倭国首長通信
FCカウンター



プロフィール

Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)

Author:Takky@たきやん(倭国Moonglow首長)
ウルティマオンライン倭国シャードの首長活動を中心に、倭国のイベント情報を発信しています!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



EMイベント「10年目のホワイトデー」参加レポート
3月19日(日)に開催されたEMイベント「10年目のホワイトデー」の参加レポートです。

集合場所のトリンシックにあるNPCハウスで待っていると、一人の女性が現れました。

wkkgov170319_01.jpg 
wkkgov170319_02.jpg

Samantha the widow: あなた。ついにこの日がやって来ましたね。
Samantha the widow: あなたが旅立った日のことは今でも忘れられません。
Samantha the widow: もう10年も経つんですね……。
Samantha the widow: 息子たちもすっかり大きくなりましたよ。
Samantha the widow: 学費や何やで苦労の連続でしたけど、
Samantha the widow: 二人とも成人して就職先も見つかって、ほっとしています。
Samantha the widow: 人様に助けていただいたりして、人生なんとかなるもんですねえ。
Samantha the widow: まあでも無我夢中でしたよ。
Samantha the widow: ある日ふと、お風呂場で自分の足の指を見て思ったんです。
Samantha the widow: 足の指なんて洗ったことあったかしらって。
Samantha the widow: 10年間、働きづめでしたもの。

Samantha the widow: でもね、あなたが与えてくださったかけがえのない宝物を
Samantha the widow: この手で育て上げるのは無上の喜びでしたよ。
Samantha the widow: おかげさまで二人ともとっても思いやりのある優しい子に育ってくれて
Samantha the widow: 今では何くれとなく私に贈り物をしてくれるんです。
Samantha the widow: そして今日、あなたまで私にホワイトデーのお返しをしてくれるなんて、
Samantha the widow: 私は幸せだわ。

Samantha the widow: 遺言通りこの日を迎えることを励みにしてがんばって来ましたよ。
Samantha the widow: さて、早速このチェストを開けましょうかね。
Samantha the widow: 一体何が入っているのかしら?
Samantha the widow: わくわくしてしまうわね。
Samantha the widow: *鍵を取り出す*
Samantha the widow: おやまあ! これは小切手ではないの?
Samantha the widow: しかもこんな大金……!

wkkgov170319_03.jpg

Samantha the widow: あなたったら!
Samantha the widow: もっと早くにチェストを開けさせてくれたらよかったのに……!
Samantha the widow: お金には本当に苦労して、何度くじけそうになったか知れませんよ。
Samantha the widow: 手紙がいっしょに入っているようね。
Samantha the widow: どれどれ、読んでみましょうね。
Samantha the widow: *コホン*
Samantha the widow: “親愛なるサマンサ
Samantha the widow: ついにこの日がやって来たんだね。
Samantha the widow: 君は僕との約束を律儀に守り、
Samantha the widow: 10年後の今日、細くて白くてか細い指で
Samantha the widow: このチェストの鍵を回したことだろう。
Samantha the widow: 君が僕の死後、どんなに苦労したかは想像に難くない。
Samantha the widow: 本当にありがとう。そして、すまなかった。”
Samantha the widow: ううっ……。あなた、あなたあぁぁ……!
Samantha the widow: *シクシク*
Samantha the widow: ああ、いけない。続きを……。

Samantha the widow: “僕とて君やかわいい子どもたちを置いてこの世を去るのは
Samantha the widow: この身を八つ裂きにされるよりもつらい。
Samantha the widow: しかし運命は受け入れざるを得ず、刻一刻と迫るその時を前に、
Samantha the widow: 僕は自分の人生の総決算に取りかかろうと思う。
Samantha the widow: このお金は僕が大叔父から相続した遺産なんだが、
Samantha the widow: 年若かった僕を心配した母はこのことを誰にも口外しないよう、
Samantha the widow: そして不惑の年になるまで手をつけないよう、
Samantha the widow: 僕を諭したんだ。”
Samantha the widow: ………!
Samantha the widow: まあ、お義母さまが。
Samantha the widow: *チッ*
Samantha the widow: あのクソババア、余計なことを。
Samantha the widow: ハッ……。いけない、いけない。私ったら。

Samantha the widow: “母の死後も僕はその約束を守り続け、そして今、39歳になった。
Samantha the widow: だけど僕の体は来年までもたないだろう。
Samantha the widow: 僕がいなくなればこのお金はサマンサ、もちろん君のものだ。
Samantha the widow: だけどこのお金を君に託す前に、
Samantha the widow: どうしても僕の最後のわがままを聞いてほしかったんだ。”
Samantha the widow: ふぅむ……。
Samantha the widow: 何かしらね???

Samantha the widow: “バレンタインデーに君は
Samantha the widow: チョコレート味のお粥を作ってくれたね。
Samantha the widow: とても……おいしかったよ。
Samantha the widow: 君の優しい笑顔を見ていたら、どうしても言い出せなかった。
Samantha the widow: そして僕が亡くなった後、深く悲しむであろう君には
Samantha the widow: この願いはあまりにも荷が重すぎると感じたんだ。
Samantha the widow: だから10年後の君に願いを託すことにしたんだ。”
Samantha the widow: ええ、そうよ、そうよ!
Samantha the widow: とても悲しんだわ。
Samantha the widow: この世が終わってしまったんじゃないかっていうくらい。
Samantha the widow: だけど子どもたちのことを思ったら、
Samantha the widow: 本当は悲しんでるヒマもあまりなかったの。
Samantha the widow: バカね! あなたったら。
Samantha the widow: 遠慮しないで言えばよかったのに!
Samantha the widow: それで……。
Samantha the widow: 願いって一体何なのかしら?

Samantha the widow: “サマンサ。どうか怒らないで聞いてほしい。
Samantha the widow: 僕が生涯をかけて心から愛した女性は君だけだ。
Samantha the widow: だけど男には女が理解し得ない性(さが)というものがあってね。
Samantha the widow: つまり、僕には君以外にもう一人女性が、愛人がいたんだ。”
Samantha the widow: ……。
Samantha the widow: ……………。
Samantha the widow: ………………!!!
Samantha the widow: ……な、
Samantha the widow: なんですってえぇぇぇえええ!!!!!

wkkgov170319_04.jpg

Samantha the widow: “やきもち焼きの君のことだから、
Samantha the widow: きっとこのチェストを叩き壊さんばかりに怒り狂うだろう。
Samantha the widow: どうか、10秒数えてほしい。
Samantha the widow: 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1

Samantha the widow: どうだい? 少しは落ち着いたかな?”
Samantha the widow: ………。
Samantha the widow: …………ええ
Samantha the widow: ………………って、
Samantha the widow: そんなわけないだろおおお!!!
Samantha the widow: どこのアバズレだよ!
Samantha the widow: 泥棒猫め!
Samantha the widow: ふざけるな!
Samantha the widow: “サマンサ。君を傷つけたことは謝る。”
Samantha the widow: だとぉ?!
Samantha the widow: よっくもしゃあしゃあと!
Samantha the widow: あったりまえでしょ!
Samantha the widow: 目の前にいたら往復ビンタじゃすまないわよ!
Samantha the widow: ひどい! ひどすぎる! 今頃何?!
Samantha the widow: しかもこの手紙、なげーーーんだよ! ながすぎんだよ!
Samantha the widow: まだ続きがあんのかよ?!

