとしたらいないし、
Big Spider: ゲート出ていたから入ったら、綺麗な花で美味しそうに見えるし!
Big Spider: ネエ、これ吸っていい?ちょっとだけだから!
Elsa the Student: ……あなた、何ですの!
Elsa the Student: それは私がお姉さまへ捧げる花ですの!!
Elsa the Student: その花に触れたら、承知しませんわ!!
Big Spider: だってさー、図書館から放り出されて以来、極貧な生活を……。
Big Spider: たまには美味しいもの食べたいじゃない!!
Elsa the Student: 知りませんよそんなこと!!
Big Spider: これもあれもあのオッサンのせいだ!!
Big Spider: ああ、もう!思い出すだけむかつく!!
Elsa the Student: ふざけんじゃないですの!
Big Spider: こんな時にあのおっさんがいたらサンドバッグにでもしたいのに!!


とんだ逆恨みでエイドリアンさんの不幸フラグは積み上がるばかり。

Big Spider: ……あれ、あの時見た人ばかりだ。
Big Spider: ……これは
Big Spider: リベンジするチャーンス?
Elsa the Student: ……!!
Elsa the Student: 皆さん、気をつけて!!
Big Spider: あたっきんぐゆー!

というわけで最後の戦いが始まりました!

wkkgov160626_25.jpg

硬直はないものの、炎継続ダメージ攻撃に範囲毒と引き寄せ&パンチ攻撃、更に速度低下攻撃など多彩な攻撃を仕掛けてきます。

そんな大混戦でしたが最後は冒険者たちの勝利!

Big Spider: ああ、もう!ここでもダメなのかー!
Big Spider: もう!!またリベンジだー!!


そう言うと大蜘蛛は去っていきました。

結構しぶとい!(笑)

Elsa the Student: あれは何だったんですの……。
Elsa the Student: あ、花は大丈夫ですの!?
Elsa the Student: ……うん。大丈夫みたいですわ。
Elsa the Student: 良かった…
Elsa the Student: 皆さん…
Elsa the Student: 大丈夫ですの?
Rene the Librarian: エルザ、お待たせ……って、なにこの惨状は……。
Rene the Librarian: みんな、大丈夫!?


wkkgov160626_26.jpg 

wkkgov160626_27.jpg

その後やってきたルネさんから完成した肥料を受け取るエルザさん。

Rene the Librarian: エルザ、残りの肥料よ。
Rene the Librarian: あそこに蒔くんでしょ?
Rene the Librarian: あなた、後ろに持っているお花やあそこにある白いお花のために頑張っていたのね。
Elsa the Student: ……!お姉さま……!
Rene the Librarian: ふふっ、あなたって隠し事が下手だからね。
Elsa the Student: 全てご存じでしたの!流石、お姉さま!

花畑に移動して、肥料を撒きます。

すると・・・

wkkgov160626_28.jpg 

wkkgov160626_29.jpg 

wkkgov160626_30.jpg 

wkkgov160626_31.jpg

一斉に花に色が付きました!

wkkgov160626_32.jpg

しかもよく見ると倭国の「倭」になっています!

レーダーマップにも映る大作!

Elsa the Student: *えっへん*
Elsa the Student: やっぱりステキですわ!
Rene the Librarian: この文字になるって珍しいけど、もしかして頑張って作っていたの?
Rene the Librarian: エルザ。こんな素敵なことをしてくれて、ありがとう。
Elsa the Student: ……お姉さま……!
Rene the Librarian: ……私ね。物心ついたときから殆ど一人だったから
Rene the Librarian: エルザと出会ってから、本当の姉妹のようで楽しいひとときを過ごせたわ。
Elsa the Student: ……お姉さま……!
Elsa the Student: 何ですの。感傷に浸っている暇はないんですの!
Elsa the Student: お姉さまはやるべき目的があるのでしょう!
Elsa the Student: そんなお姉さまを
Elsa the Student: 私は支えていきたいと想っていますの。

wkkgov160626_33.jpg

Rene the Librarian: そうね…。
Rene the Librarian: レファレンスの依頼もまだ終わっていないし、戻らないとだわ。
Rene the Librarian: エルザ、また近いうちに会いましょう。
Rene the Librarian: ……ここで。
Elsa the Student: はい!
Rene the Librarian: さて、冒険者の皆さん。図書館へ戻りましょう。
Rene the Librarian: エルザ、またね。
Elsa the Student: お姉さまあああああああ!
Elsa the Student: お姉さまあああああああ!
Elsa the Student: お姉さまあああああああ!


というわけで図書館に戻ってきました。

wkkgov160626_34.jpg

Rene the Librarian: エルザはね。
Rene the Librarian: あの子は大切な妹よ。
Rene the Librarian: さあて、仕事を終わらせて、あの子の為にも会う機会を増やしておかなきゃ。
Rene the Librarian: 冒険者のみなさん、今日は本当にありがとうございます。
Rene the Librarian: それじゃ、次の依頼があったら、連絡するわ。
Rene the Librarian: じゃーね!


ちなみにエイドリアンさんは図書館の2階にいました。

wkkgov160626_35.jpg 

wkkgov160626_36.jpg

その後、EMホールでEMうのさんとEMミネットさんのご挨拶がありました。

wkkgov160626_37.jpg

今回のリワードアイテムは「With Wakoku」という色違いのポピーでした。

wkkgov160626_38.jpg  wkkgov160626_39.jpg

ダブルクリックでキラキラエフェクトが出ます。

最後に花壇をもう一度見に行きました。

wkkgov160626_40.jpg

ちゃんと投函した花がありましたよ。

ちなみに右端はイベントに登場したNPCたちの花でした。

wkkgov160626_41.jpg  wkkgov160626_42.jpg

wkkgov160626_43.jpg  wkkgov160626_44.jpg

wkkgov160626_45.jpg  wkkgov160626_46.jpg

wkkgov160626_47.jpg 

wkkgov160626_48.jpg

それぞれ個性的で面白いですね(笑)

というわけで前回のオラクルイベントの結果はこのような素敵な形になりました!

6/26~7/1にかけて行われる七夕にちなんだオラクルイベントも、後日のイベントに繋がるそうです。

みなさん是非参加しましょうね!

「2016年七夕イベント~結婚前夜 ①~」のお知らせ


2016.06.27

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




UOインデックス