Samantha the widow: “君は僕のかけがえのない妻であり、恋人であり、友人であり、
Samantha the widow: 生涯で最も信頼する人だからこそ、
Samantha the widow: この件に関しては君に全権を委ね、君の決断を尊重しようと思う。
Samantha the widow: だからどうか、この小切手を君と彼女とで分けてほしいんだ。”
Samantha the widow: ………。
Samantha the widow: …………。
Samantha the widow: はあ???
Samantha the widow: はぁあぁぁぁぁあああああ???
Samantha the widow: “半分が無理ならば、君が6割、彼女が4割でも構わない。
Samantha the widow: いや、7割:3割かな。
Samantha the widow: うん、9割:1割でもいいよ……。
Samantha the widow: あっ、もちろん、君が全額でもいいんだよ。
Samantha the widow: すべてまかせるとも。
Samantha the widow: ちなみに彼女の家はブリテインのはずれにある。
Samantha the widow: そんなわけでとんだホワイトデーにしてしまったかも知れないが、
Samantha the widow: 僕が誰よりも君を愛し、信頼していることをわかってほしい。
Samantha the widow: 天国より愛をこめて。
Samantha the widow: フレッドより。”
Samantha the widow: …………。

Samantha the widow: はぁぁぁ……。
Samantha the widow: *ガクッ*
Samantha the widow: 何なのよ、何なのよ一体!
Samantha the widow: とんだホワイトデーにしてしまったって?
Samantha the widow: 一周回って帰って来たわよ!
Samantha the widow: ううっ……。
Samantha the widow: あなた、あなたぁぁ……。
Samantha the widow: ひどいじゃない、ひどい。
Samantha the widow: すべてまかせるとか、
Samantha the widow: あなたったらいっつもそうやって逃げるんだから!
Samantha the widow: そりゃそうよ。
Samantha the widow: 決断しなければ責任を取る必要もないものね。
Samantha the widow: ずるい男のやり口よ。
Samantha the widow: あなたが亡くなって、
Samantha the widow: ちょっとでもいい人だったかも知れないなんて思った私がバカだった!
Samantha the widow: ええ、もちろん私が決めさせてもらうわ。
Samantha the widow: 泥棒猫に私が情けを掛けるとでも思った?!
Samantha the widow: ホーーーーッホホホホホ!
Samantha the widow: あるわけない
Samantha the widow: このお金は全取りよ!
Samantha the widow: *フンッ*
Samantha the widow: あったりまえーーーー!!!
Samantha the widow: ……………。

Samantha the widow: ………べ、別にあなたの最後の願いをかなえようとか、
Samantha the widow: そんなんじゃないわよ?
Samantha the widow: ただほら、ちょっとどんな女だったのか見てみたいだけよ。
Samantha the widow: ………。
Samantha the widow: ……ねえ、彼女は私よりきれいだった?
Samantha the widow: お料理が上手で、手芸もできて、いつも家の中は小ぎれいにしていたのかしら。
Samantha the widow: トイレのドアを開けっ放しで用を足したり、
Samantha the widow: 歯みがきのふたをしめなかったり、
Samantha the widow: 食後にゲップしたり、夜寝る時ベッドに入ってオナラしたり、
Samantha the widow: 朝は髪ボサボサでパンをかじりながらお尻ボリボリかいたり、
Samantha the widow: ●●したり、XXしたり、△△なんてしないんだわよね。きっと。
Samantha the widow: はあ………。

Samantha the widow: あなた。
Samantha the widow: 私、いい奥さんじゃなかったかもしれないわ。
Samantha the widow: あなたが浮気するのも無理ないわよ。
Samantha the widow: そうだ!
Samantha the widow: ちょうどブリテインの肉屋で特上ベーコンと、
Samantha the widow: 裁縫屋で舶来もののキャラコの布地を買おうと思っていたのよ、
Samantha the widow: そうよ、そうだったわ、そうなのよ!
Samantha the widow: さ、日が暮れる前に出掛けましょう。

wkkgov170319_05.jpg

Samantha the widow: あら?
Samantha the widow: なんかどうも最近乱視気味で視界がだぶついて困るのよねえ。
Samantha the widow: いつにもまして人通りが多いような気がするけど気のせいかしら?
Samantha the widow: 皆さんごきげんよう。
Samantha the widow: いいお天気ですわね?
Samantha the widow: どちらへ行かれるんですの?
Samantha the widow: あら? ブリテインですって?
Samantha the widow: 偶然ですわね。
Samantha the widow: そこまでご一緒に参りましょう。
Samantha the widow: 走りますよ


どうやら徒歩でブリテインまで移動するようです。

するとトリンシックの東門を出たすぐのところにデーモンが!

wkkgov170319_06.jpg 
wkkgov170319_07.jpg

Pruflas: まわりあけてくれるかい。
Samantha the widow: なんだか急に視界が暗くなったわよ。
Pruflas: まてまてまて!
Pruflas: 女よ。待ちなさい。
Samantha the widow: それに、ついに幻聴まで聞こえるようになっちゃったみたい。
Samantha the widow: 年は取りたくないものねえ。
Pruflas: 女よ。
Pruflas: よもやその小切手を、
Pruflas: どこの馬の骨とも知らぬ薄汚い女にくれてやろうなどと
Pruflas: めっそうなことを考えてはおらぬだろうな?
Samantha the widow: なぜそれを?

Pruflas: 女よ。
Pruflas: 私はよく知っておるぞ。
Pruflas: お前がフレッドを看取るまで、そして看取った後も、
Pruflas: どんなに苦労して来たかをな。
Pruflas: 不甲斐ない彼のためにお前は口紅すら買う金を惜しみ、
Pruflas: 日銭はもちろん、喘息に苦しむ息子の薬代のために、
Pruflas: 夜中まで爪に火を灯して働いたではないか。
Pruflas: そんなお前の目を盗んでフレッドは夜毎その女とお楽しみだったのさ!
Samantha the widow: ええ
Pruflas: フハハハハハハ!
Pruflas: ああ、それなのにお前は!
Pruflas: 何を血迷っておるのだ。
Pruflas: この期に及んでまだあやつの人生の尻拭いをしようと言うのか。
Pruflas: お前の血のにじむような苦労に比べたら、
Pruflas: そんな小切手などまだまだはした金だ。
Pruflas: それすらそんな女狐にくれてやろうなど、
Pruflas: 人が好いにもほどがあるぞ!
Pruflas: 女よ。
Pruflas: 目を覚ますのだ!

Samantha the widow: ぐぬぬぬぬぬ!
Samantha the widow: そうよ! そうだったわ!
Samantha the widow: 夜勤だと言う彼の言葉を疑いもせず、
Samantha the widow: 私は毎晩内職でミシンを踏みながら、息子の看病をしてたんだわ!
Samantha the widow: それなのにあの人ったら!
Samantha the widow: 許せない、許せないわ!
Pruflas: うむうむ。
Samantha the widow: びた一文渡してなるものですか!
Pruflas: そうであろう、そうであろう。
Pruflas: それにな……。
Pruflas: フレッドはお前にこの金のことは誰にも口外していないと言ったそうだが、
Pruflas: 女の歓心を得るために言っていないはずがないであろうに。
Pruflas: *ニヤニヤ*
Pruflas: お前はそんな嘘すら見抜けぬ愚かで間抜けな女なのか?
Pruflas: どうなんだ?
Samantha the widow: ……ハッ!
Samantha the widow: そうよ、そうよね。
Samantha the widow: 考えてみたらフレッドにモテる要素なんてないもの……!
Pruflas: *頷く*
Pruflas: さ、ここに毒薬がある。
Pruflas: そんな女などひと思いに殺してしまいなさい。
Samantha the widow: ………!
Pruflas: そうすれば邪魔されることなく、一生悠々自適の生活が送れるであろう。

wkkgov170319_08.jpg

Pruflas: さあさ、これを。
Samantha the widow: 毒……?
Samantha the widow: ええ、そうよ、確かにフレッドは色男ではなかったわ。
Samantha the widow: でもね、優しい人だったの。
Pruflas: 雑魚はグレーターで十分。
Samantha the widow: 高価なプレゼントはもらったことはなかったけれど、
Samantha the widow: プロポーズの時はトリンシックの公園で朝摘んだきれいなバラをくれたのよ。
Samantha the widow: 猫の額ほどの小さな庭で、
Samantha the widow: どうせならじゃがいもでも植えればいいのに、
Samantha the widow: 彼は公園の庭師に株分けしてもらったあの紫のバラを育てるんだって聞かなかったわ。
Samantha the widow: よく霧吹きで薄めた毒を吹きかけて、ついた虫を駆除していたものよ。

Pruflas: *イラッ*
Pruflas: センチな回想で腹が膨れるわけではないんだ。
Pruflas: お前は文字通り花より実を取る賢い女なんだろう?
Pruflas: どうなんだ?! どうなんだ?
Samantha the widow: ええ、もちろん。
Samantha the widow: でもね、人生は一時咲いて散って行く花もあるから美しいんです。
Samantha the widow: プロポーズの日を忘れないように、
Samantha the widow: 私たちは結婚記念日には毎年ささやかなご馳走を並べて
Samantha the widow: お庭で摘んだ紫のバラを食卓に飾ったんです。
Samantha the widow: そうやって少しずつ年輪を重ねて来たんです。
Pruflas: だから何だと言うのだ?
Samantha the widow: 悪魔よ!
Samantha the widow: 私を試みる悪魔よ!
Samantha the widow: 私はお前の甘言になど惑わされはしない!
Samantha the widow: 去れ!
Pruflas: おのれ女よ!
Samantha the widow: 去れ!
Pruflas: 覚えておれ!! 覚えておれ!


すると周囲にヘルハウンドの群れが現れました。

wkkgov170319_09.jpg

ガード圏内だったので大半はガードに瞬殺されてましたが(^▽^;

残ったヘルハウンド達もすぐに掃討されました。

Samantha the widow: あらまあ!
Samantha the widow: 恐ろしいこと!
Samantha the widow: 皆さんありがとう。助かりましたよ。
Samantha the widow: さあ、先を急ぎましょう。


そう行って再びブリテインに向かって走り出しました。

wkkgov170319_10.jpg

すると街道の途中で今度は青い悪魔が現れました。

wkkgov170319_11.jpg 
wkkgov170319_12.jpg

Samantha the widow: あらいやだわ
Samantha the widow: まただわ!
Amon: 世界を征服しぐぬぬ
Amon: まてまてまて!
Amon: 女よ。待ちなさい。
Samantha the widow: 疲れがたまっているのかしらねえ。
Amon: 女よ。
Amon: 早まってはいけない。
Amon: 懐に持っているのは小切手ではあるまいな?
Amon: お前の好きに使えばいいものを、
Amon: なぜにおめおめ他人に与えようというのだ?
Samantha the widow: あら、よくご存知ね?
Amon: もちろんだとも。
Amon: お前のことは何でもよく知っている。

Amon: 女よ。
Amon: おかしいとは思わなかったのか?
Amon: お前とフレッドの母親は、確かにソリが合わなかったが、
Amon: お前はたまに口答えこそすれ
Amon: 大概の言いつけはよく守り、よく尽くした。
Amon: それなのにあの姑と来たら!
Amon: 病弱な子どもを産んだお前をヒステリックに責め立てるばかりで
Amon: 何の援助もしてくれなかっただろう?
Amon: それもそのはず、あれはあわよくばお前を追い出し、
Amon: 自分の気に入った従順な若い娘をフレッドの後添えにすると
Amon: フレッドの前で毒づいていたのだぞ?
Amon: フハハハハハハハ!
Amon: おおかたお前がこれから会いに行こうとしている女も、
Amon: 母親公認の愛人だったに決まっておる。
Amon: その金は3人で山分けするつもりだったのさ!
Amon: まったくもってお前は人が好すぎると言うのだ!
Amon: 女よ!
Amon: 目を覚ますのだ!

Samantha the widow: ぐぬぬぬぬぬ!
Samantha the widow: そうよ! そうだったわ!
Samantha the widow: あのくそばばあ、
Amon: うむうむ。
Samantha the widow: 人が必死にやってるそばから
Amon: うむうむ。
Samantha the widow: これはそうじゃないだの、そこは間違ってるだの、
Samantha the widow: わかってんなら口ばっかり動かしてないで
Samantha the widow: ちったあお前のその手を動かせって何度思ったことか!
Samantha the widow: おかげで体がいくつあっても足りなかったわ!
Samantha the widow: 許せん! 絶対に!
Amon: そうであろう、そうであろう。
Amon: おおかたお前を過労死させるのが目的だったんだろう。
Amon: *ニヤニヤ*
Amon: しかしお前は生き抜いた!
Amon: お前は勝ったのだ!
Amon: そして今、当然の権利であるその金を手にしている。
Amon: さ、そんな姑の息のかかった女なぞ、
Amon: ひと思いにこれで刺し殺してしまえば良い。
Samantha the widow: ………。

wkkgov170319_13.jpg

Amon: 悠々自適の人生が待っておるぞ。
Samantha the widow: ナイフ……?
Samantha the widow: ええ、そうね。確かに姑は口うるさい人だったかもしれません。
Samantha the widow: 慣れない手つきで包丁を握る私の傍へ来て、
Samantha the widow: 握り方から立ち方まであれこれ指図してくれました。
Samantha the widow: 七面鳥のさばき方や、詰め物のレシピも姑から教わったんです。
Samantha the widow: 文明の利器を嫌って何でも手作りにこだわる人でした。
Samantha the widow: だからもちろんケンカもよくしましたよ。
Samantha the widow: 私の悪口のひとつや二つ、フレッドに言っていたとしても不思議じゃありません。
Samantha the widow: ああ、そうそう!
Samantha the widow: 姑のお気に入りのペティナイフセットは今でも現役ですよ。
Amon: *イラッ*
Amon: ビタ一文にもならんオンボロ包丁セットで何をセンチになっておるのだ。
Amon: しかも手作りこだわるだと?
Amon: 時は金ということを知らんのか?
Amon: お前だって自分の時間くらい欲しかったのだろうに。
Amon: どうなのだ?
Samantha the widow: ええ、もちろん。
Samantha the widow: でもね、喘息の子どもの食事には添加物は避けた方がいいんです。
Samantha the widow: こまめに寝具を洗濯しろと叱ってくれたのも姑でした。
Samantha the widow: 息子の症状は一進一退を繰り返してましたけど、
Samantha the widow: 確かに姑がいなければもっと悪化していたかも知れないわ。
Amon: そんな仮定の話をして何になる?
Samantha the widow: 悪魔よ!
Samantha the widow: 私を試みる悪魔よ!
Samantha the widow: 私はお前の誘惑になど屈しない!
Samantha the widow: 去れ!
Amon: おのれ女よ!


すると悪魔は蛇や蜘蛛を大量に召喚しました・・・が、大勢の冒険者に瞬殺されます。

wkkgov170319_14.jpg

Samantha the widow: 皆さんありがとう。助かりましたよ。
Samantha the widow: あと少しでブリテインですよ。
Samantha the widow: さあ、先を急ぎましょう。


そう言って再びブリテインに向かって走り出します。

さて赤い悪魔、青い悪魔ときたら次は当然次は黄色い悪魔の登場です。

wkkgov170319_15.jpg 
wkkgov170319_16.jpg

Barbatos: この私に向かって去れとな?
Barbatos: ワーーーーッハハハハハハ!
Barbatos: 威勢のいい女ではないか。
Barbatos: 気に入ったぞ?
Barbatos: だがあいにくそうは行かぬのだ。
Barbatos: サタナキア様は間もなく降臨され、
Barbatos: さらなる享楽と快感とをこの世にもたらすだろう。
Barbatos: 人々は堕落し、義や信などもはや誰も見向きもしなくなる。
Samantha the widow: 誰ソレ?
Barbatos: ほれ、お前の後ろにいる者たちの顔を見てみるがいい。
Barbatos: 皆欲深そうな顔をしておるではないか。
Barbatos: さあ、しもべたちよ!
Barbatos: 好きに選ぶが良い。
Barbatos: お前たちの望みはこの女を助けることか?
Samantha the widow: しもべだったの?
Barbatos: それともこの女の小切手か?
Barbatos: それとも……。
Barbatos: 我がボス、サタナキア様か?!
Barbatos: 選べ!
Samantha the widow: 両方だって
Samantha the widow: 言ってるわよ
Barbatos: ワーーーーーッハハハハハ!
Barbatos: そうであろう、そうであろう!
Samantha the widow: あなたの剥製がいいそうよ
Samantha the widow: あら・・

このあたりの会話はいつぞやの「声が聞こえなくなる不具合」が起きたのか、とぎれとぎれで良く分かりませんでした。

というわけで、どういうわけかSamanthaさんが悪魔召喚呪文を唱える流れになっています。

wkkgov170319_17.jpg

Samantha the widow: 来たれ地獄より、闇を支配する者よ
Samantha the widow: こうかしら?
Barbatos: そうだ!
Samantha the widow: 夜を旅し、昼を憎む者よ
Barbatos: 夜を旅し、昼を憎む者よ
Barbatos: 暖かい血を喜び、冷たき墓場をさまよう者よ
Samantha the widow: 暖かい血を喜び、冷たき墓場をさまよう者よ
Barbatos: あまたの人間が畏怖する者よ
Samantha the widow: あまたの人間が畏怖する者よ
Barbatos: 我と契約を結ばん

するとSatanachiaという名前のデーモン?が現れて、攻撃してきました。

wkkgov170319_18.jpg

不協和音攻撃や範囲継続ダメージ、そして硬直攻撃で死屍累々です(^▽^;

しかし多勢に無勢で割とあっさり倒すことができました。

すると天使が現れてSamanthaに話しかけます。

wkkgov170319_21.jpg 
wkkgov170319_22.jpg

Raphael: よくここまで来ましたね、サマンサ。
Raphael: あなたの妻として、人として、義を尽くそうという姿勢を
Raphael: しかと見届けましたよ。
Raphael: この世の、そして自分の中の悪魔との戦いは、
Raphael: どんなにか過酷で苦しかったことでしょう。
Raphael: でも、あなたは正しいことをしたのです。
Samantha the widow: あなたはラファエル様……!
Raphael: そして残念ですが、
Raphael: あなたが訪ねようとしていた女性はブリテインにはいないのです。
Samantha the widow: え!?


そう言うと天使はゲートを開けました。

wkkgov170319_23.jpg

ゲートの先には廃屋があり、その裏手に墓がありました。

wkkgov170319_24.jpg

Raphael: 彼女は半年ほど前にここで病気で息を引き取りました。
Raphael: 誰にも顧みられることなく一人で亡くなったのです。
Raphael: だからもう、あなたが気にすることは何もないのですよ。
Samantha the widow: そうだったんですか。
Samantha the widow: でも……。
Samantha the widow: そうだわ、これを!
Samantha the widow: フレッドのバラなんです。

そう言ってトリンシックローズをお墓に供えるSamanthaさん。

Samantha the widow: 二人で思い出を語り合えたらいいなと思って持って来たんです。
Samantha the widow: それと、お金の一部はきれいなお墓に建て替えるのに使いたいと思います。
Samantha the widow: フレッドもきっとそれを望んだと思いますから……。

wkkgov170319_25.jpg  

Raphael: では、私はもう行かなくては。
Raphael: サマンサ、幸せに暮らすのですよ。
Samantha the widow: はい、ありがとうございます!
Samantha the widow: ……あっ!
Samantha the widow: 私ったら!
Samantha the widow: ラファエル様に天国のフレッドの様子を聞くのを忘れてしまったわ!
Samantha the widow: きっと寂しがっているわよね。
Samantha the widow: でもね、私は孫の顔を見るまではまだ行けないの。
Samantha the widow: ウフフ!
Samantha the widow: 皆さん、今日は本当にありがとうございました。
Samantha the widow: ステキなホワイトデーをお過ごしください!
Samantha the widow: それでは、失礼致します。

wkkgov170319_26.jpg

そう言ってSamanthaさんは帰っていきました。

めでたしめでたし。

・・・とりあえずフレッドさんは反省するように(苦笑)

さて、今回のリワードアイテムは「Love Trumps Hate」という家具でした。

wkkgov170319_19.jpg wkkgov170319_20.jpg

シャードごとに色が違うのかな?

以上、イベントレポートでしたー。


2017.03.20

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

第28回トリンシック馬上槍試合・参加レポート
3月12日に開催された第28回トリンシック馬上槍試合の参加レポートです。

今回もトリンシック騎士のKismetさんが試合に参加しております!

参加者はこちらのみなさんです。

Appleさん
Thierraさん
Orcaさん
Ardanさん
Miaさん
Kismetさん
Demeterさん
AXELさん
Blue Galeさん
FLASHさん

wkkgov170318_03.jpg

開会宣言の後、試合の組合せが発表されました。

参加者が10名ということで変則的なトーナメント表になっています。

今回シード選手はMiaさん、Kismetさん、Demeterさん、AXELさん、Blue Galeさん、FLASHさんの6名です。

抽選の結果、このような組み合わせとなりました。

wkkgov170318_18.jpg

それでは試合の模様と結果を掲載します。


■1回戦第1試合
Appleさん VS Thierraさん

wkkgov170318_04.jpg

勝者はThierraさんでした!


■1回戦第2試合
Orcaさん VS Ardanさん

wkkgov170318_05.jpg

勝者はOrcaさんでした!

第1回戦の結果はこちら。

wkkgov170318_19.jpg

第2回戦の前に恒例の記念撮影です。

wkkgov170318_06.jpg

続いて第2回戦はシード選手の戦いから。

■2回戦第1試合
Miaさん VS Kismetさん

wkkgov170318_07.jpg

勝者はMiaさんでした!


■2回戦第2試合
Demeterさん VS AXELさん

wkkgov170318_08.jpg

勝者はDemeterさんでした!


■2回戦第3試合
Blue Galeさん VS FLASHさん

wkkgov170318_09.jpg

勝者はFLASHさんでした!


■2回戦第4試合
Thierraさん VS Orcaさん

wkkgov170318_10.jpg

勝者はThierraさんでした!

第2回戦の結果はこちら。

wkkgov170318_20.jpg

続いて準決勝戦です。

■準決勝第1試合
Miaさん VS Demeterさん

 wkkgov170318_11.jpg

勝者はMiaさんでした!


■準決勝第2試合
FLASHさん VS Thierraさん

 wkkgov170318_12.jpg

勝者はThierraさんでした!

準決勝の結果はこちら。

wkkgov170318_21.jpg   

決勝戦の前に恒例の市政報告と物販コーナーです。

wkkgov170318_13.jpg

今回はネタが無いということでオークションが無かったのが残念です。

さていよいよ決勝戦です。

wkkgov170318_14.jpg

■決勝戦
Miaさん VS Thierraさん

wkkgov170318_15.jpg 

3合目の相打ちで両者1-1のまま試合は進み・・・

wkkgov170318_16.jpg

9合目、Miaさんの鋭い突きが遂にThierraさんを捕らえました!

wkkgov170318_17.jpg

というわけで優勝はMiaさんです!

wkkgov170318_22.jpg

優勝賞品として、勇士の表彰状、トリンシックの紋章旗、そして首長像が贈られました。

wkkgov170318_17.jpg

決勝に勝ち進んだお二人とも露出の高い装備で、観客(とOrca首長)の目を惹きつけていましたね(^▽^)

以上、第28回トリンシック馬上槍試合の参加レポートでしたっ!


2017.03.19

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!


テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

第44回倭国大行商 in ユーの大滝・3月25日(日)開催のお知らせ
毎月様々な街や名所で開催する倭国の名物イベント「倭国大行商」!

今月はユーの北東にある大きな滝、通称グレートフォールで開催します。

場所は正義の神殿のすぐ北側、ユーのムーンゲートから北東方向にあります。

当日までの夜などに会場への宣伝ルーンを各銀行前に置いておきますので、ご利用ください、

以下、詳細告知です。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

第44回倭国大行商 in ユーの大滝


■開催日時
2017-03-25(日) 22:00~23:30

■開催場所
Wakoku ユーの大滝

wkkgov170318_02.jpg


■内容
「倭国大行商」とは、フリーマーケットでアイテムを売り買いするだけでなく、
特設ステージを活用したミニゲームやオークション、
芸の披露や屋台風な出張酒場、即興オブジェクト作成などなど、
『行商』という名前にとらわれないイベントです。

どうか皆さん自身で楽しみ方を見つけて、最後までお楽しみくださいね!

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

売り物・出し物なんでも結構!
ご予約不要・テーブルもイスもご用意します!

皆様へのお願いは…

・会場の設営と撤収にご協力を!

会場設営・撤収については首長一人の手では間に合わないため
多くの皆様にご協力いただいております。
恐縮ではありますが、お手すきの市民各位に当たっては
今回もお手伝いいただけると幸いです。
開会準備の時間は開会の10分~20分前ほどですので
お手伝いいただける皆様はこの時間帯にご来場いただけると幸いです。
撤収は閉会直後から数十分を予定しております。

・市民章をつけて首長を応援しよう!

会場には多くの首長が訪れています。
その期待や労いの意思を「市民宣言」という形で表してくださると、
今後の活動の励みになるかと思います。

ご自身のメニューから街の忠誠度を選択し、あなたがよくご利用になる街や
あなたが支持する首長の町をお選びになってから、
同じくご自身の称号メニューを開いて「褒賞」の欄から「●●市民」をお選びください。

市政へのリアクションが街そのもの、ひいてはブリタニアの活力になるはずです。
よろしくお願いいたします。

それでは皆さんのご参加を楽しみにお待ちしております。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


2017.03.18

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

3月19日(日)開催「10年目のホワイトデー」のお知らせ
3月19日(日)に開催されるEMイベント「10年目のホワイトデー」のお知らせです。

全日本シャードで行われるホワイトデーイベントです。

倭国は3月19日(日)の20時30分開始です!

詳細はこちらから。(※大和EMサイト)

以下、告知文の転載です。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

10年目のホワイトデー


ええ、そうよ、確かに彼は色男ではなかったわ。
でもね、優しい人だったの。
高価なプレゼントはもらったことはないけれど、
トリンシックの公園で朝摘んだ
きれいなバラをくれたのよ。

゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚


日時:
3月17日(金)
21:00~ 出雲シャード
22:00~ 無限シャード

3月18日(土)
20:30~ 瑞穂シャード
21:15~ 大和シャード
22:00~ 北斗シャード

3月19日(日)
20:30~ 倭国シャード
21:15~ 飛鳥シャード
22:00~ 桜シャード

※進行状況により、同日2回目以降に開催予定のシャードは開始時間が遅れる場合があります。

集合場所:
トリンシックNPCハウス (六分儀座標:106o 41’S, 36o 54’E)
※イベント当日はニュジェルムEMホールにゲートを設置します。(無限シャードのみニューヘイブン銀行前)
wkkgov170318_01.jpg


その他注意事項:

◆ イベントチャンネル “Wakoku EM Event” にお入りください。(※チャンネル名は倭国のものです)
◆必ず戦闘準備の上、お越しください。
◆予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、
イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
- イベント進行の妨害、かく乱行為。
- EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。

◆皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


2017.03.18

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

「Britannian Style Hinamatsuri 2017」参加レポート
2月26日(日)に開催された「Britannian Style Hinamatsuri 2017」の参加レポートです。

集合場所の禅都銀行に行くと大きな壁が立っています。

やがて花火ワンドを持った男性が現れました。

wkkgov170308_01.jpg 
wkkgov170308_02.jpg 

Bart Yoshioka: ハーイ! レディスエーンドジェントルメン!
Bart Yoshioka: やあやあ! どうもどうも。
Bart Yoshioka: 皆さまご存知トクノ商工会議所からやって参りました、
Bart Yoshioka: 私がバート吉岡です!
Bart Yoshioka: *白い歯を見せて笑う*
Bart Yoshioka: センキュー! センキュー!


去年のひな祭りイベントには参加できなかったのです知らなかったのですが、
周りの皆さんの反応からその時のイベントに登場した方だと分かりました。

Bart Yoshioka: さて、トクノもいよいよピーチフェスティバルたけなわでございます!
Bart Yoshioka: Oh! ソーリーソーリー! 桃の節句でした。
Bart Yoshioka: HAHAHAHA!
Bart Yoshioka: さて皆さま!
Bart Yoshioka: 今回は我がトクノ商工会議所のメンツをかけて
Bart Yoshioka: 物の怪だの魔女だのの類は完全にシャットアウト!
Bart Yoshioka: 妙なものに邪魔されず、つつがなくフェスティバルを終えられるよう
Bart Yoshioka: ご覧の通り万全のセキュリティで臨んでおります。
Bart Yoshioka: 大丈夫、大丈夫! ノープロブレム!
Bart Yoshioka: ネズミ一匹通させませんよ!

Bart Yoshioka: 今回、トクノ商工会議所ではトクノ全土から招集した名うての人形師や細工師に
Bart Yoshioka: 粋を極めたひな人形セットを作らせました!
Bart Yoshioka: 名付けて………!
Bart Yoshioka: Dooooooooooooooom雛!
Bart Yoshioka: 今、ソーサリアで最も熱いダンジョンDoom!
Bart Yoshioka: 老いも若きもヒューマンもエルフもガーゴイルも惹きつけてやまない、
Bart Yoshioka: すべてを飲み込むブラックホールさながらの暗黒のダンジョンDoom!
Bart Yoshioka: すべてを飲み込むブラックホールさながらの暗黒のダンジョンDoom!
Bart Yoshioka: もういっちょ! Dooooooooooooooom!!!!!
Bart Yoshioka: 皆さんご一緒にDooooooooooooooooooooooom!


wkkgov170308_03.jpg

ひとしきり冒険者一同とDoooooom!コールをした後、

wkkgov170308_04.jpg

Bart Yoshioka: Yeah!
Bart Yoshioka: ではご準備はよろしいですか?
Bart Yoshioka: オーーープン!


wkkgov170308_05.jpg

派手な花火とともに壁が消えていきます。

Bart Yoshioka: HAHAHAHA!
Bart Yoshioka: おや?
Bart Yoshioka: な、なんということだ……!
Bart Yoshioka: お内裏様、お内裏様がなくなっている!
Bart Yoshioka: 総金箔張りのお内裏様がッ!
Bart Yoshioka: オーーー! マーーーーイ! ガッ!
Bart Yoshioka: 落ち着いて! 落ち着いてッ!
Bart Yoshioka: どどどどどうか落ち着いてくださいッ!
Bart Yoshioka: *はあはあ*

Bart Yoshioka: あああ……! どうしたらいいんだ! 一体どうしたらいいんだ!
Bart Yoshioka: おい! 見てみろ!
Bart Yoshioka: かわいそうに! かわいそうに!
Bart Yoshioka: 一人になってしまったお雛様はさぞや悲し………。
Bart Yoshioka: ……。
Bart Yoshioka: ………。
Bart Yoshioka: ………いや、そう……でもないかな?
Bart Yoshioka: 何というか、強そうだ。うむ。
Bart Yoshioka: おおそうだ!
Bart Yoshioka: 皆さんもミワク姫の話は聞いたことがおありでしょう?
Bart Yoshioka: 他でもない、このお雛様のモデルとなったミワク姫です。
Bart Yoshioka: 政略結婚によりトクノのお内裏様のもとに嫁いで来たDoom王国のミワク姫です!
Bart Yoshioka: いやいやいやいや!
Bart Yoshioka: ウソですけど本当の話ですよ?


ミワク姫はピンク色のAbyssmal Horrorの姿をしたお姫様です。

Bart Yoshioka: なぜタコなのかって?!
Bart Yoshioka: Doomの最深部はタコの形をしているでしょう?
Bart Yoshioka: つまり、Doomのモンスターたちはルーツを辿れば皆タコなのです!!!
Bart Yoshioka: どうです! 納得でしょう?
Bart Yoshioka: まだ信じられない?
Bart Yoshioka: *チラッ*

Bart Yoshioka: よろしいでしょう。
Bart Yoshioka: ミワク姫は毎年雛祭りの時期にはDoomに里帰りするそうですよ。
Bart Yoshioka: どうです? これからひとつ、
Bart Yoshioka: ミワク姫に会いにDoomに行ってみるというのは?
Bart Yoshioka: 夫であるお内裏様を象った人形が盗まれたと知れば
Bart Yoshioka: ミワク姫は何が何でも取り返し……いえ、
Bart Yoshioka: 我々を助けてくれるに違いありません!
Bart Yoshioka: いっしょに来ていただけますか?


冒険者が断るはずもありません!

Bart Yoshioka: オー! センキュー! センキュー!
Bart Yoshioka: *白い歯を見せて笑う*


wkkgov170308_06.jpg

というわけでBart Yoshiokaさんの開けたゲートに入って、DOOMに向かいました。

続きを読む

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

3月12日(日)開催・第28回トリンシック馬上槍試合のお知らせ
3月12日(日)に開催される、第28回トリンシック馬上槍試合のお知らせです。

トリンシック首長Orcaさんが運営する馬上槍試合も今回で28回目!

今回は一体どんなドラマチックな試合が起きるのでしょうか。

詳細はこちらから。

以下、告知文の転載です。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

第28回トリンシック馬上槍試合のお知らせ

春も近づいてきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
かふんとか色々つらいこともある季節ですが、負けずにトリンシック馬上槍試合を開催します。
告知から開催までの期間が短めで申し訳ありませんが、多くの方の参加・観戦をお待ちしています。

<開催日時>
3/12(日)
21:30より参加受け付け開始
22:00より試合開始

<開催場所>
倭国シャード トランメル トリンシック マーケットプレイス

wkkgov170309_01.jpg

<参加資格>
下記条件を満たす方が参加できます。
1. ランスを装備し、スペシャルムーブ「ディスマウント」を使用できること
2. 盾を装備していること
3. 生身の(エセリアルではない)騎乗動物に乗っていること
4. 試合当日、槍試合専用のギルドに加入できること

トリンシック市民でない方も参加いただけます。
ランス・盾以外の装備に制限はありません。
盾装備が必須となるため、武士道スキルを有している方は多少不利になります。
申し訳ありませんが、ガーゴイルの方は参加いただけません。

ランスと盾については、初代ミノック首長が貸し出し用のランスと盾を用意してくれました。
・ランス: 回避低下50%/幸運98/命中+15%/武器ダメージ1%/ベストウェポンスキル
・盾: 回避15%
貸し出しを希望される方は参加登録時に申請をお願いします。
希望者多数の場合は一試合ごとに返却してもらいます。
もちろん、参加者自身による武具の持ち込みも可能です。

<参加方法>
当日会場で参加受付をいたします。参加資格を満たした状態でお越しください。

<試合ルール>
下記の手順に沿って試合を行います。対人戦闘の技能は必要ありません。

1. 選手双方が騎乗してディスマウントをセットします
2. 審判の合図で両者突撃します
3. 相手を落馬させた選手に1ポイントが与えられます
4. 双方が落馬した場合は、双方ともに1ポイントが与えられます
5. 2ポイント先取した選手を勝者とします
6. 双方の選手が同時に2ポイントを得たときは、1ポイント差がつくまで延長戦を行います

<優勝賞品>
1. 勇士の表彰状 [レプリカ]
2. トリンシックの紋章旗
3. 称号「best Lancer(トリンシック)」(優勝者がトリンシック市民で、希望する場合のみ)

<参加賞>
1. 称号「Paladin(トリンシック)」(参加者がトリンシック市民で、希望する場合のみ)

※称号を希望される方は、大会中の適当なタイミングで申し出てください。よろしくお願いします。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2017.03.09

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

第5回・倭国短文館コンテスト「ブリタニアの春物語 ~桜の花が咲く頃に~」全投稿作品公開
お待たせいたしました!

第5回・倭国短文館コンテスト、全作品の公開いたしました!

様々なシャードから多くの方がご参加くださいました。ありがとうございます!

今回は12篇の作品を皆さんにお届けいたします。

さて、今回のテーマは「桜の花」ということで、桜の花にちなんだ様々な物語が集まりました。

それぞれ趣向を凝らした物語をご堪能ください!

wkkgov170307_01.jpg

展示会場の場所は、Tユーのムーンゲートから南に少し行ったところにあるユーのイベントホールです。

イベントホールの1階部分を使って、作品の展示及び投票会場といたしました。

会場の場所はこちら!

wkkgov151206_06.jpg


1テーブルごとに1作品展示してあります。

各テーブルには投票箱と、感想用の本が設置してあります。

いずれの作品も読みごたえがありますので、じっくりお時間をかけて楽しんで下さいね!(^▽^)


では以下に諸注意やお願いなどを書きます。

◆投票について

読んでみて気に入った作品があったら、投票箱の「賛成」ボタンを押してください。

wkkgov151215_01.jpg


投票は複数の作品にしていただいたOKです。

気に入った作品は是非投票してあげてくださいね!

ちなみに「反対」の票は無効となります。

取り消すことができないので、間違って押してしまわないようお気を付け下さい。


◆感想用の本について

作品に対して感想を書いてもらうことは作者にとって最高のご褒美です!

作品をご覧になった方は是非、一言でもいいので感想や応援メッセージを書いていただけると嬉しいです。

その際、一緒にお名前をご記名いただけるとありがたいです。

ちなみに1点だけ、感想を書き込む際にお願いしたいことがあります。

それは、「記入するときは2Dクライアントを使用してください」です。

理由はSAクライアントと2DクライアントはUO本の互換性が低いからです。

2Dクライアントだと1行の文字数は10文字、1ページの行数は8行ですが、
SAクライアントでは1行の文字数は30文字、1ページの行数は17行も書けてしまいます!

そんなわけで、SAクライアントで2Dクライアントの文字数以上書いてしまうと、本の表示がおかしくなってしまうのです。

SAクライアントユーザーの皆さんにはご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。


◆展示&投票期間と表彰式について

展示と投票期間は3月8日(水)から3月24日(金)の24時までです。

この期間に投票していただいた結果をまとめ、表彰式を3月26日(日)22時から展示会場にて行います。

作者のみなさんと読者のみなさんは時間になりましたら展示会場にお集まりください!


◆展示作品紹介

今回投稿していただいた作品を作者さんの名前順にご紹介します。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Exceedさん著
「お前に 会いにゆく」

Exceed_001.jpg 
Exceed_002.jpg

◎作品紹介
太平洋戦争末期、日本軍は地獄へと変貌した南の島で絶望的な消耗戦を行っていた。
補給路を断たれ孤立した部隊の兵士が手に入れた地図。
そこには見たことのない大陸が描かれ、都市にはこう書かれていた。「Britain」と―――

いつも予想外な作品を上梓してくれる、短文館常連のExcile改めExceedさんによる異色作!
色々不安はよぎるかもしれませんが大丈夫、とにかく最後まで読んでみてくださいっ。
……きっとより大きな困惑があなたを包み込んでいることでしょう。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

HAMACHIさん著
「デニスの日常」

HAMACHI_001.jpg 
HAMACHI_002.jpg

◎作品紹介
ブリテインでヘラルドを務めている老デニスは、落とした本を一緒に探したことが縁で、ある女性と親しくなった。
彼女がとても大切にしていたその本には、実はある秘密が隠されていた―――

短文館常連のHAMACHIさんによる今回のお話は、故人の日記を巡るロマンチックで切ない物語です。
去りゆく人と残された人、お互いを想い合う深い愛情が時に枷となり、憂いを生むのでしょう。
彼女は新たな一歩を踏み出すことができるのでしょうか……?


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

mayaさん著
「Guild in the case of LEGION」


maya_001.jpg 
maya_002.jpg

◎作品紹介
かつて賑わった「ギルドタワー」にある暖炉の前で、一人椅子に座って佇む老人。
彼が思いだすのはギルメンたちと過ごした、あの冒険の日々であった……

大勢のギルメンたちがいたUOの黄金期を体験したことのある方には、懐かしさと切なさを感じるお話だと思います。
巻末のキャラクター紹介のボリュームが物語っているように、
作者のmayaさんのギルドの方たちへの想いがひしひし伝わってくる作品です。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Mikeさん著
「春の魔術」

Mike_001.jpg 
Mike_002.jpg

◎作品紹介
「死ぬ前に桜の花が見たい」
それは酒場で出会った元花屋が話してくれた昔話。
死人のような肌の不気味な老人の依頼を受けた花屋が、徳之島で桜の木を探していると―――

第4回短文館コンテスト優勝者Mikeさんによる、桜の木と老人の意外な縁を描いた物語です。
テンポの良い会話とドラマチックな展開を描く筆力はさすが実力者。
彼らの運命は一体どんな結末を迎えるのでしょうか。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Mireiyaさん著
「恋慕II」

Mireiya_001.jpg 
Mireiya_002.jpg

◎作品紹介
俺はポストに入っているバレンタインの贈り物を無視しようとしたが、遂に諦めて開けることにした。
3月になり、仕方なくホワイトデイのお返しを用意した俺は、彼女の家に向かった……

第4回短文館コンテストに投稿していただいた「恋慕」の続編です。
前作を読んでいなくても、この作品だけでお話は分かる作りになっています。
大切な人が突然いなくなったトラウマから、他人と関わることに臆病になってしまった主人公。
果たして彼は新たな一歩を踏み出すことができるのでしょうか?


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Miso ASKさん著
「ユーツリーの下」

Miso ASK_001 
Miso ASK_002

◎作品紹介
「俺はヒリュウだ。ドラゴン族なんだぜ」
のんき者のヒリュウは相棒がいない間、家でのんびり過ごしている。
ある日、散歩の途中で立ち寄った桜の木を見て、ヒリュウはある事を思い出した―――

第4回に引き続きご参加いただいたMiso ASKさんの今回のお話は、忘れっぽいヒリュウとその飼い主の物語です。
前半はヒリュウ視点、後半は飼い主視点で語ることで、彼らを取り巻く状況がだんだん分かる構成が巧みです。
果たしてヒリュウの望みは叶えられるのでしょうか……?


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Palさん著
「桜の花びらたち」

Pal_001.jpg  
Pal_002.jpg

◎作品紹介
かずま君とはじめて話せた日、帰り道に大きな桜の木があることにきがついた。
あんまり綺麗なので桜の花にさわって、明日も来るからねというと、桜の花びらたちは……

子供の視点で語られる桜の木との不思議な出会い。
子供にしか見えない世界は、ブリタニアでも現実世界でも同じなのかもしれません。
童話のような優しい世界をご堪能ください。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Rocchiさん著
「桜咲くとき」

Rocchi_001.jpg 
Rocchi_002.jpg

◎作品紹介
旅人をテレポートで追い回したり、魔法で焚き火を吹き飛ばしたりするいたずら者のリーパーがいた。
ところがある日、どれだけ脅かしても全く意に介さない存在に出会った……!

短文館常連のRocchiさんによる、ユーモラスで心温まるお話です。
民間伝承とUOの設定をうまく融合する手腕に定評のある作者の紡ぎだした、新たなリーパー像に注目!
いたずらばかりしていたリーパーの見せた思いやりと覚悟は、我々に深い感動を与えてくれることでしょう。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

STAYさん著
「Letters」

STAY_001.jpg 
STAY_002.jpg

◎作品紹介
「あなたが空に旅立ったあの日から、私の時間は止まってしまいました」
庭の桜の木の下で亡き夫に宛てた手紙にそう綴る彼女。
彼女らの幼馴染でヒーラーの私ができること、それは―――

手紙を効果的に使い、登場人物たちの心情を細やかに描きだす手腕は見事です。
大切な人を亡くした心の傷を癒してくれるのは「時間」や「隣に寄り添ってくれる人」なのかもしれません。
彼女の心が癒される日はやってくるのでしょうか……?


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Takky著
「僕の御守りが桜の花びらになったわけ」

Takky_001.jpg 
Takky_002.jpg

◎作品紹介
自分に自信が持てない少年ニコルは、幼馴染のモニカに淡い恋心とコンプレックスを抱いていた。
倉庫で開け方の分からない小箱を見つけた彼らは、中に入っていたものによって冒険の地へと誘われた……!

ベテラン冒険者ならなんでもないことも、見習いレベルの少年少女にはきっと大冒険に違いありません。
思春期の少年の気持ちを大切にしたジュブナイル小説を意識して書いてみました。
この冒険は少年にどんな影響を与えるのでしょう……?


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Tiny Featherさん著
「お山の桜」
 
TinyFeather_001.jpg
TinyFeather_002.jpg

◎作品紹介
見事な桜が咲き誇る山が一望できる茶屋に立ち寄った旅の男に、店の主人がその山の言い伝えを話して聞かせる。
「あの山にはどんな病気にも効くという薬草が生えておりましてな―――」

短文館常連のTiny Featherさん(Chobiさんの別名義)による、山に一人で住む神秘的な女性と村の青年の純愛物語です。
ブリタニアという異世界の話なのにとても馴染み深い話に感じるのは、我々のDNAに刻まれた日本昔話の影響でしょうか……!
女性の身に起きた悲劇と、その後の青年の献身的な行動に心打たれます。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

Tyronさん著
「Happy Birthday Gramma」

Tyron_001.jpg 
Tyron_002.jpg

◎作品紹介
6歳の少女Nanaは来週に迫ったおばあちゃんの誕生日に向けて、プレゼントの準備に余念がなかった。
しかし苦労して手に入れた桜の木は、なぜか全く花が咲かなかった。
「フェルッカでは花が咲かない」と知ったNanaは、思いもかけない行動に出た!

第4回に引き続きご参加くださいましたTyronさん(Yamishigureさんの別名義)の、
UO本の特性を知り尽くした超絶技法をご覧あれ!
予想外の展開に度肝を抜かれ、メタにネタにニヤリとさせられ、そして最後に綺麗な着地を決めるその手腕に脱帽です。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

今回は作品の展示&投票期間を2週間以上設けましたが、いずれの作品も力作揃いで読み応え満点です。

2週間はあっという間に過ぎちゃいますから、ご閲覧はお早めに!


第1回Moonglow短文館の全投稿作品閲覧はこちらから

第2回短文館コンテスト「ムーングロウ・ホラー ~月輝島奇譚~」の全投稿作品閲覧はこちらから

第3回短文館コンテスト「メリークリスマス★ブリタニア」の全投稿作品閲覧はこちらから

第4回倭国短文館コンテスト「徳之島の秋 - Autumn in Tokuno -」の全投稿作品閲覧はこちらから


2017.03.07

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

第5回・倭国短文館コンテスト「ブリタニアの春物語 ~桜の花が咲く頃に~」投稿作品タイトル
3/5(日)をもちまして、作品の受付を締め切らせていただきました。

ご投稿してくださいました皆さん、ありがとうございました!

今回はこちらの12作品が集まりました~。


●Exceedさん著 「お前に 会いにゆく」

●HAMACHIさん著 「デニスの日常」

●mayaさん著 「Guild in the case of LEGION」

●Mikeさん著 「春の魔術」

●Mireiyaさん著 「恋慕II」

●Miso ASKさん著 「ユーツリーの下」

●Palさん著 「桜の花びらたち」

●Rocchiさん著 「桜咲くとき」

●STAYさん著 「Letters」

●Takky著 「僕の御守りが桜の花びらになったわけ」

●Tiny Featherさん著 「お山の桜」

●Tyronさん著 「Happy Birthday Gramma」


今回は作品中に「桜の花」というキーワードを使って書いていただく、という試みを行いました。

「ブリタニアの春物語」というタイトルや指定キーワードから、似たようなお話が集まるかも・・・
と思っていましたが、そんなことは無かったです!
(英語タイトルの「Cherry Blossom」被りも無くて驚きました(笑))

作品紹介のため一足先に読ませていただいてますが、どのお話も趣向に富んでいていずれも甲乙つけがたいものばかり!

8日の公開に向けて、展示会場の設置や感想本の準備、作品紹介文の執筆をすすめていきます。


また、副賞へのご寄付を多数いただいております!

どうもありがとうございますっ!m(_ _)m

前回に引き続き、今回も最優秀賞だけでなく、2位と3位の方にも豪華景品がご用意できそうです。

・・・ちなみに副賞のご寄付の受付は結果発表当日まで受け付けておりますので、ご安心ください(笑)

というわけで、作品の展示開始まで今しばらくお待ちください!(^▽^)


◆イベントスケジュール

○締め切り
3月5日(日)24時

○展示・投票期間
3月8日(水)~3月24日(金)24時

○結果発表・表彰式
3月26日(日)22時~
※展示会場で行います


2014.03.06

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

3月の倭国イベント予定リスト

3月に予定されている倭国のイベント一覧です。

ここに掲載された日程は変更される場合があります。

イベントの参加前には再度確認をお願いします。

それぞれのイベントは詳細が決定次第、告知記事を作成します。


◆首長関係のイベント

3月5日(日) 第5回・倭国短文館コンテスト 締切

3月8~24日 第5回・倭国短文館コンテスト 投票期間

3月12日(日) トリンシック馬上槍試合 22:00~

3月25日(土) 倭国大行商in ユーの大滝 22:00~

3月26日(日) 第5回・倭国短文館コンテスト 結果発表

◆公式関係のイベント

3月19日 ホワイトデイイベント 倭国・大和・瑞穂 20:30~


日程や詳細が分かり次第、随時更新します!


2017.03.01

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!


テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

市政ストーン定期報告(2017/03/01)
各街の市政ストーンの情報を定期的に掲載するコーナーです。

ギルド契約を継続するために、毎週街の資金から200万gpが引き落とされます。

トレーダークエストを行うと街の資金が補充されます。

ギルド契約を維持するために、皆様のお力を是非お貸しください!

※とうとう資金不足でギルド契約が解除された街が出てきてしまいました

◆ブリテイン
街の資金:323,492,962
ギルド契約:暗殺者ギルド(速度+5)
トレーダークエスト数:1,405
wkkgov170301_01.jpg

◆ミノック
街の資金:6,982,853
ギルド契約:鉱夫共同体(STR+3)
トレーダークエスト数:1420
wkkgov170301_02.jpg

◆ベスパー
街の資金:339,213,274
ギルド契約:バード協議会(FC+1)
トレーダークエスト数:1,405
wkkgov170301_03.jpg

◆ユー
街の資金:542,123
ギルド契約:なし
トレーダークエスト数:976
wkkgov170301_04.jpg

◆ジェローム
街の資金:24,835,359
ギルド契約:戦士ギルド(命中+5)
トレーダークエスト数:583
wkkgov170301_05.jpg

◆トリンシック
街の資金:22,744,550
ギルド契約:海洋ギルド(HP回復2)
トレーダークエスト数:779
wkkgov170301_06.jpg

◆ニューマジンシア
街の資金:31,904,441
ギルド契約:商人連合(マナ回復2)
トレーダークエスト数:954
wkkgov170301_07.jpg

◆スカラブレイ
街の資金:1,842,403
ギルド契約:なし
トレーダークエスト数:1,315
wkkgov170301_08.jpg

◆ムーングロウ
街の資金:61,925,125
ギルド契約:神秘秘術ギルド(魔法ダメージ+5)
トレーダークエスト数:746
wkkgov170301_09.jpg

2017.03.01

文責:Takky@たきやん

いつも拍手とコメントありがとうございます!
皆さんの応援がモチベーションになります!

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム





UOインデックス